アスパルテームとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 菓子 > 甘味料 > アスパルテームの意味・解説 

アスパルテーム(あすぱるてーむ)(aspartame)

砂糖のような甘みをもつアミノ酸系の人工甘味料

砂糖の約200倍の甘みをもっているため、わずかの分量砂糖同等甘みを出すことができる。ダイエット食品糖尿病の治療食品などにも応用されている。

アスパルテームは、1965年化学物質として初め人工合成された。当初医薬品開発目的だったようだが、甘みがあることに気づいたのは偶然の発見らしい。現在では、ダイエット炭酸飲料デザートなどの食品添加され、シュガーレスによる低カロリー実現するものとして重宝されている。

味の素は、1982年にアスパルテームを大量製造する技術開発成功し、特許取得した。現在、このアスパルテームを加工した一般向け商品パルスイート」の販売で、圧倒的なシェアを握っている。

(2002.09.20更新


アスパルテーム

分子式C14H18N2O5
慣用名アスパルタム、アスパルテーム、SC-18862、Aspartame、カンデレル、スイートジペプチド、ジペプチド甘味料Dipeptide sweetener、Canderel、Sweet dipeptideN-L-α-Aspartyl-L-phenylalanine 1-methyl ester、N-(α-Aspartyl)-L-Phe-OMe、N-(α-Aspartyl)-L-phenylalanine 1-methyl ester
体系名:L-Asp-L-Phe-OMe、N-L-α-アスパルチル-L-フェニルアラニン1-メチルL-αAsp-L-Phe-OMe、Asp-Phe-OMe、N-(α-アスパルチル)-L-Phe-OMe、N-(α-アスパルチル)-L-フェニルアラニン1-メチル


アスパルテーム

英訳・(英)同義/類義語:aspartame

甘味料として使われるオリゴペプチド商品名

アスパルテーム

ショ糖の約200倍の甘味度をもつアミノ酸系の高甘味度甘味料です。白色結晶性の粉末又は粒で、においがありません。

アスパルテーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/06 00:16 UTC 版)

アスパルテーム(aspartame、アスパルテイム、略称 APM ; 発音 /ˈæspərtm/ または /əˈspɑrtm/)とは、人工甘味料の一つである。ショ糖の100~200倍の甘味を持つ[2]


[ヘルプ]
  1. ^ Merck Index, 11th Edition, 861.
  2. ^ 「代用甘味料の利用法」『e-ヘルスネット』 厚生労働省、2010年10月31日閲覧。
  3. ^ 甘味料、発明対価1億8900万円 味の素特許訴訟判決 - 京都新聞、2004年2月24日。(2005年3月12日時点のアーカイブ
  4. ^ 厚生省「表5 食品添加物の年齢別摂取量」マーケットバスケット方式による年齢層別食品添加物の一日摂取量の調査 (平成12年12月14日 厚生省) (日本食品化学研究振興財団)
  5. ^ a b Henkel, John (1999). “Sugar Substitutes: Americans Opt for Sweetness and Lite”. FDA Consumer Magazine 33 (6): 12–6. PMID 10628311. オリジナルのJanuary 2, 2007時点によるアーカイブ。. http://replay.waybackmachine.org/20070102024642/http://www.fda.gov/fdac/features/1999/699_sugar.html. 
  6. ^ Magnuson, B. A.; Burdock, G. A.; Doull, J.; Kroes, R. M.; Marsh, G. M.; Pariza, M. W.; Spencer, P. S.; Waddell, W. J. et al. (2007). “Aspartame: A Safety Evaluation Based on Current Use Levels, Regulations, and Toxicological and Epidemiological Studies”. Critical Reviews in Toxicology 37 (8): 629–727. doi:10.1080/10408440701516184. PMID 17828671. 
  7. ^ Opperman JA et al; J NUTR 103 (10): 1460-6 (1973)
  8. ^ Trefz F et al; Human Genetics 93 (4): 369-74 (1994)
  9. ^ Butchko, H; Stargel, WW; Comer, CP; Mayhew, DA; Benninger, C; Blackburn, GL; De Sonneville, LM; Geha, RS et al. (2002). “Aspartame: Review of Safety”. Regulatory Toxicology and Pharmacology 35 (2 Pt 2): S1–93. doi:10.1006/rtph.2002.1542. PMID 12180494. 
  10. ^ FOOD ALLERGIES RARE BUT RISKY(1999年1月17日時点のアーカイブ
  11. ^ FDA Statement on Aspartame, November 18, 1996.(1997年5月5日時点のアーカイブ); —FDAによるアスパルテームと腫瘍に関する声明では、'70年代の脳腫瘍と関連を指摘した報告についてはPBOIのラットでの再試験では再現しなかったこと、それとともに日本での追加試験でも再現しなかったことを踏まえて承認したと説明している。またアスパルテームが上市されてからアメリカにおける脳腫瘍の疫学調査に有意な変化が見られないことも説明している。
  12. ^ BRYAN,GT; ARTIFICIAL SWEETENERS AND BLADDER CANCER: ASSESSMENT OF POTENTIAL URINARY BLADDER CARCINOGENICITY OF ASPARTAME AND IS DIKETOPIPERAZINE DERIVATIVE IN MICE; FOOD SCI. TECHNOL. 12(ASPARTAME):321-348, 1984
  13. ^ Aspartame's Safety Questioned Again
  14. ^ Artificial Sweeteners: No Calories ... Sweet!(2006年8月20日時点のアーカイブ
  15. ^ S Gallus, Artificial sweeteners and cancer risk in a network of case–control studies; Annals of Oncology 2007 18(1):40-44; doi:10.1093/annonc/mdl346
  16. ^ Environ Health Perspect. doi:10.1289/ehp.10881


「アスパルテーム」の続きの解説一覧





アスパルテームと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アスパルテームに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アスパルテーム」の関連用語

アスパルテームのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アスパルテームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2014 時事用語のABC All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2014 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスパルテーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS