アサツー_ディ・ケイとは?

アサツー ディ・ケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/31 03:45 UTC 版)

株式会社アサツー ディ・ケイ: ASATSU-DK INC.)は、日本広告代理店1999年1月1日に旭通信社と第一企画が合併して発足した。略称はADK(エーディーケー)[2]




  1. ^ 2014年6月1日より新デザインに変更。
  2. ^ かつてADKを名乗っていたゲームソフト開発企業・エーディーケイ(旧アルファ電子工業)が2003年に倒産したのを機に正式にADK表記を使用。製作関連作品の通り、途中からASATSU-DK表示をADKに変更している。
  3. ^ 2012年国内売上高順、広告経済研究所「広告と経済」2013年4月21日発行より
  4. ^ 「全員経営」に込められた創業者の思い
  5. ^ ADK独自のネット調査システム 「KNOTs(ノッツ)」
  6. ^ 隈研吾が設計。上層部は賃貸住宅。かつては洋画封切専門(松竹富士配給)の映画館「松竹セントラル1・2・3」「松竹大谷図書館」を擁する松竹本社ビルだった。
  7. ^ 虎ノ門ヒルズ森タワーに「ドラえもん会議室」が登場!」、『マイナビウーマン』2014年6月23日
  8. ^ 双葉社『ミラーマン大全』旭通信社『ミラーマン』担当 佐野吉秀インタビュー pp.250
  9. ^ 平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)入札広告
  10. ^ 入札広告には事業内容が示されている。平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)仕様書評価項目一覧
  11. ^ Twitter・ブログの原発情報監視事業に東京弁護士会が懸念表明 「弊害の方が大きい」 ITmediaニュース、2011年07月28日 15時20分
  12. ^ エネ庁の原発情報監視 本年度7000万円で契約 東京新聞、2011年7月28日朝刊
  13. ^ エネルギー庁:原発のメディア情報監視事業 ADK落札 毎日新聞、2011年7月28日
  14. ^ ADKとDACが合弁解消、ADKインタラクティブ解散へ Markzine 2011年8月29日







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アサツー_ディ・ケイに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アサツー_ディ・ケイ」の関連用語

アサツー_ディ・ケイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シェービングカッター

籠

珪亜鉛鉱

WTO

最上堰

キングリバー号

ニジイロクワガタ

ポケットナイフ





アサツー_ディ・ケイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアサツー ディ・ケイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS