アネトールとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 香りの分子 > アネトールの意味・解説 

アネトール

分子式C10H12O
その他の名称:アネトール、モナシラップ、アニスカンファー、アノールメチルエーテル、p-プロペニルアニソール、Anethole、Monasirup、Anise camphor、Anol methyl ether、p-Propenylanisole、1-Methoxy-4-(1-propenyl)benzene、Anethol、Methyl[4-(1-propenyl)phenyl] ether、1-(4-Methoxyphenyl)-1-propene、4-(1-Propenyl)-1-methoxybenzene、1-(4-Methoxyphenyl)propene、4-(1-Propenyl)anisole、β-Methyl-4-methoxystyrene
体系名:4-(1-プロペニル)アニソール、β-メチル-4-メトキシスチレン、1-(1-プロペニル)-4-メトキシベンゼン、4-メトキシ-1-(1-プロペニル)ベンゼン、1-(4-メトキシフェニル)プロペン1-メトキシ-4-(1-プロペニル)ベンゼンメチル[4-(1-プロペニル)フェニル]エーテル、1-(4-メトキシフェニル)-1-プロペン、4-(1-プロペニル)-1-メトキシベンゼン


アネトール

名称アネトール
英名anethole
別名1-メトキシ-4-(1-プロペニル)ベンゼンp-(1-プロペニル)アニソール
化学式C10H12O
香りアニス
状態s(無色
融点22.5
沸点235112114(15mmHg)
比重0.983~0.987(d25/25)
性質有機溶媒に易溶/不溶
用途食品菓子飲料品などの香料
有機200
無機37
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

アネトール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/04 09:34 UTC 版)

アネトール (anethole) は芳香族化合物の一種で、アニスフェンネルトウシキミが持つ甘草のような特有の味の成分である。trans-アネソール、p-プロペニルアニソール、アニスカンファー、イソエストラゴール、アニシード油とも呼ばれる。甘草の甘みのもととなっているグリチルリチンと化学的に関係はない。IUPAC系統名trans-1-メトキシ-4-(プロパ-1-エン-1-イル)ベンゼン trans-1-methoxy-4-(prop-1-en-1-yl)benzene である。分子内にエーテル構造を持つ。




「アネトール」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アネトール」の関連用語

アネトールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

メルバトースト

クレナイヒメホンヤドカリ

完食

ダチョウ

スケッチブック包み

東山植物園の野鳥

H11T

内裏雛





アネトールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアネトール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS