るなぱあくとは?

前橋市中央児童遊園(るなぱあく)もくば館

名称: 前橋市中央児童遊園(るなぱあく)もくば館
ふりがな まえばししちゅうおうじどうゆうえん(るなぱあく)もくばかん
登録番号 10 - 0246
員数(数): 1
員数(単位):
構造 木造平屋建鉄板葺、建築面積8.3電動木馬5基付
時代区分 昭和
年代 昭和29年
代表都道府県 群馬県
所在地 群馬県前橋市大手町3-16-3
登録基準 国土歴史的景観寄与しているもの
備考(調査): 前橋市市制施行60周年等を記念して開催された前橋グランド・フェアーの一環として建設
施工者:
解説文: 前橋市中心部に位置する前橋市中央児童遊園入口近くに建つ。間口4.5m奥行1.8m規模片流れ屋根で、外装は竪板張とする。正面は吹放ちで、前面木製階段付け内部には5基の電動木馬配する現存最古級の電動木馬一体的に残る遊園施設

前橋市中央児童遊園(るなぱあく)旧ラジオ塔

名称: 前橋市中央児童遊園(るなぱあく)旧ラジオ塔
ふりがな まえばししちゅうおうじどうゆうえん(るなぱあく)きゅうらじおとう
登録番号 10 - 0247
員数(数): 1
員数(単位):
構造 コンクリート一部石造、高さ4.9m
時代区分 昭和
年代 昭和8年昭和前期移設
代表都道府県 群馬県
所在地 群馬県前橋市大手町3-16-3
登録基準 国土歴史的景観寄与しているもの
備考(調査):
施工者:
解説文: 前橋市中央児童遊園の北側中央に建つ。ラジオ放送受信施設として日本放送協会前橋放送局開局併せて建設された。花崗岩基壇の上に、モルタル塗洗出し仕上げコンクリート躯体を載せた、高さ4.9mの常夜灯風の構造物わが国初期ラジオ放送関連施設

るなぱあく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/11 01:33 UTC 版)

るなぱあくは、群馬県前橋市にある遊園地。前身は「前橋市中央児童遊園」で、1954年(昭和29年)に開園した公立民営の遊園地である。2004年(平成16年)4月、市民公募によって「前橋るなぱあく」の愛称が付けられた。正式名称は前橋市中央児童遊園である。コンセプトは「にっぽんいちなつかしいゆうえんち」。




  1. ^ a b c d e f “日本一なつかしい遊園地 木馬10円、前橋るなぱあく”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年1月5日). http://www.47news.jp/CN/200801/CN2008010501000127.html 2014年4月14日閲覧。 
  2. ^ 2009年には、(中村製作所製ではなく)昭和鉄工(東京)製と判明した(「るなぱあく」の「10円木馬」、半世紀ぶりに“生みの親”と再会 群馬・前橋 産経新聞[リンク切れ])。
  3. ^ 前橋市発行の広報誌である「広報まえばし」2007年12月15日号No.1354の5ページにおいて確認済み


「るなぱあく」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「るなぱあく」の関連用語

るなぱあくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウルメイワシ

PC-8801

奥村 登

ドット

ピーシング針

横断歩道・自転車横断帯

筋

編み物用まち針





るなぱあくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2016 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのるなぱあく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS