アルドリンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 農薬 > アルドリンの意味・解説 

アルドリン

分子式C12H8Cl6
その他の名称:Aldrin、アルドリン、アルドシット、化合物118、アルドレックス40、タツジンホ、コルトフィン、シードリン、オクタレン、NA-2762、NA-2761、Tatuzinho、Kortofin、SD-2794、Seedrin、RCRA waste number P-004、Octalene、NCI-C-00044、HHDN、ENT-15949、Compound 118、Aldrex 40、Aldocit、1α,2,3,4α,10,10-Hexachloro-1,4,4aβ,5β,8β,8aβ-hexahydro-1β,4β:5α,8α-dimethanonaphthalene、アルドリン【殺虫剤】、Aldrininsecticide】、アルドレックス25、Aldrex 25アンドレックスAndrexアンドレックス40Andrex 40
体系名:1,2,3,4,10,10-ヘキサクロロ-1,4,4aα,5,8,8aα-ヘキサヒドロ-1α,4α:5β,8β-ジメタノナフタレン、(4aβ,8aβ)-1,2,3,4,10,10-ヘキサクロロ-1,4,4a,5,8,8a-ヘキサヒドロ-1β,4β:5α,8α-ジメタノナフタレン、1α,2,3,4α,10,10-ヘキサクロロ-1,4,4aβ,5β,8β,8aβ-ヘキサヒドロ-1β,4β:5α,8α-ジメタノナフタレン


イソプロテレノール

分子式C11H17NO3
その他の名称:イソプロテレノール、アルドリン【イソプロテレノール】、Aludrine、イソプレナリンIsoproterenol、Isoprenaline、4-[1-Hydroxy-2-(isopropylamino)ethyl]-1,2-benzenediol、4-(2-Isopropylamino-1-hydroxyethyl)-1,2-benzenediol、イソプロピルノルアドレナリン、Isopropylnoradrenaline、ICI-46399、N-Isopropyl-β,3,4-trihydroxybenzeneethanamine、1-(3,4-Dihydroxyphenyl)-2-(isopropylamino)ethanol、4-[1-Hydroxy-2-(isopropylamino)ethyl]catechol、Aludrine【Isoproterenol
体系名:1-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2-イソプロピルアミノエタノール、4-[1-ヒドロキシ-2-[(1-メチルエチル)アミノ]エチル]-1,2-ベンゼンジオール、4-[1-ヒドロキシ-2-(イソプロピルアミノ)エチル]-1,2-ベンゼンジオール、4-(2-イソプロピルアミノ-1-ヒドロキシエチル)-1,2-ベンゼンジオール、N-イソプロピル-β,3,4-トリヒドロキシベンゼンエタンアミン、1-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2-(イソプロピルアミノ)エタノール、4-[1-ヒドロキシ-2-(イソプロピルアミノ)エチル]カテコール


アルドリン

農薬Aldrin
和名orISO名[商品名]アルドリン
分子式C12H8Cl6
用途殺虫剤土壌残留性)
LD50(ラット)/g kg-1.039(特定化学物質
LD50(マウス)/g kg-1
劇毒区分劇物
ランク
有機480
無機104
農薬登録(1996年時点)日本で登録され1975年失効承認ISO
その他国内では使用禁止
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

アルドリン(C12H8Cl6)

アルドリンは、ディルドリン同様に化学物質審査規制法に基づく第一特定化学物質及び「POPsに関するストックホルム条約」の対象物質に指定されており、製造使用禁止されています。中毒症状としては、ディルドリン同様に頭痛、めまい、吐き気呼吸困難肝腎障害貧血脳波異常などが認められています。

アルドリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/31 03:03 UTC 版)

アルドリン(Aldrin)は、1970年代に多くの国で使用が禁止されるまで広く使われていた有機塩素化合物系の殺虫剤である。無色の固体で、禁止前は種子や土壌用の殺虫剤として大量に用いられていた。アルドリンや関連するシクロジエン系の殺虫剤は、残留性有機汚染物質としてよく知られている[1]。毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている[2]


  1. ^ a b Robert L. Metcalf “Insect Control” in Ullmann’s Encyclopedia of Industrial Chemistry” Wiley-VCH, Weinheim, 2002. doi:10.1002/14356007.a14_263
  2. ^ 毒物及び劇物取締法 昭和二十五年十二月二十八日 法律三百三号 第二条 別表第二
  3. ^ Jubb, A. H. (1975). Basic Organic Chemistry, Part 5 Industrial products. London: Wiley. ISBN 0-471-85014-4. 
  4. ^ Bird, C. W.; Cookson, R. C.; Crundwell, E. (1961). "946. Cyclisations and rearrangements in the isodrin?aldrin series". Journal of the Chemical Society (Resumed): 4809. doi:10.1039/JR9610004809. 
  5. ^ Chemicals Regulation Directorate. “Banned and Non-Authorised Pesticides in the United Kingdom”. 2009年12月1日閲覧。
  6. ^ 化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令 昭和四十九年六月七日 政令第二百二号 第一条 四


「アルドリン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アルドリン」の関連用語

1
フォトアルドリン 化学物質辞書
54% |||||

2
36% |||||

アルドリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

MF100型

モロ

ミドリ パッシュ

ジョン・H・グレン

比良八講

ツガノマンネンタケ

スカーフ

ハミノエア・オバリス





アルドリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルドリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS