めじごてとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 造園工具事典 > めじごての意味・解説 

めじごて

敷石練積み石積み石張りなどの目地モルタル詰め、さらに、詰めモルタル押さえ仕上げるために細い棒状の鏝。  目地からはみ出しモルタル押さえ込んだり、石の表面付着したモルタルをかき落とすときにも使われる。  幅が違うものが何種類かあるので、目地幅によって使い分ける。  既製品目地鏝は一般に金属製だが、目地をより美しく仕上げるためには、竹などを材料にして手製でつくるとよい。自分使い勝手を十分に考えた形に工夫することができる。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

めじごてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウインチ

エンピ

ガーデンフォーク

剪定ノコギリ

かま

かなじめ

たがね

ブロアー





めじごてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2016 All rights reserved

©2016 Weblio RSS