アルビド・カールソンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 医学者 > スウェーデンの医学者 > アルビド・カールソンの意味・解説 

アルビド・カールソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/06 02:01 UTC 版)

アルビド・カールソン(Arvid Carlsson、1923年1月25日 - )は、スウェーデン薬理学者で、神経伝達物質ドーパミンとそのパーキンソン病における働きに関しての研究で知られる。共同受賞者のエリック・カンデルおよびポール・グリーンガードと共に、2000年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。




  1. ^ 『なぜうつ病の人が増えたのか』 冨高辰一郎 2010年 幻冬舎ルネッサンス新書 ISBN 978-4-7790-6026-7 98頁


「アルビド・カールソン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アルビド・カールソン」の関連用語

アルビド・カールソンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

袋町堰堤

カラスエイ

除角

チャイナ・ブルー

グランドマジェスティ250

潜水艦「おやしお」型

ミモザ

若松神社境内古墳





アルビド・カールソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルビド・カールソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS