アンチエイジングとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 健康用語 > アンチエイジングの意味・解説 

アンチエイジング

アンチエイジングとは、加齢による身体の機能的衰え老化)を可能な限り小さくすること、言い換えると、「いつまで若々しくありたいとの願い叶えることです。特に中年期以降認知症骨粗鬆症皮膚老化更年期障害老眼難聴、歯消失などの老年病のリスクが高まります。詳しい老化メカニズムは未解明ですが、遺伝子変異細胞機能低下酸化ストレス増加免疫力低下、ホルモンレベルの低下炎症慢性化などが共通要因として考えられています。ホルモン作用抗酸化作用免疫調節作用を持つ機能性食品を用いた栄養指導や、筋力有酸素トレーニングなどの運動指導意欲向上や心身ストレスからの解放目指し精神療法ホルモン補充といった薬物療法がアンチエイジングには有効といわれていますが、その実証は今後課題です。


アンチエイジング

日本語表現すると、「抗老化」あるいは、「抗加齢化」となる。加齢による心身衰え対抗して、いつまで若さを保っていこうという意味である。美容整形におけるアンチエイジングは、加齢による身体の衰え(しみ、しわ、たるみなど)を治療手術)によって改善させることをいう。

アンチエイジング(抗加齢)anti-aging


抗老化医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/13 22:06 UTC 版)

(アンチエイジング から転送)

抗老化医学(こうろうかいがく、: life extension)とは積極的予防医学の一種で、老化を防ぐために行う行為の総称である。アンチエイジングとも呼ばれる。




「抗老化医学」の続きの解説一覧

アンチエイジング

出典:『Wiktionary』 (2007/01/05 07:27 UTC 版)

名詞

  1. 老化抑止すること。サプリメントスキンケア運動などによって老化遅らせようとすること。

発音

あんちえ↘いじんぐ

語源

英語の接頭語anti-age合成語

関連語





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アンチエイジングに関連した本

アンチエイジングに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アンチエイジング」の関連用語

アンチエイジングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アンチエイジングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤクルトヤクルト
Copyright © Yakult Honsha Co.,Ltd.All Rights Reserved.Produced by Yakult Honsha Co.,Ltd.
高須クリニック高須クリニック
copyrightc 1999-2014 Takasu Clinic all right reserved.
スパファインダージャパンスパファインダージャパン
Copyright (C) 2014 SPAFINDER JAPAN All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの抗老化医学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアンチエイジング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS