アドルフ・フォン・バイヤーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 化学者 > 化学者 > アドルフ・フォン・バイヤーの意味・解説 

アドルフ・フォン・バイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/02 07:10 UTC 版)

ヨハン・フリードリヒ・ヴィルヘルム・アドルフ・フォン・バイヤー(Johann Friedrich Wilhelm Adolf von Baeyer, 1835年10月31日 - 1917年8月20日)は、ドイツ化学者。色料のインディゴを合成した[1]1905年に「有機染料およびヒドロ芳香族化合物の研究」によってノーベル化学賞を受賞した[2]




  1. ^ Adolf Baeyer, Viggo Drewsen (1882). “Darstellung von Indigblau aus Orthonitrobenzaldehyd (p )”. Berichte der deutschen chemischen Gesellschaft 15 (2): 2856–2864. doi:10.1002/cber.188201502274. 
  2. ^ Adolf von Baeyer: Winner of the Nobel Prize for Chemistry 1905 Armin de Meijere Angewandte Chemie International Edition Volume 44, Issue 48 , Pages 7836 - 7840 2005 Abstract
  3. ^ Baeyer;Johann Friedrich Wilhelm Adolf von(1835 - 1917)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
  4. ^ Adolf Baeyer (1885). “Ueber Polyacetylenverbindungen”. Berichte der deutschen chemischen Gesellschaft 18 (2): 294–295. doi:10.1002/cber.18850180296. 


「アドルフ・フォン・バイヤー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アドルフ・フォン・バイヤー」の関連用語

アドルフ・フォン・バイヤーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

W61S

モニ1形

デリカ バン

マダラヒメヤドカリ

天然図画亭庭園

イチマルゴ

縦縞孟宗竹

小出和紙





アドルフ・フォン・バイヤーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアドルフ・フォン・バイヤー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS