アイコとは?

Weblio 辞書 > 食品 > 山菜図鑑 > アイコの意味・解説 

ミヤマイラクサ イラクサ科

ミヤマイラクサ
イラクサ科
収穫時期 食べられる部位 清見町での呼び名
4月6月 新芽

イラ・アイコ


芽 葉 花

味わう

ゆでておひたし和え物、汁の実などに。

薬効

リュウマチ小児ひきつけ煎じ服用


DATA
山地生え多年草で、暗いの中の湿り気のある斜面を好む。丸みを帯びた卵形、縁に切れ込みがあって、先端がとがって尾のように伸び全体に刺をもっている。刺に刺されるといたく、採取の際には手袋が必要。
イラクサ仲間中国では蕁麻(じんま)といい、蕁麻疹じんましん)という病気は、イラクサの細かいトゲに刺されたあとにできる赤い発疹に似た症状になるところからつけられた呼称である。
【清見情報
昔からイラと呼んで、若菜食用にしたり、繊維を縄や織物材料にしてた。戦争中は同じ仲間のサカソウとともに供出したこともある。

アイコ

読み方:あいこ

  1. 放火ヲナシ騒擾ニ際シ窃盗スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・大阪府
  2. 放火ヲナシ、其騒擾ニ乗ジテ犯ス窃盗。〔第三類 犯罪行為
  3. 放火窃盗。〔大阪地方
  4. 放火して、そのさわぎに乗じて盗むとか、あばれるとか、とにかく目的をとげる。用例「あいこをかけてやったら、なきをいれてきた」(火をつけてやったらあやまってきた)。〔香具師不良
  5. 放火窃盗放火してそのさわぎに乗じてするもの。

分類 大阪府香具師不良


アイコ

読み方:あいこ

  1. 鍵ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・石川県

分類 石川県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

あいこ

(アイコ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/27 17:27 UTC 版)

日本語女性




「あいこ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アイコに関連した本

「アイコ」に関係したコラム

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アイコ」の関連用語

アイコのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウワバミソウ

ミツバウツギ

ナズナ

シオデ

たんぽぽ

ミツバ

マユミ

オオバギボウシ





アイコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ひだ清見観光協会ひだ清見観光協会
(C)2017 ひだ清見観光協会
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあいこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS