ぼはんとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > ぼはんの意味・解説 

ぼ はん [0] 【墓畔】

墓地かたわら。 「人は-の夕暮を悲しいものだと云ふけれど/あめりか物語 荷風

ぼ はん [0] 【母斑】

皮膚の色や形の異常を示す先天性組織異常。出生時すでに存在し,後年になって現れる俗に青あざ・黒あざ・ほくろなどと呼ばれる

母斑

【仮名】ぼはん
原文nevus

メラニン形成細胞メラニン色素を作っている細胞)の塊で構成される、皮膚上に発生する良性(非がん性)の増殖物。母斑は通常暗色で、皮膚から隆起している場合もある。「nevus(母斑)」の複数形は「nevi」である。「mole(ほくろ)」とも呼ばれる




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ぼはん」の関連用語

ぼはんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

増髪

ヒメオコゼ

石川和義

アツバコモングサ

ハンドピック

アオバト

羽根谷砂防堰堤

沢尻





ぼはんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2017 Weblio RSS