アジピン酸エステルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > エステル > アジピン酸エステルの意味・解説 

アジピン酸エステル

アジピン酸エステルは無色液体です。プラスチック可塑剤として、レザー一般フィルムシートなどに利用されているほか、食品包装ラップ柔軟剤としても使用されています。ホルモン作用疑いがあるといわれており、水質汚濁防止法要調査項目300物質)に登録されています。

アジピン酸エステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/01/02 20:08 UTC 版)

アジピン酸エステル類(アジピンさんエステルるい)は、アジピン酸アルコールエステルの総称である。 アジピン酸ジイソノニルを代表とする高級アルコールのアジピン酸エステルは、低温柔軟性(耐寒性)を向上させる可塑剤として有用である。 (アジピン酸系可塑剤)。




「アジピン酸エステル」の続きの解説一覧





アジピン酸エステルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アジピン酸エステル」の関連用語

アジピン酸エステルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カリ長石

820SH

30系

カーリング

ラ・バゲット

ビンふたつ包み

おれんじHOPE

XL883L





アジピン酸エステルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアジピン酸エステル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS