へのことは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > へのこの意味・解説 

いん かく [0] 【陰核】

女性性器一部で,陰門前角にある小突起男性陰茎に相当する。陰梃いんていクリトリス

へ の こ [1] 【〈陰核〉】

陰茎


へのこ

  1. 男陰の俗称古く睾丸又は陰核異称たり。「女才学絵抄」「和名抄」に云、俗に閇字を男根(へのこ)とし開字を女陰(ぼぼ)とするは陰陽闢〓の義にとるなるべし」とあり。又、蜀山人著「金曽木」に「問、へのこと云ふは如何、答、後門傍ら在るものなれば屁の子といふか、隣近釈に近し」とあり。「女房の角はへのこで叩き折り」「親よりも栄花をしたは屁の息子」「なりも似て一字違ひは木の子なり」。
  2. 古は睾丸又は陰核称呼たりしも今は専ら男陰の称呼となれり。
  3. 陰茎のこと、変な子の意。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「へのこ」の用例一覧


へのこに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「へのこ」の関連用語

へのこのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

漁港

縦縞方竹

色打掛

ハロゲン処理

GMサーベイメータ

日野レインボー

第八十一玉高丸

黄淮海黒豚





へのこのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2016 Weblio RSS