ふくようきとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > ふくようきの意味・解説 

【複葉機】(ふくようき)

飛行機のうち、左右両側それぞれ2上の主翼を持つもの。

翼の面積広くなるため、低速でも大きな揚力を得られ、低速巡航する事ができる。
また、木製骨組みに布張り」という脆い構造でも実用耐える飛行機設計できた。
このため基礎技術未熟航空機黎明期には航空機主流であった。

反面抗力影響を受けやすく、高速発揮するのが難しい。
これは黎明期には考慮に値しない事柄であったが、大出力のエンジン普及すると深刻な欠点となった。
このため第二次世界大戦頃には単葉機シェアを奪われ、姿を消していった

例外的に、上昇性能巡航速度要求されない航空散布用の農業機としては未だに現役である。

長時間滞空高高度飛行のために大きな揚力を必要とする場面現代でもままある
しかし現代では単純に翼の数を増やすような事はせず、効率よく揚力を得られるよう特別に設計された単葉機が用いられる。

IMG_3611.jpg
Photo:MASDF




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ふくようき」の関連用語

ふくようきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タイコンデロガ

AN/AAQ-33

S-76

AGM-84

デルタ

プローブアンドドローグ

可変後退翼

航空母艦





ふくようきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2017 Weblio RSS