アルブミン製剤とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > アルブミン製剤の意味・解説 

アルブミン製剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/11 11:58 UTC 版)

急性の低蛋白血症に基づく病態や他の治療では管理が困難な慢性低蛋白血症による病態に対して一時的病態改善を図るために使用する。25製剤としてブミネート、ベーリングのほか、5%製剤としてアルブミナが有名である。かつては術後2日間は細胞外液血清アルブミン濃度減少みられるため、様々な輸血製剤が用いられてきたが現在は細胞外液以外の補充は必要ないとされている。乏尿出現し、細胞外液負荷するのを躊躇する呼吸障害低アルブミン血症見られる場合細胞外液とアルブミナを併用する場合はある。

※この「アルブミン製剤」の解説は、「輸血」の解説の一部です。» 「輸血」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アルブミン製剤に関連した本

アルブミン製剤に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アルブミン製剤」の関連用語

アルブミン製剤のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アルブミン製剤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの輸血 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS