みどりIIとは?

みどりII

分類:人工衛星


名称:環境観測技術衛星「みどりII」/AdvancedEarthObservingSatellite-II(ADEOS-II)
小分類:地球観測衛星
開発機関会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/環境庁(EA)/アメリカ航空宇宙局(NASA)/フランス国立宇宙研究センター(CNES)
運用機関会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げ年月日:2002年12月14日
運用停止年月日:2003年10月31日
打ち上げ国名機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:H-IIA
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)

みどりIIは、5つのセンサー搭載した地球観測衛星です。
高性能マイクロ波放射計(AMSR=Advanced Microwave Scanning Radiometer)は、地表大気から自然に放射されるごく弱いマイクロ波受信することで、に関するさまざまな量(水蒸気量、降水量海面水温海上風、海氷など)を昼、夜の区別なく、また有無に関わらず観測します。これによって、全地球規模水循環エネルギー循環把握するためのデータを得ます。
グローバル・イメージャ(GLI=Global Imager)は、地球表面などからの太陽反射光や、赤外放射光を多く波長観測することで、生物に関するさまざまな量(クロロフィル色素有機物植生など)や、温度雪氷分布分類などを測定します。そして、全地球規模炭素循環気候変動把握するためのデータを得ます。
改良大気周縁赤外分光計II型(ILAS-II=Improved Limb Atmospheric Spectrometer-II)は、南北半球高緯度地方大気微量成分(オゾンエアロゾルなど)の高度による分布観測します。
海上観測装置(Sea Winds)は、海上風の方向風速測定します。
地表反射光観測装置(POLDER=Polarization and Directionality of the Earth'sReflectances)は、地球表面エアロゾル海で反射される太陽光偏光方向性分光特性測定します。そして温室効果ガス増加による地球輻射潜在的影響対流圏におけるエアロゾル循環、全球的な炭素循環解明行ないます。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
翼をひとつ広げたような一翼式(太陽電池パドル)の形をしています。本体は約6m×4m×4m太陽電池パドルは約3m×24mの大きさです。
重量は約3.7t(打ち上げ時)/約1.3t(ミッション重量)で、姿勢制御方式は、3軸姿勢制御方式採用しています。
みどりIIは宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))開発した2つのセンサーのほかに、NASACNESなどにより開発された5つのセンサー搭載しています。

2.どんな目的使用されるの?
みどりIIは、みどりの観測ミッション(目的)を引き継ぐとともに地球温暖化など、地球規模環境変動研究のためのデータを取ることが目的です。さらにそうしたデータ気象漁業などへの実利用を図ること、観測技術開発高度化などを目的とします。


3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
打ち上げ後、予定どおり軌道乗り高性能マイクロ波放射計や、グローバル・イメージャ、改良大気周縁分光計II型、海上観測装置地表反射光観測装置などによる地球環境観測行ないました。またこだまやアルテミスとの衛星間通信実験にも成功しましたが、太陽電池パドルからの発生電力低下する異常が発生したため、現在は運用停止になり、異常発生原因調べられています。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
みどりがあります

5.どのように地球を回るの?
高度802.9km。公転周期101分(地球101分で1周します)、軌道傾斜約98.62度の太陽同期準回帰軌道です。太陽同期準回帰軌道とは、いつもほぼ同じ時刻同一地点の上空を通過するため、観測衛星向いている軌道です。また、地球の自転によって経路すこしずつずれていきますが、4日後には再び同じ時刻に同じ位置にもどっています(回帰周期)。

参考文献:大林辰蔵監修日本宇宙科学1952→2001東京書籍斎藤成文日本宇宙開発物語三田出版会


みどりII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/31 09:19 UTC 版)

みどりIIは、日本の地球観測技術衛星II型 (Advanced Earth Observing Satellite II 略称 ADEOS II)。宇宙開発事業団(NASDA)が、2002年(平成14年)12月24日 H-IIAロケット4号機により打ち上げた。地球観測プラットフォーム技術衛星「みどり」の後継機で、地球温暖化オゾン層の破壊、熱帯雨林の減少、異常気象など、地球規模での環境変化の実態把握のためのデータを取得するのが目的。 ADEOSの後継機として「みどり」の名まえを踏襲したが、“新生みどり”“新しい次世代のみどり”との意味から、「2号」ではなく「II」(ツー)と名付けた。[1]






「みどりII」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「みどりII」の関連用語

みどりIIのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

第2次国際微小重力実験室

ヘルクレス座

スポーツ

ロケットの制御

自然界の4つの力

レッドストーン

STS-61

フリーダムの開発





みどりIIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのみどりII (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS