ばら積み貨物船とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 船舶 > > ばら積み貨物船の意味・解説 

ばら積み貨物船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/04 06:06 UTC 版)

ばら積み貨物船(ばらづみかもつせん、撒積貨物船)、あるいはバルクキャリア英語: bulk carrier)、バルカー (bulker) は、梱包されていない穀物鉱石セメントなどのばら積み貨物を船倉に入れて輸送するために設計された貨物船である。最初のばら積み専用貨物船が1852年に建造されて以来、経済的な理由によりこうした船の開発は促進され、規模を拡大させ洗練させてきた。今日のばら積み貨物船は容量・安全性・効率性を最大化しながらその任に耐えられるように特別に設計されている。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Office of Data and Economic Analysis, 2006:6.
  2. ^ Maritime Safety Committee's 70th Session, January 1999”. American Bureau of Shipping. 2007年4月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z Lamb, 2003.
  4. ^ Maritime Glossary”. The Transportation Institute. 2008年5月6日閲覧。
  5. ^ Acronyms and Abbreviations”. The Nautical Institute. 2007年4月12日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h Bulk Carrier - Improving Cargo Safety”. United Nations Atlas of the Oceans. 2007年4月9日閲覧。
  7. ^ a b Hayler, 2003:5–13.
  8. ^ a b c d e f Bruno-Stéphane Duron, Le Transport maritime des céréales, mémoire de DESS, 1999.
  9. ^ a b Ship”. 1911 Encoclopedia Britannica. 2007年4月12日閲覧。
  10. ^ a b c d International Maritime Organization, 1999:1.
  11. ^ a b Bulk Carriers”. United Nations Ocean Atlas. 2007年4月12日閲覧。
  12. ^ a b c d IMO and the safety of bulk carriers (PDF)”. International Maritime Organization. 2007年4月9日閲覧。
  13. ^ International Maritime Organization, 1999: 1, 2.
  14. ^ 資料によって分類はわずかに異なる、MAN Diesel Group 2005, p.4. UNCTAD 2006, p. xii.
  15. ^ Lamb, 2003 and the 2005 CIA World Factbookより、コモンズのグラフと表も参照
  16. ^ Lamb, 2003より、輸送トン数×輸送キロで計算した値
  17. ^ UNCTAD 2006, p. 41. 2005年時点での新造船価格
  18. ^ UNCTAD 2006, p. 42. 2005年時点での5年使用中古船の価格
  19. ^ a b c d e MAN Diesel Group, 2005, p. 3-4.
  20. ^ Kamsarmax 82BC”. Tsuneishi Corp.. 2007年4月12日閲覧。
  21. ^ a b “Handysize re-vamp: the next move in bulk carriers?”. The Naval Architect. (January 2006). 
  22. ^ Autoridad del Canal de Panamá 2005, pp. 11 – 12.
  23. ^ a b Improving the safety of bulk carriers (PDF)”. International Maritime Organization. 2007年4月9日閲覧。
  24. ^ a b International Maritime Organization, 1999:6.
  25. ^ Office of Data and Economic Analysis, 2006:1.
  26. ^ CHL INNOVATOR”. Port of Rijeka, Croatia. 2008年5月5日閲覧。
  27. ^ Lloyd's Register World Fleet Statistics Tables. London: Lloyd's. (2000). http://www.lrfairplay.com. 
  28. ^ UNCTAD 2006, p.11.
  29. ^ a b Office of Data and Economic Analysis, 2006:1.
  30. ^ a b UNCTAD 2006, p. 21.
  31. ^ a b UNCTAD 2006, p. 23.
  32. ^ Office of Data and Economic Analysis, 2006:2.
  33. ^ The CIA World Factbook, 2005”. cia.gov. 2007年4月9日閲覧。
  34. ^ a b Office of Data and Economic Analysis, 2006:4.
  35. ^ Gearbulk (2008年). “About Us”. Gearbulk Holding Limited. 2008年4月22日閲覧。
  36. ^ Fednav Group (2007年). “Fleet Owned”. Fednav Group. 2008年4月21日閲覧。 and Fednav Group (2007年). “Fleet Chartered”. Fednav Group. 2008年4月21日閲覧。
  37. ^ Atlantska Plovidba Fleet”. Atlantska Plovidba d.d. Dubrovnik.. 2007年4月15日閲覧。
  38. ^ H. Vogemann Group (2007年). “Fleet List (PDF)”. H. Vogemann Group. 2008年5月1日閲覧。
  39. ^ Portline Frota”. PORTLINE Transportes Marítimos Internacionais, S.A.. 2007年4月15日閲覧。
  40. ^ According to description of the main ship-owners, from the French Marine-Marchande website.
  41. ^ Stephenson Clarke Fleet”. Stephenson Clarke Shipping Ltd. 2007年4月15日閲覧。
  42. ^ The Cornships Fleet”. Cornships Management & Agency Inc.. 2007年4月15日閲覧。
  43. ^ a b c d Office of Data and Economic Analysis, 2006:5.
  44. ^ a b c d e f g UNCTAD 2005.
  45. ^ a b Bailey, Paul J. (2000年). “Is there a decent way to break up ships?”. Sectoral Activities Programme. International Labour Organization. 2007年5月29日閲覧。
  46. ^ Maritime Transport Coordination Platform (November 2006). “3: The London Tonnage Convention” (pdf). Tonnage Measurement Study. MTCP Work Package 2.1, Quality and Efficiency. Bremen/Brussels. pp. 3.3. http://ec.europa.eu/transport/maritime/studies/doc/2006_11_tonnage_measurement_study.pdf 2007年5月29日閲覧。. 
  47. ^ 様々な貨物船による航海を提供することに専門化した会社もある。例として、Freighter World Cruises
  48. ^ a b c d e f g h i j Lane, Tony (2001). Bulk Carrier Crews; Competence, Crew composition & Voyage Cycles. Cardiff University. 
  49. ^ MSC Circular 947: Safe Loading and Unloading of Bulk Carriers (PDF)”. International Maritime Organization. 2007年4月15日閲覧。
  50. ^ George, 2005:245.
  51. ^ a b c d e Packard, William V. (1985). Sea-trading. Fairplay Publications. 
  52. ^ a b c International Maritime Organization, 1999:7.
  53. ^ Hayler, 2003:5–11.
  54. ^ a b c Hayler, 2003:5–13.
  55. ^ George, 2005:341, 344.
  56. ^ a b c Ewart, W.D. (1984). Bulk Carriers. Fairplay Publications Ltd,. ISBN 0-905045-42-4. 
  57. ^ a b 吉識恒夫著、『造船技術の進展』、成山堂書店、2007年10月8日初版発行、ISBN 9784425303212
  58. ^ International Maritime Organization, 1999:7.
  59. ^ Hayler, 2003:5–9.
  60. ^ Hayler, 2003:5–11.
  61. ^ a b c d e f Improving the safety of bulk carriers (PDF)”. International Maritime Organization. 2007年4月9日閲覧。
  62. ^ Byrne, David (October 10 2001). “Hatch Covers on Bulk Carriers: The Effect on Procurement Costs of Changes in Design Pressure”. Conférence internationale RINA 
  63. ^ a b International Association of Classification Societies 2007, p. 21-1.
  64. ^ George, 2005:221.
  65. ^ International Maritime Organization, 1999:8.
  66. ^ “Concrete sandwiches: structural strength and safety for bulk carriers”. The Naval Architect. (February 2005). 
  67. ^ New IMO bulk carrier regulations enter into force on 1 July 1999”. International Maritime Organization. 2007年4月10日閲覧。
  68. ^ “NG-Bulk20: a new Turkish double-skin bulker design”. The Naval Architect. (November 2005). 
  69. ^ Det Norske Veritas (2003年5月28日). “Oshima looks ahead”. 2007年4月15日閲覧。
  70. ^ Oshima Hy-Con Bulker”. Oshima Shipbuilding Co., Ltd.. 2007年4月14日閲覧。
  71. ^ "Ultra Handymax" Semi-Double Hull Handymax Bulk Carrier”. Oshima Shipbuilding Co., Ltd.. 2007年4月10日閲覧。
  72. ^ Double-Hull Tanker Legislation: An Assessment of the Oil Pollution Act of 1990 (1998)”. Marine Board Commission on Engineering and Technical Systems. 2007年4月10日閲覧。
  73. ^ “Double-skin bulkers: paradise or problem?”. The Naval Architect. (May 2003). 
  74. ^ a b George, 2005:217.
  75. ^ a b George, 2005:218.
  76. ^ a b International Maritime Organization, 1999:8.
  77. ^ “Implications of commons structural rules”. The Naval Architect. (March 2006). 
  78. ^ International Maritime Organization, 1999:2.
  79. ^ International Maritime Organization, 1999:1,2.
  80. ^ a b International Maritime Organization, 1999:4.
  81. ^ a b c Kemp, John F. (1971). Notes on Cargo Work (3rd ed.). Kandy Publications. ISBN 0853090408. 
  82. ^ a b International Maritime Organization, 1999:5.
  83. ^ Formal Safety Assessment of Bulk Carriers, Fore-End Watertight Integrity'”. International Association of Classification Societies. 2007年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月9日閲覧。
  84. ^ International Maritime Organization, 1999:5,6.
  85. ^ International Maritime Organization, 1999:7,8.
  86. ^ Maritime Safety Committee's 71st Session, May 1999 (PDF)”. American Bureau of Shipping. 2007年4月10日閲覧。
  87. ^ Pioneers of Survival”. NOVA. 2007年4月10日閲覧。
  88. ^ Pioneers of Survival”. NOVA. 2007年4月10日閲覧。
  89. ^ a b Review of Lifeboat and Launching System Accidents (PDF)”. Marine Accident Investigation Branch. 2007年4月10日閲覧。







ばら積み貨物船と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ばら積み貨物船」の関連用語

ばら積み貨物船のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヒレナガカンパチ

生きた水・久留里

木バサミ

900系

舞扇

PC-6001

8000系

1000系





ばら積み貨物船のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのばら積み貨物船 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS