ふごとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > ふごの意味・解説 

ふ ご [1] 【不語】

口に出して言わないこと。 「不言-」

ふご [1] [2] 【畚

物を運搬するために用いる竹や(わら)で編んだかご。もっこ。
びく。釣ったを入れるかご。

ふ ご [1] 【付語・附語】

付言(ふげん) 」に同じ。

ふご

ふご 地方名は、むしろびくという稲わら製品である。米麦等の穀類を入れ、天秤棒でかついで運搬や一貯蔵使用する容器である。使用目的によって、びく、泥びくなどの区別がある。穀物のほかに収穫した果実運搬大正時代から昭和にかけて使用された。高さ約45cm、口径約75cm、重さ3kgである。

フゴ

読み方:ふご

  1. 股引

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

エジコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/16 09:46 UTC 版)

(ふご から転送)

エジコ(嬰児籠)はかつての農村で、乳幼児を収納するために用いられた容器である。を編んで筒状にしたものだが、で作られる場合もある。地域によりイジコ・エンズコ(エンヅコ)・エヅメ・エジメ・イズミ(イヅミ、飯詰)・イヅミキ・コシキ・イブミ・ツブラ・ツグラ・チグラ・フゴ()・ヨサフゴともよばれる。


  1. ^ [1]


「エジコ」の続きの解説一覧


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ふご」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ふごのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

むしろ織

鋸

精米機

雁爪

乾式予察灯

金鍬

五丁鍬

背負子





ふごのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエジコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2016 Weblio RSS