アブレシブ摩耗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 摩耗 > アブレシブ摩耗の意味・解説 

アブレシブ摩耗

【英】abrasive erosion

すべり合う固体面間において硬い異物介在したり,一方の面が硬くて粗い場合あるいは固体表面粒子高速衝突する場合などに主として削り取りによって固体表面摩耗する現象
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

アブレシブ摩耗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/03/29 20:15 UTC 版)

アブレシブ摩耗(アブレシブまもう:Abrasive wear)とは、摩耗形態の一つで、摩擦面間に介在する異物により、その表面が削り取られる摩耗現象のこと。輝面摩耗引っかき摩耗ざらつき摩耗凹凸摩耗研削材摩耗ともいう。




「アブレシブ摩耗」の続きの解説一覧





アブレシブ摩耗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アブレシブ摩耗」の関連用語

アブレシブ摩耗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヤツマタモク

非爆薬震源

デュアスロン

タンクバッグ

古川享

まつもとゆきひろ

養老の滝

焼抜かまぼこ





アブレシブ摩耗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアブレシブ摩耗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS