ゆきおこしとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 但馬方言 > ゆきおこしの意味・解説 

ゆき おこし [3] 【雪起(こ)し】

春先で倒された植栽木を引き起こし支柱や縄で支えること。
雪国で,が降ろうとする時に鳴る[季] 冬。

ゆきお’こし

但馬方言共通語用例備考
ゆきお’こし 雪が降る直前発生する ゆきおこしがなっとるしけー、明日雪になるぞ。 方言といえるほどのものではないが、の多い但馬らしい語彙である。この項目を書いている今、「ゆきおこし」が激しくなっている。夜更け過ぎに、へと変わるだろう…。("Christmas Eve"の歌詞より。)

ゆきおこし【雪起こし】

品詞名詞
用例》「ゆきおこしがなっとるけえ、もうじきが降らあーぞい」(初雪予告するが鳴っているから、もうすぐ雪が降るでしょうね)。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ゆきおこしに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ゆきおこしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

インヨー石

ミニキャブ バン

ローディング・アーム

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念千円銀貨幣

Cクリップ

字牌

十石堀用水

ドッジボール





ゆきおこしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
但馬方言のページ但馬方言のページ
Copyright (C) 2000-2017 TANIGUCHI Yutaka
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2017 gonbe007

©2017 Weblio RSS