アウラプテンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > アウラプテンの意味・解説 

アウラプテン

分子式C19H22O3
慣用名7-[(3,7-Dimethyl-2,6-octadienyl)oxy]-2H-1-benzopyran-2-one、アウラプテン、Auraptene、7-ゲラノキシクマリン、7-Geranoxycoumarin
体系名:7-[(3,7-ジメチル-2,6-オクタジエニル)オキシ]-2H-1-ベンゾピラン-2-オン


アウラプテン【C15H16O4】

分子式C15H16O4
慣用名メランギン、アウラプテン【C15H16O4】、Aurapten【C15H16O4】、Merangin、8-[(3,3-Dimethyloxiranyl)methyl]-7-methoxy-2H-1-benzopyran-2-one、7-Methoxy-8-(3,3-dimethylglycidyl)-2H-1-benzopyran-2-one、8-(3,3-Dimethyloxirane-2-ylmethyl)-7-methoxycoumarin
体系名:8-[(3,3-ジメチルオキシラニル)メチル]-7-メトキシ-2H-1-ベンゾピラン-2-オン、7-メトキシ-8-(3,3-ジメチルグリシジル)-2H-1-ベンゾピラン-2-オン、8-(3,3-ジメチルオキシラン-2-イルメチル)-7-メトキシクマリン


オーラプテン

分子式C19H22O3
慣用名7-ゲラニルオキシクマリン、アウラプテン【C19H22O3】、7-Geranyloxycoumarin、Aurapten【C19H22O3】、オーラプテン、7-[[(3E)-3,7-Dimethyl-2,6-octadienyl]oxy]-2H-1-benzopyran-2-one、アウラプテン【C19H22O3】、アウラプテン【C19223】、Aurapten
体系名:7-[[(2E)-3,7-ジメチル-2,6-オクタジエニル]オキシ]-2H-1-ベンゾピラン-2-オン、7-[[(3E)-3,7-ジメチル-2,6-オクタジエニル]オキシ]-2H-1-ベンゾピラン-2-オン


アウラプテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/01/12 02:34 UTC 版)

アウラプテン(auraptene、7-geranyloxycoumarin)は、天然の生理活性モノテルペンクマリンエーテルである。ミカン属 (Citrus) 植物から初めて単離された。アウラプテンは変性疾患英語版に対して顕著な予防効果を示す。げっ歯類モデルにおいて肝がん、皮膚がん、舌がん、食道がん、大腸がんに対してアウラプテンが化学的予防英語版剤となることが多くの研究によって示されている[1]。ヒトに対する効果は不明である。


  1. ^ Curini, M., Carvotto, G., Epifano, F. and Giannone, G Chemistry and Biological Activity of Natural and Synthetic Prenyloxycoumarins. Curr. Med. Chem. 2006, 13, 199-222. PMID 16472213.


「アウラプテン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アウラプテンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アウラプテン」の関連用語

アウラプテンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アウラプテンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアウラプテン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS