アダプティブユースとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アダプティブユースの意味・解説 

アダプティブユース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/22 04:39 UTC 版)

アダプティブユース英語Adaptive reuse)は、直訳すると「適応型再利用」で[1]文化財などの建築物を移築や用途変更して保護と活用(商用使用)を両立する手法・制度のことで、リノベーションより文化性が高いものを指す。


出典

補稿

  1. ^ 例えば東京都台東区山谷地区のような悪印象がある場所も文化の一側面(負の遺産)として捉えた上でアダプティブユースする試みもある


「アダプティブユース」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アダプティブユース」の関連用語

アダプティブユースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アナハゼ

石田智子

W63SA

セイロン

左右大透図鍔

ラテイナ

チーズ

ナイルオオトカゲ





アダプティブユースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアダプティブユース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS