アカガシとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > アカガシの意味・解説 

赤櫧

読み方:アカガシ(akagashi)

ブナ科常緑高木園芸植物


アカガシ

【英】:Quercus acuta
(ブナ科)


本州福島県および新潟県海岸に近いところから、南へむかって分布し、さらに、四国九州さらに斎州島、朝鮮半島南部にかけての温暖帯に広く生育しています。日本産のカシ類のうちで最も高いところまで分布している種です。常緑で、樹高20m、直径1mに達しカシ類の中では大きくなるほうです。日本では、一般的にいった場合、重硬な木材代表的なものの一として、カシの類の名が挙げられることが多いです。

木材
心材辺材は、前者淡紅褐色から赤褐色で、後者淡黄褐色ですが、両者の境はあまりはっきりとはしていません。もっとも、重硬な木材一つで、その気乾比重は0.80~0.87(平均値)~1.05です。保存性は日本産のうちでは中庸で、切削などの加工は困難なものの一つといえます。乾燥は容易ではなく表面仕上がりはとくによいとはいえません。

用途
かつては器具材、車両材、機械材、建築材、枕木薪炭材器具柄材、足駄歯、材など重硬な材料の必要な用途に、広い範囲わたって使われていましたが、需要変化、他材料進出資源減少などのため、われわれの目に触れる機会が減ってきました。それでも、比較的身近なものとして、木刀長刀ゲートボールあるいは屋内遊具にも使われています。


赤櫧

読み方:アカガシ(akagashi)

ブナ科常緑高木園芸植物

学名 Quercus acuta


赤樫

読み方:アカガシ(akagashi)

ブナ科常緑高木園芸植物

学名 Quercus acuta


アカガシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/10 04:27 UTC 版)

アカガシ(赤樫、学名:Quercus acuta)はブナ科コナラ属の常緑広葉樹。シノニムCyclobalanopsis acuta。別名、オオガシ(大樫)、オオバガシ(大葉樫)。


  1. ^ 東京都指定有形文化財の指定等について 東京都教育委員会ウェブサイト、2012年10月26日閲覧。
  2. ^ 教育庁報第585号 今月の主な内容 平成24年3月5日発行 (PDF) 東京都教育委員会ウェブサイト、2012年10月26日閲覧。


「アカガシ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アカガシ」の関連用語

1
100% |||||



4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

アカガシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アサダ

ヒノキ

ブナ

イタヤカエデ

クスノキ

ヒバ

エゴノキ

ツガ





アカガシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2017 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアカガシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS