アロフェンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > アロフェンの意味・解説 

アロフェン(Allophane)

アロフェン アロフェン
Reppia,Graveglia Valley,Ne,Genova Province,Liguria,Italy
Al2SiO5.H2O 画像の幅約1.5cm、7.5cm

青緑色半透明鉱物がアロフェンです。
小さな球状のアロフェンが集まってぶどう状の集合体となっています。

アロフェン(Allophane)

アロフェン
京都府宇治市西笠取 笠取鉱山
Al2SiO5.H2O 画像の幅約1.3cm

白色半透明のぶどう集合体がアロフェンです。
黒鉱型の重晶石鉱床割れ目二次的生成した鉱物で、
真珠光沢をもつ外観から山真珠とも呼ばれます。

アロフェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/14 05:14 UTC 版)

アロフェン(Allophane)は、アモルファスまたは結晶化度の低い水和アルミニウムケイ酸塩でできた粘土準鉱物である。化学組成は、Al2O3·(SiO2)1.3-2·(2.5-3)H2Oである。原子配列が近接しているために鉱物ではなく準鉱物となり、赤外線スペクトルやX線回折パターンで同定できる。1816年にドイツテューリンゲン州のグレフェンタール産のものが初めて記載された。アロフェンは、火山ガラス長石風化または熱水作用によって変質したものであり、カオリナイトと似た組成を持つことがあるが、一般的にAl:Siのモル比は2である。pHは弱酸から中性(5~7)である。構造については議論があるが粘土鉱物に似ており、湾曲したアルミナの八面体とケイ素の四面体の層からできている。透過型電子顕微鏡により、直径3~5 nmの球形の隙間があることが示されている。アロフェンは、与ケイ素環境ではハロイサイトに、脱ケイ素環境ではギブス石に変質する。を含む変種も報告されている。






「アロフェン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アロフェンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アロフェン」の関連用語

アロフェンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ベニト石

弗素燐灰石

モンブラ石

アルチニ石

含水銀安四面銅鉱

透輝石

ハウスマン鉱

ベスブ石





アロフェンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2017 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアロフェン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS