アベノミクスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > アベノミクスの意味・解説 

アベノミクス

別名:アベノミックス
英語:Abenomics

安倍晋三自民党総裁2012年12月衆議院選挙向けて選挙公約として掲げた、諸々経済政策通称

アベノミクスの骨子は、デフレ円高からの脱却名目3パーセント上の経済成長達成などであり、これを実現するための強気経済政策案が挙げられている。

自民党政権公約で述べられている金融経済政策主な内容としては、次のようなものがある

  1. 物価目標インフレターゲット)を2パーセント設定し、日銀法改正視野に入れて大胆金融緩和を行う。
  2. 財務省日本銀行、および民間参加する外債ファンド創設し、外債購入方策検討する
  3. 緊急経済対策断行し、補正予算新年度予算合わせて切れ目なく経済政策実行する。
  4. 日本経済再生・産競争力強化法」(仮称)を制定製造業復活目指す
  5. 日本立地競争力低下による産業海外流出を防ぐため、イノベーション基盤強化法人税引き下げなどを行う。
  6. メタンハイドレートレアアース泥などの海洋資源開発集中投資する。
自民党2012年12月衆議院選挙において政権公約筆頭経済金融政策を掲げた。12月16日選挙実施され、自民党大勝して政権獲得安倍晋三内閣総理大臣として返り咲くことが決まったが、自民党大勝要因には金融政策焦点に絞ったことにあるとも言われている。

関連サイト
自民党公約関連

アベノミクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/21 09:26 UTC 版)

アベノミクスとは、自由民主党の政治家・安倍晋三第2次安倍内閣において掲げた、一連の経済政策に対して与えられた通称[1]。「アベノミックス[2]」「安倍ノミクス[3]」とも言う。安倍とエコノミクス(: economics[† 1][† 2][4])を合わせた造語[5]英語フランス語ドイツ語ではAbenomics[6][7][8][9]ロシア語ではАбеномикаと表記される。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ イギリス英語発音:[ˌiːkəˈnɒmɪks] イーコミクス、[ˌekəˈnɒmɪks] エコミクス
  2. ^ アメリカ英語発音:[ˌiːkəˈnɑːmɪks] イ(ー)カーミクス、[ˌekəˈnɑːmɪks] エカーミクス
  3. ^ 2013年6月14日発表の「日本再興戦略」により、その全貌が明らかになった。第一弾は、4月19日の安倍首相の「成長戦略スピーチ」で示された。
  4. ^ G7後の会見(2013.5.11)において、日銀の黒田総裁は、大胆な金融緩和はあくまでも「デフレを脱却するとの国内目的」のものであり、円安を意図したものではないと説明した。円安は政府・日銀の公式な政策目標ではない。
  5. ^ 安倍内閣発足以前に言及された政策であるが、改正をちらつかせることにより、日銀の白川方明総裁を早期退職させ、アベノミクスに賛同する黒田東彦総裁を任命できたため、2013年現在はこの政策は検討されていない。
  6. ^ 消費者態度調査は、今後半年間の見通しについて5段階評価で回答してもらい、5段階評価のそれぞれ「良くなる」に(+1)、「やや良くなる」に(+0.75)、「変わらない」に(+0.5)、「やや悪くなる」に(+0.25)、「悪くなる」に(0)の点数を与え、この点数に各回答区分の構成比(%)を乗じ、乗じた結果を合計して、項目ごとに消費者意識指標(原数値)を算出する。消費者態度指数(原数値)は、5項目の消費者意識指標のうち、「暮らし向き」、「収入の増え方」、「雇用環境」及び「耐久消費財の買い時判断」の4項目の消費者意識指標(原数値)を単純平均して算出する。報告書「利用上の注意」より。
  7. ^ 意識指数では、変化の方向が読み取りにくい。重み付きDIでは、「良くなる」から「悪くなる」を引いており、マイナス数値が大きいほど、強い悪化が予想されている。なお、重み付DIは以下で定義される。重み付きDI=2×「良くなる」+「やや良くなる」-「やや悪くなる」-2×「悪くなる」
  8. ^ 若田部昌澄(2013)『経済学者たちの闘い[増補版]』東洋経済新報社、pp.300-301。4つとは、①リフレ派、②財政拡張派(国土強靭化論)、③産業政策派、④財政再建派、である。
  9. ^ 藤井聡と三橋貴明は経済学者ではない。
  10. ^ 小野善康・池田新介(2013)「経済学の活用法」『経済セミナー』2013年6・7月号。小野はアベノミクス全体には批判的であるが、国土強靭批判には賛成している。
  11. ^ リフレ派である田中秀臣は、これら人以外に若田部昌澄野口旭安達誠司飯田泰之片岡剛士村上尚己中原伸之上念司勝間和代矢野浩一山形浩生松尾匡、中澤正彦、黒木玄山本幸三金子洋一宮崎哲弥稲葉振一郎、中村宗悦、田村秀男長谷川幸洋山崎元麻木久仁子嶋中雄二倉山満、佐藤綾野、渡辺喜美中川秀直本田悦朗栗原裕一郎安倍晋三を挙げている。田中秀臣(2013)「「リフレ派」の系譜学」『環』53(2013.Sring), p.158, 注(2)。
  12. ^ 藤井聡(2010)『公共事業が日本を救う』文春新書。藤井聡(2011)『列島強靱化論―日本復活5カ年計画』文春新書。藤井聡(2011)『救国のレジリエンス 「列島強靱化」でGDP900兆円の日本が生まれる 』。藤井聡は、さらに2013年になり、「強靭化」「レジリエンス」をキーワードとした本を出版している。

出典

  1. ^ a b アベノミクス”. トクする日本語. 日本放送協会 (2013年4月17日). 2013年4月17日閲覧。
  2. ^ a b 「アベノミックス」による円安、韓国に懸念 朝鮮日報 2012年12月18日
  3. ^ 「安倍ノミクス」の賞味期限、来年度国債44兆円枠が焦点日本経済新聞 2012年12月24日
  4. ^ economics (Oxford Learner's Dictionaries)
  5. ^ 「エコノミクス」 デジタル大辞泉
  6. ^ The Diplomat, "Can 'Abenomics' Save Japan’s Economy?" 2012年12月26日
  7. ^ The Korea Times, "'Abenomics' unnerves Korean exporters" 2012年12月26日
  8. ^ Shinzo Abe a pour priorité de sortir le Japon de la déflationル・モンド誌、2012年12月26日)
  9. ^ Japan hebt Wachstumsprognose deutlich an(ディー・ヴェルト誌、2013年1月28日)
  10. ^ 青山繁晴、須田慎一郎、三橋貴明「アベノミクスが激論で解けた!」(小学館)
  11. ^ 経済の死角 ぶちぬき大特集アベクロでGO! アベクロ・バブルの教祖新たな「お告げ」 浜田宏一登場「株高と円安私にはここまで見えている」現代ビジネス 2013年3月18日
  12. ^ アベノミクスの今昔 : 今を読む:政治 : Biz活 : ジョブサーチ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  13. ^ 日本経済新聞朝刊2006年12月25日 論説主幹 岡部直明)
  14. ^ BLOGOS 吉崎達彦[1]
  15. ^ a b 超金融緩和「新・アベノミクス」は良薬か、劇薬か 朝日新聞社(WEBRONZA) 2012年11月26日
  16. ^ a b c d e f 焦点:デフレ脱却目指す「アベノミクス」に潜む危うさ Reuters 2012年12月17日
  17. ^ 2013年1月26日付中日新聞朝刊24面(特集)「話題の発掘 ニュースの追跡」『アベノミクス 実体は? ムード先行 期待と不安』より。「レーガノミクス」が由来と記載している。
  18. ^ 首相、アベノミクスは「買い」…NY証取で講演YOMIURI ONLINE(読売新聞)2013年9月26日(2013年9月28日時点のインターネット・アーカイブ
  19. ^ 安倍首相「アベノミクスは買い」 ニューヨーク証券取引所で講演J-CASTニュース 2013年9月26日
  20. ^ “「来年もアベノミクスは買いです」 値上がりに沸く大納会で安倍首相があいさつ”. 産経新聞. (2013年12月30日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131230/fnc13123016480005-n1.htm 2013年12月30日閲覧。 
  21. ^ 「3本の矢でデフレ脱却と円高是正を」と安倍首相が強調 経済3団体の新年祝賀パーティーで”. 産経ニュース (2013年1月7日). 2013年1月14日閲覧。
  22. ^ a b コラム:自民圧勝で「アベノミクス」始動、アキレス腱は金利上昇 Reuters 2012年12月17日
  23. ^ a b 「アベノミクス」の襲撃、韓国の輸出に影響の可能性(1) 中央日報 2012年12月18日
  24. ^ 選挙こうみる:アベノミクス実施なら半年後に株高・円安=トヨタAM濱崎氏 Reuters 2012年12月12日
  25. ^ a b c d 平成25年4月19日 安倍総理「成長戦略スピーチ」http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0419speech.html
  26. ^ a b c 「私の第3の矢は悪魔を倒す」 安倍首相が英紙に寄稿MSN産経ニュース 2014年6月30日
  27. ^ 「経済成長こそ最優先」=安倍首相、月刊誌に寄稿時事ドットコム 2014年8月7日
  28. ^ 官邸WEB (動画+テキスト) http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement2/20130228siseuhousin.html
  29. ^ 官邸WEB (動画+テキスト) http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0419speech.html
  30. ^ 官邸WEB (動画+テキスト) http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0517speech.html
  31. ^ 官邸WEB (動画+テキスト) http://www.youtube.com/watch?v=HnOERcXMniM
  32. ^ 官邸WEB http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/pdf/saikou_jpn.pdf
  33. ^ 官邸WEB (動画+テキスト) http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/1001kaiken.html
  34. ^ 判断から「デフレ」の文言消える、4年2カ月ぶり-政府の月例報告Bloomberg 2013年12月24日
  35. ^ 「デフレ」の文言消える 12月の月例経済報告ワールドビジネスサテライト 2013年12月24日
  36. ^ 景気判断、1年5カ月ぶり下げ=反動減で消費などに弱さ-4月の月例報告時事ドットコム 2014年4月17日
  37. ^ 物価目標2%を日銀が決定すること期待=麻生財務相 Reuters 2013年1月22日
  38. ^ 日経平均は続落、麻生財務相発言による円高を嫌気 Reuters 2013年1月22日
  39. ^ a b 経財相、円安誘導批判「ダボス会議で説明後に危惧はなかった」 日本経済新聞 2013年1月28日
  40. ^ a b c 甘利経済再生相:円安誘導批判は独などごく一部の国-記者会見Bloomberg 2013年1月28日
  41. ^ a b 資料3 内閣府
  42. ^ NY円、92円後半 円買い戻し広がる 47NEWS(よんななニュース) 共同ニュース 2013年2月9日
  43. ^ NY外為:円がほぼ2年ぶり大幅高、麻生財務相発言で Bloomberg 2013年2月9日
  44. ^ オバマ米大統領からも「歓迎」=アベノミクスで安倍首相 時事ドットコム 2013年2月23日
  45. ^ 「アベノミクス、大胆な政策」と米大統領歓迎 YOMIURI ONLINE(読売新聞) マネー・経済 経済ニュース 2013年2月23日
  46. ^ 安倍首相、消費税引き上げ表明 政府与党政策懇談会発言全文MSN産経ニュース 2013年10月1日
  47. ^ a b 消費増税:財源確保は待ったなし…首相、会見で理解求める毎日jp(毎日新聞) 2013年10月1日
  48. ^ 財務相、消費税上げ「各国の評価得た」 G20会見日本経済新聞 2013年10月12日
  49. ^ 甘利経財相「もはやデフレ状況ではない」 衆参で経済演説日本経済新聞 2014年1月24日
  50. ^ 消費増税:アベノミクス正念場 失速回避へ「政府一丸」毎日新聞 2014年4月1日
  51. ^ a b 消費増税の反動減「想定内」=甘利経財相と茂木経産相時事ドットコム 2014年4月8日
  52. ^ 主要金融ニュース 麻生財務相、公的年金「6月以降動く」日本経済新聞 2014年4月16日
  53. ^ 来年度は財政健全化を最優先、長期金利0.54%は異常=麻生財務相Reuters 2014年7月11日
  54. ^ 谷垣氏、予定通り消費税10%に 内閣改造では法相退任の見方MSN産経ニュース 2014年8月18日
  55. ^ 浜田氏「日銀総裁は責任もって金融政策を」 消費税で敗戦の弁日本経済新聞 2013年11月15日
  56. ^ 黒田日銀の政策発動期待、消費増税に大きな心配ない=浜田内閣官房参与Reuters 2013年11月15日
  57. ^ a b インタビュー:消費税10%、1年半先送り望ましい=内閣参与Reuters 2014年9月1日
  58. ^ 「安倍トレード」で日本株上昇 円安と公共投資復活を期待ダイヤモンド・オンライン 2012年11月27日
  59. ^ 東京金融市場:選挙で円安・株高が進展 金融緩和期待か 毎日jp(毎日新聞」) 2012年12月15日
  60. ^ アベノミックス効果?東証終値、震災当日上回るスポーツ報知 社会 2012年12月27日(2012年12月27日時点のインターネット・アーカイブ)
  61. ^ 寄り付きの日経平均は続伸、円安やデフレ脱却期待で買い先行 Reuters 2012年11月15日
  62. ^ 来週の外為市場、「安倍トレード」一服も期待継続 Reuters 2012年11月30日
  63. ^ ドル/円は底堅い、「安倍トレード」一服も期待継続=今週の外為市場 Reuters 2012年12月3日
  64. ^ 為替:安倍トレード、ドル円ラリーは来年3月末に1ドル84円 サーチナ 2012年12月5日
  65. ^ 暴走する安倍総裁の危険なギャンブル JBpress 2012年11月22日
  66. ^ どこまで上がる「安倍相場」1万1千円超の強気予想、カギは実行力 産経新聞 2012年12月19日
  67. ^ 市場、連日の安倍相場 大胆緩和発言で株高・円安朝日新聞デジタル 2012年11月20日
  68. ^ 震災2年…経済は暗転の記憶 アベノミクスで回復の兆し、SankeiBiz 2013年3月11日
  69. ^ “1ドル=100円までの経緯”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年5月10日). オリジナル2013年5月10日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0510-0820-40/www3.nhk.or.jp/news/html/20130510/k10014473401000.html 2013年5月10日閲覧。 
  70. ^ ドル再度100円割れ、成長戦略に失望広がるReuters 2013年6月5日
  71. ^ 日経平均の下げは500円超・ドル99円台半ば、成長戦略に失望感Reuters 2013年6月5日
  72. ^ 具体策乏しい「成長戦略」に失望売り 東京株、今年3番目の下げ幅げ幅”. SankeiBiz (2013年6月6日). 2013年6月6日閲覧。
  73. ^ 分析・コラム 日本株暴落の原因が「外国人が大幅に売り越しに転じたため」というのは嘘/Miniトピック財経新聞 フィスコ 2013年6月3日
  74. ^ a b 経済論戦で野党2極化=政権批判、切り口に違い【13参院選】時事ドットコム 2013年7月13日
  75. ^ a b c 13年夏参院選 野党はいま 最大争点「アベノミクス」 野党はどう見ているのか、どこがいけないのかJ-CASTニュース 2013年7月19日
  76. ^ a b c 2013年2月12日(火) 予算委員会”. 衆議院インターネット審議中継 (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  77. ^ H25/2/12 衆院予算委員会・石原慎太郎【安倍内閣の政治姿勢集中審議】1/2” (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  78. ^ H25/2/12 衆院予算委員会・石原慎太郎【安倍内閣の政治姿勢集中審議】2/2” (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  79. ^ 【石原氏の質疑詳報(下)】「子孫のために環境問題アピールを」(2/7ページ)”. 産経新聞 (2013年2月13日). 2013年2月13日閲覧。
  80. ^ 【石原氏の質疑詳報(下)】「子孫のために環境問題アピールを」(5/7ページ)”. 産経新聞 (2013年2月13日). 2013年2月13日閲覧。
  81. ^ みんなの党:山内国対委員長「アベノミクス」を批判 毎日新聞 2013年2月5日 2013年2月13日閲覧
  82. ^ 財政演説への質問 山内康一の「蟷螂(とうろう)の斧」 2013年2月5日 2013年2月13日閲覧。
  83. ^ 海江田氏が優位=25日に選出-民主代表選 時事通信2012年月12日24日
  84. ^ 民主党新代表に海江田氏を選出、「アベノミクスの危険性追及」 ロイター2012年12月25日
  85. ^ 日銀の独立性損なえば中銀や円の信認にかかわる=アベノミクスで海江田民主新代表 ロイター2012年12月25日
  86. ^ 野田前首相がアベノミクス批判 「安易な大盤振る舞いだ」 産経新聞2013年1月26日(2013年1月26日時点のインターネット・アーカイブ)
  87. ^ 野田総理VS安倍総裁 金融政策や「国防軍」で応酬テレ朝news 2012年11月25日(2012年11月27日時点のアーカイブ
  88. ^ 「危険な緩和論」「そんな認識だから…」民・自党首応酬日本経済新聞 2012年11月25日
  89. ^ 安倍氏の緩和発言「極めて危険」と野田首相-29日討論会で直接対決 (1)Bloomberg 2012年11月25日
  90. ^ 衆院代表質問:海江田代表、アベノミクス批判 毎日jp(毎日新聞) 2013年1月30日
  91. ^ 民主・海江田氏、アベノミクスを追及…代表質問 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 政治 2013年1月30日
  92. ^ 民主・海江田代表「アベノミクス」追及 国会論戦スタート 産経新聞2013年1月30日(2013年1月30日時点のインターネット・アーカイブ)
  93. ^ 金融緩和の「副作用」懸念=海江田氏、アベノミクス追及-代表質問スタート 時事通信2013年1月30日
  94. ^ デフレは貨幣現象、金融政策で変えられる=安倍首相 Reuters 2013年2月7日
  95. ^ デフレは「貨幣的現象」=金融政策で脱却可能-安倍首相 時事ドットコム 2013年2月7日
  96. ^ 衆議院インターネット審議中継 2013年2月7日
  97. ^ a b H25/2/12 衆院予算委員会・後藤祐一【三本の矢を言い出したのは私です】” (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  98. ^ 首相「業績改善を賃金に反映を」 経済三団体トップと意見交換”. SankeiBiz (2013年2月13日). 2013年2月13日閲覧。
  99. ^ アベノミクスは「資産バブル経済」…野田前首相YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013年4月7日
  100. ^ a b 海江田代表:改憲論争せず 初の党首討論は低調に毎日jp(毎日新聞)2013年4月17日
  101. ^ “海江田代表 アベノミクス批判”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年5月19日). オリジナル2013年6月1日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0601-0708-19/www3.nhk.or.jp/news/html/20130529/k10014932661000.html 2013年6月1日閲覧。 
  102. ^ 参議院選挙(参院選)2013 アベノミクスに「強い副作用」…民主公約で批判YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013年6月25日
  103. ^ 首相「ねじれ解消を」、海江田氏「経済に副作用」 党首討論日本経済新聞 2013年7月3日
  104. ^ 「アベノミクス、3年たてば必ず破綻」民主・海江田代表朝日新聞デジタル 2013年7月19日
  105. ^ 消費税率引き上げ巡り与野党が議論NHKニュース 2014年9月28日
  106. ^ a b 庶民の懐温める政策こそ 衆院代表質問 佐々木議員が転換求める しんぶん赤旗2013年2月6日
  107. ^ 「アベノミクスは安倍のリスク」社民・福島党首YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2013年4月22日(2013年5月6日時点のインターネット・アーカイブ)
  108. ^ 黒田アジア開銀総裁「今の仕事に満足」 日銀人事で 日本経済新聞 2013年2月11日
  109. ^ 黒田アジア開銀総裁、アベノミクス「適切な政策」 日本経済新聞 2013年2月11日
  110. ^ 黒田アジア開銀総裁、物価2%の達成期限「2年は適切」 日本経済新聞 2013年2月11日
  111. ^ アジア開発銀・黒田総裁インタビュー 「現状の仕事に満足」と日銀総裁人事には言及せず 産経ニュース 2013年2月11日(2013年2月11日時点のインターネット・アーカイブ)
  112. ^ 黒田ADB総裁「今の仕事に満足」 日銀総裁候補の1人 朝日新聞デジタル 2013年2月11日
  113. ^ 「1ドル90─100円が貿易赤字との関連でよい水準=奥田JBIC総裁」ロイター通信 2013年 02月 28日 14:59 JST、「奥田JBIC総裁、日銀総裁候補の黒田氏を「非常にいい人材」とべた褒め」産経ニュース 2013.2.28 17:33(2013年2月28日時点のインターネット・アーカイブ)
  114. ^ アベノミクスで「『失われた20年』の半分を取り返した」と豊田自工会会長MSN産経ニュース 2013年5月13日
  115. ^ 日刊ゲンダイ2013年3月7日号2面
  116. ^ “【アベノミクスと世界経済】アベノミクスは治験なしの“劇薬投与” 一か八か的思想、大やけど心配”. ZAKZAK (産経デジタル). (2013年4月9日). http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130409/ecn1304090715000-n1.htm 2013年6月1日閲覧。 
  117. ^ アベノミクス円安にメリットはあるのか?東洋経済オンライン 2013年5月19日
  118. ^ 文藝春秋 2013年六月号、151頁。
  119. ^ 財界首脳は一段の円安「歓迎できない」、消費増税影響は楽観視Reuters 2013年1月7日
  120. ^ 【消費税8%】米倉経団連会長が「大変な英断」と首相決断を歓迎 消費税増税と経済対策でMSN産経ニュース 2013年10月1日
  121. ^ 大丸松坂屋、13年度中に1000人削減 消費増税で減収見込む日本経済新聞 2013年10月9日
  122. ^ 大丸松坂屋、選択定年で人員削減 200人、消費増税対応47NEWS 共同ニュース 2013年10月9日
  123. ^ 大丸松坂屋、1千人削減へ 消費増税備え希望退職・転籍朝日新聞 2013年10月9日
  124. ^ 政治・社会 ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマン教授、皮肉まじりにアベノミクス評価 ZAKZAK 2013年1月15日
  125. ^ a b 経済の死角 本誌独占インタビューノーベル経済学者は指摘するポール・クルーグマン「1ドル100円超え、アベよ、これでいいのだ」 現代ビジネス 2013年2月14日
  126. ^ a b どう見る“アベノミクス”NHK Bizプラス 2013年2月12日
  127. ^ 株価暴落でも回復基調不変=クルーグマン教授、アベノミクス評価WSJ.com 2013年5月24日
  128. ^ Japan Real Time 世界のエコノミストはアベノミクスに満足=WSJ調査 ウォールストリートジャーナル日本版2013年1月24日
  129. ^ 米専門家“安倍政権の政策 正しい方向” NHKニュース 2013年1月22日
  130. ^ 日銀、独立性損なわれず=「通貨安競争招く」は誤解―米大教授 時事ドットコム 2013年1月24日0時45分配信
  131. ^ 報道されない首相の発言とアベノミクス=村上尚己 サーチナ 2012年11月27日
  132. ^ 日銀緩和決定に懐疑論も−デフレ脱却から程遠いとの見方 ウォールストリートジャーナル日本版2013年1月23日
  133. ^ a b アベノミクス、海外は賛否「興味深く正しい政策」「貿易相手に犠牲」(産経新聞 2013.1.18 21:22)
  134. ^ 政府・民間が結束=「アベノミクス」国際公約に成功 時事ドットコム 2013年1月30日
  135. ^ 米財務次官がアベノミクスの支持表明 会見で公式に MSN産経ニュース 2013年2月12日
  136. ^ 米高官がアベノミクス支持、円安加速で94円台半ば 日本経済新聞 2013年2月12日
  137. ^ 通貨安競争「存在せず」=日本の事情に理解-スイス中銀総裁”. 時事ドットコム (2013年2月13日). 2013年2月13日閲覧。
  138. ^ スイス中銀総裁、日本の緩和策「デフレ克服のため」”. 日本経済新聞 (2013年2月13日). 2013年2月13日閲覧。
  139. ^ 日銀の金融緩和策を支持=為替操作目的でない-米FRB議長 時事ドットコム 2013年2月27日
  140. ^ 経済・マネー FRB議長、量的緩和の必要性強調 アベノミクスも支持 朝日新聞デジタル 2013年2月27日
  141. ^ マネー・経済 日銀の金融緩和「試みを支持」…FRB議長 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 経済ニュース 2013年2月27日
  142. ^ a b 「黒田総裁と日本政府の取り組み支持」詳報(3)日本経済新聞 2013年6月20日
  143. ^ a b バーナンキFRB議長:日本は円操作せず、焦点は景気の拡大Bloomberg 2013年7月18日
  144. ^ 米FRB副議長:日銀のデフレ脱却のための緩和政策適切Bloomberg 2013年4月5日
  145. ^ 米FRB副議長、日銀の緩和強化「最善の策」日本経済新聞 2013年4月6日
  146. ^ 日銀の緩和強化、モスクワG20声明と整合=カナダ中銀総裁IBTimes 2013年4月18日
  147. ^ 米財務長官、日銀の異次元緩和に支持表明IBTimes 2013年4月18日
  148. ^ 円安を懸念せず、日本の健全化は良いこと-フィリピン財務相 ブルームバーグ 2013/05/15 10:35 JST
  149. ^ 経済の死角 英『エコノミスト』編集長「安倍〝機長〟には懐疑的です」現代ビジネス フライデー 2013年6月8日
  150. ^ “「政治不信の国に衝撃与えた」 英誌がアベノミクス評価”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年5月17日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/05/17/kiji/K20130517005823860.html 2013年6月1日閲覧。 
  151. ^ 経済・マネー 「日本市場はかなり前向き」“破滅博士”ルービニ氏が太鼓判ZAKZAK 2013年6月4日
  152. ^ 消費税増税は正解? 海外紙が評価する理由NewSphere(ニュースフィア) 2013年10月2日
  153. ^ a b 「日本が世界経済の中心に来た」とアベノミクスを評価 IMF局長MSN産経ニュース 2013年10月29日
  154. ^ シラー教授、アベノミクスを語る東洋経済オンライン 2013年10月17日
  155. ^ 日銀の大規模緩和は「当然」 米議会でFRB議長MSN産経ニュース 2014年2月12日
  156. ^ 【変わるかニッポン】(3)産経新聞ニューヨーク駐在編集委員・松浦肇 (1/3ページ) SankeiBiz(サンケイビズ) 2012年12月19日
  157. ^ アベノミクス「一定の効果」 スティグリッツ教授 円高是正のデフレ対策を評価 日本経済新聞2013年1月26日0:27電子版
  158. ^ 飯田香織 (2013年3月22日). “3/21/2013 Joseph Stigltiz, Professor, Columbia University”. NHK BS1. http://www.nhk.or.jp/bizplus-blog/100/150051.html#more (英語)
  159. ^ 東田剛 (2013年3月27日). “スティグリッツと安倍総理との会談”. 三橋貴明の「新」日本経済新聞. http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/03/27/korekiyo-37/ 
  160. ^ スティグリッツ氏:日本の金融政策通じた円相場押し下げ正しい」、『ブルームバーグ2013年3月22日
  161. ^ “首相 成長の恩恵を多くの人に”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年3月21日). オリジナル2013年3月23日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0322-1013-28/www3.nhk.or.jp/news/html/20130321/k10013356421000.html 2013年3月23日閲覧。 
  162. ^ ジョセフ・E・スティグリッツ「TPPと規制緩和を問い直す」、『kotoba』2013年夏号、集英社。
  163. ^ “ノーベル経済学者スティグリッツ氏が語る、米国資本主義の失敗と日本が取り組むべき課題”. ビジネス+IT. (2013年11月27日). http://www.sbbit.jp/article/cont1/27192?ref=131128bit 
  164. ^ 「アベノミクス」の襲撃、韓国の輸出に影響の可能性(2) 中央日報 2012年12月18日
  165. ^ a b 円安めぐる日本批判、G20で中心議題にならない見通し=当局者 Reuters 2013年1月29日
  166. ^ 【漢江経済リポート】円安…反日感情の火に油 国際競争力低下懸念 高まる不満+ (1/2)MSN産経ニュース 2013年3月2日(2013年3月2日時点のインターネット・アーカイブ)
  167. ^ a b 韓国で「アベノミクス」批判が過熱 「円安は沈黙の殺人者」と反日煽るメディアJ-CASTニュース 2013年2月28日
  168. ^ 「アベノミクス」に大きな懸念=独財務相時事ドットコム 2013年1月17日
  169. ^ アベノミクスを痛烈批判=「中銀独立性脅かす」-独連銀総裁 時事ドットコム 2013年1月22日
  170. ^ Japan Real Time 中国、日銀政策に横やり ウォールストリートジャーナル日本版2013年1月24日
  171. ^ a b c アベノミクスを酷評 中国格付け会社、日本国債格下げ スポニチ Sponichi Annex 2013年 3月4日
  172. ^ 円安誘導と日本批判=中国政府系ファンド社長 時事ドットコム 2013年 3月7日
  173. ^ 米議員226人、大統領に為替操作対応求める 日本を名指しAFPBB News 2013年6月7日
  174. ^ 「アベノミクス、沈没も」=米WSJ、消費増税決定を批判時事ドットコム 2013年10月2日
  175. ^ 消費税は消費を冷やす“悪い税金”ノーベル賞学者テレ朝news 経済ニュース 2013年5月31日
  176. ^ 「円安非難は偽善」米経済学者が韓国批判 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版2013年1月28日
  177. ^ 社説:インフレへの第一歩を踏み出した日銀 JBpress(日本ビジネスプレス) 2013年1月24日
  178. ^ OECD事務総長が円安に理解、「状況見守る余地」 Reuters 2013年2月5日
  179. ^ 円安めぐる懸念は行き過ぎ=IMFのG20報告書 Reuters 2013年2月22日
  180. ^ IMFがドル安を指摘 通貨安競争は「誇張」 日本経済新聞 2013年2月22日
  181. ^ 通貨安競争の懸念は「誇張」…IMF報告書 YOMIURI ONLINE(読売新聞) マネー・経済 経済ニュース 2013年2月22日
  182. ^ 経済の死角 ジム・ロジャーズ、ポール・クルーグマン、J・ガルブレイスほか 米国の著名な学者・投資家30人が一挙登場!全国民必読 7・21参院選「自民圧勝」から、何かが変わる 日本人への警告「宴は終わる、これは出口が見えないトンネル現代ビジネス 2013年7月16日
  183. ^ 経済の死角 【独占インタビュー】ノーベル経済学賞受賞ポール・クルーグマン 日本経済は、そのときどうなるのか現代ビジネス 2013年10月21日
  184. ^ 経済の死角 本誌独占インタビュー ノーベル賞経済学者クルーグマン 「日本経済は消費税10%で完全に終わります」現代ビジネス 2014年9月16日
  185. ^ a b Krugman Warns Abe on Tax IncreaseJ. D'amico, Japan, The Wall Street Journal, 19 Sep 2014
  186. ^ “消費増税で日本経済失速の危機に” ノーベル賞スティグリッツ教授が警告NewSphere(ニュースフィア) 2014年1月25日
  187. ^ a b アベノミクス、いつまでも成功続ける保証ない=シラー・イエール大学教授Reuters 2014年3月12日
  188. ^ 「アベノミクス」が失敗なら「アベゲドン」に転覆する可能性”. 財経新聞 (2013年6月6日). 2013年6月6日閲覧。
  189. ^ 【消費税8%】中国国営メディア「国際社会の関心に答えた」と評価MSN産経ニュース 2013年10月1日
  190. ^ 日本の消費税引き上げに中国メディアが報道、 「民衆の抗議を無視し安倍首相が決断」XINHUA.JP 2013年10月2日
  191. ^ 【社説】消費増税に邪魔されるアベノミクス WSJ.com 2013年10月2日
  192. ^ アベノミクス最初のエラー 消費税増税に海外紙から厳しい声NewSphere(ニュースフィア)2013年10月1日
  193. ^ 日欧の成長鈍化 ルー米財務長官「期待外れ」MSN産経ニュース 2014年9月21日
  194. ^ 消費増税 米もダメ出し 財務長官が「失望」表明ZAKZAK 2014年9月22日
  195. ^ 〔外為マーケットアイ〕ドル101円前半、IMF「アベノミクス、世界経済のリスクとなりうる」 ロイター 2013年7月10日
  196. ^ 政治・社会 【日本の解き方】IMF会見「アベノミクスは世界のリスク」 困りモノの針小棒大報道ZAKZAK 2013年7月17日
  197. ^ 日米欧中銀の非伝統的措置解除は慎重に行われるべき=IMF専務理事Reuters 2013年7月16日
  198. ^ a b アベノミクス、失敗すれば世界経済の主要リスクに―IMFが警告WSJ.com 2013年8月2日
  199. ^ 欧米は自国通貨安を放置したが日本は通貨安政策取っていない=麻生財務相 WSJ.com 2012年12月29日
  200. ^ 麻生財務相:通貨安にしているわけではない Bloomberg 2012年12月29日
  201. ^ 先進国間で通貨安競争 スイスに続け 安倍首相の介入で新局面 (1/3ページ) SankeiBiz 2013年1月5日
  202. ^ a b 円安政策批判「筋としておかしい」 麻生財務相が反論 日本経済新聞 2013年1月28日
  203. ^ 欧米の円安誘導懸念、筋としておかしい…麻生氏 YOMIURI ONLINE(読売新聞)マネー・経済 経済ニュース 2013年1月28日
  204. ^ 浜田宏一・内閣官房参与 核心インタビュー 「アベノミクスがもたらす金融政策の大転換 インフレ目標と日銀法改正で日本経済を取り戻す」 ダイヤモンド・オンライン 2013年1月20日
  205. ^ a b 経済の死角 「安倍バブル」の教祖浜田宏一が大いに語る「1ドル100円、日本は甦る」 現代ビジネス 2013年2月6日
  206. ^ a b 日本の政策、国内の物価目標達成が目的=浜田内閣官房参与 Reuters 2013年2月16日
  207. ^ 浜田氏:「通貨安競争」を否定 デフレ脱却を強調毎日新聞 2013年2月16日
  208. ^ 浜田参与:日銀は必要なら一段の緩和を-インタビューで語るBloomberg 2013年5月28日
  209. ^ 日銀総裁、円安誘導を否定 「緩和の手綱緩めず」 47NEWS(よんななニュース) 共同ニュース 2013年2月14日
  210. ^ 日銀:白川総裁 金融緩和での「円安誘導」懸念を否定 毎日jp(毎日新聞) 2013年2月14日(2013年5月21日時点のインターネット・アーカイブ)
  211. ^ Ⅰ.4. (1)「「成果目標(KPI)」のレビューによるPDCAサイクルの実施」およびⅡ.一.3.①「アウトカムを重視したPDCAの積極的推進」
  212. ^ 日経新聞2012.12.23「自民安倍氏、日銀法改正に言及 物価目標見送りなら」 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDY23007_T21C12A2000000/
  213. ^ 「ブレーン・浜田宏一氏が明かした「首相からの直電」秘話」『週刊朝日』2013年2月8日号 http://dot.asahi.com/news/politics/2013012800004.html
  214. ^ 若田部昌澄(2013)「安倍内閣の経済政策とは何か/その全体像」『環』53(2013.Sring), pp.75-92.
  215. ^ 黒田東彦 日銀総裁会見まるごと配信
  216. ^ a b 日銀2013年4月5日「総裁記者会見要旨」http://www.boj.or.jp/announcements/press/kaiken_2013/kk1304a.pdf
  217. ^ 長谷川幸洋2013.4.5「アベノミクス第1の矢は放たれた! 黒田日銀が大胆な「量的・質的金融緩和」を打ち出し、今後の焦点はいよいよ"規制改革"に!」http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35352?page=3
  218. ^ Financial Times 2013.4.5「市場を席巻した黒田日銀」JB Press http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37531
  219. ^ 吉松崇 2013.4.9「黒田日銀の衝撃――わずか2週間で成し遂げられた金融政策の「レジーム・チェンジ」!」WEBRonza http://astand.asahi.com/magazine/wrbusiness/2013040800006.html
  220. ^ 賀来景英 2013.4.11「黒田日銀、「異次元緩和」の意味」WEBRonza、http://astand.asahi.com/magazine/wrbusiness/2013041000011.html
  221. ^ 吉松崇 2013.5.30「アベノミクスと株価の関係を冷静に考える」WEBRonza http://astand.asahi.com/magazine/wrbusiness/2013053000001.html
  222. ^ 「アベノミクス“不況”? 増える低所得/貯蓄ゼロ家庭、スーパー/コンビニ売上減」Business Journal 2013.6.9 http://biz-journal.jp/2013/06/post_2274.html
  223. ^ http://www.depart.or.jp/common_department_store_sale/list
  224. ^ http://www.jsa-net.gr.jp/report.php
  225. ^ http://www.jfa-fc.or.jp/particle/320.html
  226. ^ 伊東光晴「安倍・黒田氏は何もしていない」『世界』2013年8月号.
  227. ^ a b c d e 日本政策投資銀行・全国設備投資計画調査(大企業[資本金10億円以上] 2013年6月調査) 2013年8月5日発表 http://www.dbj.jp/investigate/equip/national/pdf_all/201308_plant.pdf
  228. ^ 【日曜経済講座】アベノミクスは息切れなのか 編集委員・田村秀男 MSN産経ニュース 2014年2月23日
  229. ^ 法人税減税とTPPで復活する日本〔1〕PHPビジネスオンライン 衆知 2014年2月10日
  230. ^ [アベノミクス第二の矢]ついに暴かれた公共事業の効果〔1〕PHPビジネスオンライン衆知 2014年5月10日
  231. ^ “首相要請も…月額賃金4年ぶり低下 13年0.7%減”. 日本経済新聞. (2014年2月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2001Y_Q4A220C1PP8000/ 2014年4月4日閲覧。 
  232. ^ 東京新聞朝刊2014年1月9日
  233. ^ “(人手不足列島)雇用、増えるは非正社員ばかり 求人22年ぶり高水準でも”. 朝日新聞. (2014年6月28日). http://digital.asahi.com/articles/DA3S11213780.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11213780 2014年7月24日閲覧。 
  234. ^ Japan Says Economy Contracted 7.1 Percent in 2Q E. Kurtenbach, ABCNews, 8 Sep 2014
  235. ^ a b 内閣府経済社会総合研究所景気統計部消費動向調査(平成25 年7月実施分)http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/2013/201307honbun.pdf
  236. ^ Slings and arrows The Economist, Japan's economy, 13 Sep 2014
  237. ^ Japan's Economy Dips As New Sales Tax Bites SkyNews, Business, 8 Sep 2014
  238. ^ a b Abe Adviser Warns Against Further Japan Sales-Tax Increase The Wall Street Journal, World, 8 Sep 2014
  239. ^ 読んでナットク経済学「キホンのき」 消費増税、影響が「想定内」でなかったワケ東洋経済オンライン 2014年10月11日
  240. ^ インフレが日本を救う 消費増税先送りで、アベノミクスは復活する東洋経済オンライン 2014年9月8日
  241. ^ a b 塩沢由典(2013)『今よりマシな日本社会をどう作れるか』編集グループSURE.
  242. ^ 西田昌司 街頭活動「アベノミクスは経済政策のアベノ『ミックス』だ」 http://www.youtube.com/watch?v=IS-QNA0rTqM
  243. ^ 最先端を行く「リフレ・レジーム」〔1〕PHPビジネスオンライン 衆知 2013年6月20日
  244. ^ アベノミクスは"グローバルスタンダードな経済政策"日経BizGate 2013年7月18日
  245. ^ 安達誠司「講座:ビジネスに役立つ世界経済」 【第42回】 為替レートを大きく左右する金融政策現代ビジネス 2014年4月17日
  246. ^ 岩田・浜田・原田編(2013)『リフレが日本経済を復活させる』中央経済社.
  247. ^ 岩田規久男編(2013)『まずデフレをとめよ』日本経済新聞出版社.
  248. ^ 若田部昌澄(2013)『解剖 アベノミクス』日本経済新聞出版社.
  249. ^ 伊藤隆敏(2013)『インフレ目標政策』日本経済新聞出版社.
  250. ^ 浅田統一郎、2012、"デフレ脱却こそが国際累積債務問題の解決策である"Chuo OnLine http://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/opinion/20120501.htm
  251. ^ 藤井聡(2013)「「国土強靭批判」こそ日本を滅ぼす」『VOICE (ヴォイス)』2013年2月号.
  252. ^ http://www.iau.jp/kokudokyojinka+abenomicsmokuji.htm
  253. ^ 竹中平蔵(2013)パネル討論発言 http://www.youtube.com/watch?v=k1de7BNvH60
  254. ^ 伊藤元重(2013)『日本経済を創造的に破壊せよ!』ダイヤモンド社。
  255. ^ ポール・クルーグマン(2012)『さっさと不況を終わらせろ』山形浩生訳・解説、早川書房。原論文(It's baaack!: Japan's Slump and the Return of the Liquidity Trap)は1998年に公開されている。
  256. ^ 小林慶一郎 2003.2.2 「早わかり「インフレターゲット論」」RIETI DP http://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/kobayashi/05.html
  257. ^ 森永卓郎 2013.2.5 「アベノミクス成功のために日銀をリフレ派で固めよ」WEBRonza http://astand.asahi.com/magazine/wrbusiness/2013020400005.html
  258. ^ 勝間和代 2012.2.29「インフレ目標、達成義務化を」『毎日新聞』http://mainichi.jp/feature/katsuma/crosstalk/2012/02/post-85.html
  259. ^ 田中秀臣・野口 旭・若田部昌澄([2003)『エコノミスト・ミシュラン』太田出版.
  260. ^ 小野善康(2013)「「アベノミクス」の金融緩和 は、デフレ脱却への道筋とはならない」『SIGHT』2013年春号.
  261. ^ a b 藻谷浩介・河野龍太郎・小野善康・萱野稔人(2013)『金融緩和の罠』第3章、集英社.
  262. ^ 自民党は財政再建に真面目に取り組めWEDGE Infinity(ウェッジ) 2013年2月25日
  263. ^ 浜矩子(2013)『アベノミクスの真相』中経出版.
  264. ^ 本田参与:期待形成確保へ法律で金融政策の目標明示を-インタビューBloomberg 2013年10月15日
  265. ^ デフレ脱却へ日銀法改正を 首相ブレーンの本田氏MSN産経ニュース 2013年10月23日
  266. ^ 田村秀男(2013)「量的緩和と連動する公共投資で早期のダツデフレら導け」『環』53巻、p.114。
  267. ^ 浜田宏一(2013)「経済再生は可能か」『環』53巻、p.62。また浜田宏一(2013)「デフレの即効薬は金融政策」岩田・浜田・原田『リフレが日本経済を復活させる』中央経済社、第1章、「マンデル=フレミング・モデルとワルラス法則」、pp.30-31.
  268. ^ 飯田泰之(2013)「財政政策は有効か」岩田・浜田・原田『リフレが日本経済を復活させる』中央経済社、第6章、pp.190-192.
  269. ^ 竹中平蔵「アベノミクスは100%正しい」東洋経済On Line、2013.7.20 http://toyokeizai.net/articles/-/15884
  270. ^ 野口旭「構造問題とデフレーション」岩田規久男編(2013)『まずデフレをとめよ』日本経済新聞出版社、第3章、pp.127-128.
  271. ^ http://www.mammo.tv/interview/archives/no254.html
  272. ^ 田中秀臣・野口旭(2001)『構造改革論の誤解』東洋経済新報社。
  273. ^ http://twilog.org/hidetomitanaka/date-130531
  274. ^ 日経新聞2013.5.28「財政健全化を「第4の矢に」諮問会議、骨太方針策定へ」http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS28043_Y3A520C1EA2000/
  275. ^ a b 高橋洋一「経済財政諮問会議が放ったとんでもない“矢”/「財政健全化を第4の矢に」は正しいか、Diamond online、http://diamond.jp/articles/-/36695」
  276. ^ 平成25年第13回経済財政諮問会議議事要旨 http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2013/0528/gijiyoushi.pdf
  277. ^ 野田毅・自民税調会長 アベノミクスは消費増税前提+ (1/2ページ)MSN産経ニュース 2013年8月1日
  278. ^ 木村浩一「アベノミクスの第4の矢」DIRコラム、http://www.dir.co.jp/library/column/20130613_007307.html
  279. ^ 首相 経済成長と財政再建強調NHKニュース 2013年10月7日
  280. ^ 長谷川幸洋(2013.7.5)「アベノミクスの第4の矢は財政再建にあらず 政府は宝の山に化ける砂の山を公開せよ」現代ビジネス・ニュースの深層、http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36329
  281. ^ 田中陽「突如現れた「第4の矢」の効果と賞味期限」『日本経済新聞 電子版』2013/7/12 7:00
  282. ^ 五輪開催は「アベノミクス第4の矢」安倍首相MSN産経ニュース 2013年9月8日
  283. ^ 菅官房長官:浜田、本田氏意見「影響力ある」 消費増税で毎日jp(毎日新聞) 2013年9月10日
  284. ^ 安倍総裁ブレーン・高橋氏:日銀総裁に英国式説明責任を-物価目標で Bloomberg 2012年11月28日
  285. ^ 日本経済の復活を邪魔する「勢力」 高橋洋一教授が「真相」を明かす J-CASTモノウォッチ 2013年3月1日
  286. ^ 第2次安倍内閣が発足 人事の注目点は 日テレNEWS24 2012年12月26日
  287. ^ 安倍総裁ブレーン・浜田氏:日銀新総裁は数カ月以内のデフレ脱却可能 Bloomberg 2012年12月5日
  288. ^ 「白川総裁は誠実だったが、国民を苦しめた」 浜田宏一 イェール大学名誉教授独占インタビュー東洋経済オンライン 2013年2月8日
  289. ^ インタビュー:安倍政権誕生なら日銀に無制限緩和を要望=本田・静岡県立大教授 Reuters 2012年12月6日
  290. ^ 再送:〔アングル〕安倍相場に潜む外交リスク、日中の緊張続けば緩和効果相殺 Reuters 2012年12月19日
  291. ^ 岩田規久男氏 日銀の政策、長年批判 日本経済新聞 2013年2月25日
  292. ^ 経済・マネー 首相のブレーン「日銀の問題は責任感のなさ」 元日銀審議委員・中原伸之氏ZAKZAK 2013年2月21日
  293. ^ 日銀総裁、実は誰がやっても同じ? 日経ビジネスオンライン 2013年2月27日
  294. ^ 自民・山本幸三議員、「アベノミクス」を語る(1)〜日銀にだまされるな ネットアイビーニュース 2013年1月28日
  295. ^ 救国のレジリエンス 「列島強靭化」でGDP900兆円の日本が生まれる(講談社)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アベノミクスに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アベノミクス」の関連用語

アベノミクスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アベノミクスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアベノミクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS