アシベニイグチとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 菌類 > キノコ > アシベニイグチの意味・解説 

アシベニイグチ

学名Boletus calopus Pers. : Fr.
イグチ科 イグチ属)
アシベニイグチ
夏から秋にかけてシラビソツガなどの針葉樹林ブナ科広葉樹林内地上に発生する。山地から亜高山帯にかけての比較涼し地域多く見られるきのこのひとつである。 中形から大形になり、しっかりしているが味は苦く食用ならないまた、有毒であるという説もある。

特 徴
傘は初めまんじゅう形で後にはほぼ平らに開く。色は淡褐色から淡灰褐色表面初めひび割れみられる管孔黄色で傷つけると青変する。 初めは柄に直生し、傘が開くに従って離生になる。柄は赤色上部黄色がかる。表面には網目模様があり、傷つけると青変する。

アシベニイグチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/06 16:31 UTC 版)

アシベニイグチ(Boletus calopus)は北ヨーロッパで見られるイグチ科きのこの一種である。Christian Hendrik Persoonによって1801年に初めて記述され、そのカラフルな軸から、ギリシア語で「可愛い(καλος)」「足(πους)」という意味の言葉より命名された。ドイツ語でも「可愛い足のきのこ」を意味するSchönfußröhrlingと呼ばれる。




「アシベニイグチ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アシベニイグチ」の関連用語

アシベニイグチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クロハツ

ヒナアンズタケ

アシボソムラサキハツ

ツバアブラシメジ

アカモミタケ

マンネンタケ

コケイロヌメリガサ

シロアンズタケ





アシベニイグチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人農林水産技術情報協会社団法人農林水産技術情報協会
Copyright © 1998-2016 Agriculture, Forestry and Fisheries Technical Information Society. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアシベニイグチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS