アニサキス症とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 感染症 > アニサキス症の意味・解説 

アニサキス症

アニサキス症は種々の海産魚介類の生食起因する日本人食習慣からみてアニサキス症はかなり古くからあった病気考えられるが、原因となる種が同定されたのは1960年代である。当初診断方法がなく、その急激な腹部症状から開腹して患部切除され、病理学的に初めてアニサキス症であることが解ったケースが殆どであった。しかし、70年代以降になって内視鏡検査普及とともに生検鉗子での摘出が可能となり、意外に多数の例が発生していることが明らかになってきた。このような診断技術高度化先行するように、60年代に始まる経済高度成長背景とする生鮮食料品輸送体系の近代化があった事が、わが国でのアニサキス症発生広域化と多数発生前提になってきた。

疫 学
魚介類寿司刺身生食する習慣のあるわが国ではアニサキス症の発生諸外国比べて非常に多く1年間に2,000例から3,000例に上ると見られるわが国ではこれまで、アニサキス症を「食中毒」として取り扱い急性胃腸炎原因として届出対象とする認識が薄かった。他方で、アニサキス同様に海産魚介類の生食という食習慣起因する食中毒原因菌として腸炎ビブリオがある。腸炎ビブリオによる食中毒届出によって把握されており、1987年から1991年までの5年間に1,461発生し、40,226人の患者記録されていた(2000年48掲載感染症の話」、 図1参照)。同じ期間に何名ほどのアニサキス症患者が出ていたかということに関しては、学会などで発表された数から集計石倉肇,1995)すると、14,302人であった。即ち、この期間、腸炎ビブリオによる食中毒患者発生数を3とするとアニサキス症患者は1 以上という比率であった。
アニサキス症がよく発生する時期123月寒期多く、7~9月の暖期に最も少な傾向がある。これはアニサキス感染源となる漁期に関係している。つまり、北方ではタラオヒョウ、その他の海域ではサバイワシなどの漁獲期がこの時期である事による。アニサキス症の好発時期に関しては、腸炎ビブリオ原因とする食中毒5月から11月時期、特に7~9月夏期際立って多いことと好対照をなすものといえる

病原体

アニサキス類の成虫は、クジライルカ、又はアザラシなどの海産哺乳類の胃に寄生している。虫卵糞便とともに海中放出され、オキアミなどの甲殻類中間宿主として第3期幼虫発育する。幼虫宿すオキアミ多く種類イカ摂食されると、新し宿主体内で第3期幼虫のまま留まって寄生続ける(写真1)。

アニサキス症

写真1 .スケトウダラ寄生するアニサキス幼虫リング状 のもの)

そしてこれらが本来の終宿主である海産哺乳類摂食されると、幼虫は胃内で成虫となり生活史完結する。ところが、本来の宿主ではないヒトがこれらの海産魚イカ生食した場合幼虫生きたまま摂取され、胃壁腸壁侵入するところとなってアニサキス症の病原となる。この幼虫ヒト体内寄生続けることはできないわが国病原として通常見出されているアニサキス類の幼虫Anisakis simplex, Anisakis physeteris 及びPseudoterranova decipiens であり、これらの体長夫々19mm~36mm、25mm~33mm、11mm~37mmである。このように病原となる第3期幼虫は十分に肉眼見え大きさであり、わが国近海産のイカ調査したところ、150以上にものぼる非常に広範囲魚種から見出されている。

臨床症状
ヒト摂取されたアニサキス幼虫消化器系粘膜から侵入した時にアニサキス症が起きるが、その症状強さ激症型と軽症型に分けられている。前者即時過敏反応による消化管の攣縮を伴うもので、予めアニサキス抗原感作されているか、再感染場合であると言われている。
1)胃アニサキス症
胃アニサキス症の場合原因食品摂取後2時間から8時間発症するものが多く心窩部に締め付けられるような差し込むような痛みが起きて、それが持続し、また悪心嘔吐を伴う場合がある。時に下痢蕁麻疹大量吐血を見ることもある。
2)腸アニサキス症
腸アニサキス症の場合では原因食品摂取後、数時間から数日して臍部中心に差し込むような痛み出現し、悪心嘔吐を伴う。発熱はないが、虫垂炎腸閉塞腸穿孔などと誤診されて急性腹症として開腹手術を受けることがある
3)腸管外アニサキス症
稀に消化管穿通消化管以外の臓器迷入して種々の症状起こすか、他疾患処置に当たって偶然に体が発見される事がある胸腔、肺、腹腔腸管膜、肝、リンパ節皮下など体内あらゆる所に及び、現在までに報告50例を越える。

病原診断
診断上、生鮮魚介類の摂取後に起きた腹痛という事ポイントであるが、胃内寄生場合上部消化管内視鏡により体を確認摘出する。摘出体は70 パーセントエタノールで固定した後、グリセリン・アルコールで透徹した上で各部計測形態特徴から病原幼虫種類決定される。小腸アニサキス症では特徴的超音波像、X 線像所見が重要である。
一方急性症状があったが自然に消失したり対症療法症状消失したりした場合組織侵入死滅した体を中心に好酸球性肉芽腫形成され、偶然の機会発見されることがある。これらの病理組織切片中に見出される断端は、その形態特徴から病原幼虫同定が可能である。

治療予防
アニサキス症はたとえ幼虫1 匹の感染であっても起きる可能性があり、個人レベルでの予防海産魚介類の生食避ける事につきる。あるいは、生食に当たって冷凍処理後に解凍して調理されたものであれば問題はない。アニサキス幼虫熱処理60 1分以上)のみならず冷凍処理でその殆どが不活性化することが知られているからである。オランダにおいて、1968年以来ニシンに関して20 以下24時間上の冷凍法律義務付け結果、アニサキス症の患者激減したことは有名である。米国FDA食品医薬品局)は、生食用について、‐35 以下15時間または‐20 以下7日間の冷凍処理を勧告している。また、EU欧州連合)の衛生管理基準では海産魚類の視覚による寄生虫検査義務付け生食用海産魚に関して冷凍処理(‐20 以下24時間以上)を指示している。
治療法としては、胃アニサキス症の場合内視鏡下に体を摘出し、のち対症療法を行う。腸アニサキス症ではイレウス症状を呈さない状態のとき、対症療法行いながら幼虫死亡吸収されることによって症状緩和するのを待つ。現在のところ、本幼虫に対して効果的駆虫薬開発されていない

食品衛生法での取り扱い
1999年12月28日食品衛生法施行規則一部改正厚生省令第105号)が行われ、食中毒事件票の一部改正された。これに伴ってアニサキス食中毒原因物質として具体的に例示されるところとなった。従って、アニサキスによる食中毒が疑われる場合は、24時間以内最寄り保健所届け出ることが必要である。


国立感染症研究所寄生動物部 川中正憲 杉山 広)


アニサキス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/11 18:29 UTC 版)

(アニサキス症 から転送)

アニサキス(学名:Anisakis)は、線形動物門双腺綱桿線虫亜綱カイチュウ(回虫)目アニサキス科アニサキス属に属する動物の総称で、海産動物に寄生する寄生虫である。ヒトにアニサキス症を発症させる原因寄生虫だが、ヒトへ感染するときには主にサケサバアジイカタラなどの魚介類から感染する。


  1. ^ 下記外部リンク 寄生虫ミニ辞典 - アニサキス
  2. ^ 食品媒介の寄生虫疾患対策について 蠕虫類 - 生鮮魚介類により感染するもの
  3. ^ アニサキス症と天然物由来の有効化学物質の検索 (PDF) 東京都健康安全研究センター
  4. ^ 国立感染症研究所寄生動物部
  5. ^ 腸重積を伴った腸アニサキス症の1例日本消化器外科学会雑誌 第28巻 第10号 1995年10月
  6. ^ 血清免疫学的検査で膵アニサキス症が疑われた1例 (PDF)
  7. ^ 日経メディカル2010年5月号「トレンドビュー」


「アニサキス」の続きの解説一覧





アニサキス症と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アニサキス症に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アニサキス症」の関連用語

アニサキス症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アニサキス症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立感染症研究所 感染症情報センター国立感染症研究所 感染症情報センター
Copyright ©2014 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアニサキス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS