わかれるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > わかれるの意味・解説 

わか・れる [3] 【分かれる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 わか・る
一つであったものが別々の,区別できるまとまりとなる。 「この論文は五章に-・れている」 「三台に-・れて乗る」 「天地の-・れし時ゆ/万葉集 1520
道などがある点から方向異にする分岐する。 「道が-・れる」 「が-・れる」
一つにまとめることができない状態になる。差異生ずる。 「評価が-・れる」 「意見が-・れる」 「いづことも露のあはれは-・れじを/更級」 〔「分ける」に対す自動詞
表記わかれる分・別
「分かれる」は“一つのものが別々のいくつかになる。違いが生じる”の意。「タクシー三台分かれ乗る」「道が分かれる」「この作品については評価が分かれる」 別れるは“離れて去る”の意。「駅で友達別れる」「家族別れて暮らす」「夫婦別れる

わか・れる [3] 【別れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 わか・る
〔「分かれる」と同源
人や場所から離れて去る。 「駅で-・れる」 「夫婦が-・れて暮らす」 「たらちねの母を-・れて/万葉集 4348」 「いにし年,京を-・れし時/源氏 須磨
離婚する。また,死別する。 「 - ・れた妻」 「三歳で母に-・れた」


わかれる

カ行五段活用動詞「わく」の未然形である「わか」に、受身尊敬自発・可能の助動詞「れる」が付いた形。


沸かれる、湧かれる、涌かれる

読み方:わかれる

カ行五段活用動詞「沸く」「湧く」「涌く」の未然形である「沸か」「湧か」「涌か」に、受身尊敬自発・可能の助動詞「れる」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

わかれる

作者平岩弓枝

収載図書湯の宿の女
出版社角川書店
刊行年月1987.5
シリーズ名角川文庫

収載図書湯の宿の女
出版社東京文芸社
刊行年月1987.8




  • 画数:7
  • 音読み:ベツベチ
  • 訓読み:わかれる、 わける、 わかれ

  • 画数:5
  • 音読み:レイ、 リャウ、 リョウ
  • 訓読み:わかれる、 さく、 べつの、 べつに
  • ピンイン:ling4
  • 対応する英語:another, separate, other




  • 画数:13
  • 音読み:シ、 チ、 ジ、 イ
  • 訓読み:わかれる
  • ピンイン:chi3
  • 対応する英語:part
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「わかれる」の関連用語

わかれるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ニコニコメッセ

びなす

ピナコサウルス・グランゲリ

大雪山国立公園

リーフストローク

万内川十一号堰堤

ブラックランプHID

スクリムショー





わかれるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS