ばらとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > ばらの意味・解説 

さん 【散】

[1] ( 名 )
〘仏〙 精神統一がなされず,宗教瞑想に入っていない心の在り方あれこれ揺れ動く日常的な心の在り方。 ↔ (じよう)
( 接頭 )
位階を表す名詞に付いて,位だけがあって官職に就いていないことを表す。 「 -一位

【さん】[漢字]

【 三 】 [音] サン
みっつ。 「 三角三脚三傑三歳三人十三
みっつめ。 「 三等三流第三
みたび。たびたび。 「 三顧三省再三
三河(みかわ)国」の略。 「 三州
梵語音訳字。 「 三昧さんまい三摩耶さんまや(さまや)) 」
【 山 】 [音] サン ・セン
やま。 「 山河山岳山頂山脈山陽山麓さんろく火山 ・高山 ・鉱山登山(とざん)とうせん) ・霊山
鉱石を掘る所。 「 銅山廃山閉山
寺院。 「 山号開山本山
やまのような。きわめて多くあるさま。 「 山積
[音] サン
すぎ。 「 老杉
【 参 ( 參 ) 】 [音] サン ・シン
加わる。加える。つらなる。 「 参加参政参戦参禅参謀参列古参
まみえる。あう。 「 見参げんざん
まいる。
神仏などにおまいりする。 「 参詣参拝墓参
「行く」「来る」をへりくだって言う語。 「 参上
かなわない負ける。 「 降参
三河(みかわ)国」の略。 「 参州
数字「三」の大字金銭証書などに用いる。 「 金参拾万円
長短等しくないさま。また,入りまじるさま。 「 参差(しんし)
) 】 [音] サン
かけはし。 「 桟橋桟道雲桟
) 】 [音] サン
かいこ。 「 蚕業蚕糸蚕室蚕食養蚕
【 惨 ( 慘 ) 】 [音] サン ・ザン
むごたらしい。 「 《 サン惨害惨劇惨事凄惨せいさん 」 「 《 ザン惨殺惨死
【 産 】 [音] サン
うむ。子をうむ。 「 産院産婦産卵安産出産流産
つくり出す。また,つくり出されたもの。 「 産額産業産地水産生産増産名産
出身地。また,その土地生産されたもの。 「 国産 ・本県産
もとで。しんだい。 「 財産動産破産不動産
【 傘 】 [音] サン
かさ。かさに似たおおい。 「 傘下落下傘
【 散 】 [音] サン
ちる。ちらばる。ちらす。 「 散逸散会散華(さんげ)散在散兵散乱解散飛散分散離散
まとまりがない。 「 散漫
ほしいまま自由気まま。ひま。 「 散策散文散歩
位があって官職がない。 「 散位散官
【 盞[音] サン
さかずき。 「 酒盞杯盞
【 算 】 [音] サン
数をかぞえる。勘定する計算する。また,計算法。 「 算出算術算数暗算換算計算検算珠算通算筆算予算和算 ・加減算
はかる。はかりごと。 「 算段誤算心算成算
【 酸 】 [音] サン
すっぱい。す。 「 酸味甘酸
つらい。いたましい。 「 酸鼻辛酸
〘化〙酸性を示す化合物。 「 酸基塩酸硫酸
〘化〙「酸素」の略。 「 酸化酸欠
【 撒
⇒ さつ〔撒〕 [漢]
【 賛 ( 贊 ) 】 [音] サン
たすける。力をそえる。 「 賛助協賛
同意する。 「 賛意賛成賛同賛否
ほめたたえる文。 「 論賛
中に書く詩文。 「 画賛 」 〔「讃」の書き換え字としても用いられる〕
【 餐[音] サン
飲食する。また,飲食物。 「 加餐午餐正餐素餐晩餐風餐露宿
【 燦[音] サン
【 纂[音] サン
あつめる。 「 纂修纂輯(さんしゆう)纂述纂録雑纂編纂論纂
[音] サン
あられ。あられのように,細かいさま。 「 霰弾急霰
【 讃[音] サン
ほめたたえる文。また,画中に書く詩文。 「 画讃
〘仏〙仏の徳をたたえる言葉。 「 讃仏漢讃梵讃ぼんさん和讃
讃岐(さぬき)国」の略。 「 讃州 」 〔「賛」とも書き換えられる〕

ばら [1] 【散

本来ひとまとまりや組になっている物を,ばらばらに分けたもの。また,そのような状態。 「 -にして売る」 「 -で売る」
散銭ばらせん」の略。 「巾着より-ざらりと出して/露小袖 乙羽

ばら [1] 【肋

肋肉ばらにく」の略。

ばら [0] 【〈荊棘〉】

〔「うばら()」の転〕
とげのある低木総称。いばら。

ばら [0] 【〈薔薇〉】

〔「ばら(荊棘)」と同源
バラ科低木観賞用に栽培される。高さ1~3メートル達し,とげがあり,時につる性となる。奇数羽状複葉。花は重弁時に五弁。ヨーロッパ中国日本産の野生種交配改良したもので,多く系統がある。しょうび。そうび。 [季] 夏。

ばら 【輩

接尾
人を表す語に付いて,二人以上同類がいることを示す。ふぜい。たち。ども。ら。 「役人-」 「色を好む嫖客たわれお-は/当世書生気質 逍遥」 〔やや古風言い方。現在は相手を見下し場合に用いられることがある

バラ 【James Hamilton Ballagh】 ○


ばら 【薔薇】

バラ属観賞用植物古代ギリシアでは「花々の王」と呼ばれ、初め男性にみたてられたが、のち女王として扱われ、女神アフロディテ捧げる花となり、種々の伝説を生んだ。ローマ時代にはビーナスへと移り、愛・喜び・美・純潔象徴として結婚式花嫁が持つ。皇帝ネロ食堂黄金の間の天井からバラの花やその香りをつけたをまき散らしたので「バラのなかで暮らす」といえばぜいたくの表現となった。またローマでは一輪バラ天井につるし、その下で秘密の話をする風があり「バラの下で」といえば秘密の意になった。初期キリスト教ではビーナスの花を用いることはしなかったが、ローマ没後いつのまにキリスト教象徴とし、中世に聖母と結びつけた。とくにローマカトリックでは教皇によって祝福された黄金のバラ信仰深い王族貴族名門騎士文人教会都市などに贈るようになった四旬節第四日曜日を「バラ日曜日」と呼ぶ。墓や死者バラ供える風はギリシア・ローマ時代からある。

ばら(薔薇)

Rosa cv. Sommerwind

Rosa sp.

Rosa sp.

Rosa sp.

Rosa sp.

Rosa cv. Scabrosa

Rosa cv. Blush Boursault

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv. Hanabusa

Rosa cv. Ingrid Bergman

Rosa cv. Love

Rosa cv. McGredy's Yellow

Rosa cv. Amadeus

Rosa cv. Elveshorn

Rosa cv. Swany

Rosa cv. Baby Carol

Rosa cv. Rumba

Rosa cv. Polyantha

Rosa cv. Tera Carnival

Rosa cv. Strawberry Ice

Rosa cv. Nearly Wild

Rosa cv. Bridal Pink

Rosa cv. Strawberry Crush

Rosa cv. Marina

Rosa cv. Lady Rose

Rosa cv. Rosendorf Sparrieshoop

Rosa cv. Cocktail

Rosa cv. Manyo

Rosa cv. Carmen

Rosa cv. Salmon Gaujard

Rosa cv. Snow Goose

Rosa cv. Grand Canyon

Rosa cv. Moonlight

Rosa cv. Sommer Morgen

Rosa cv.

Rosa cv. Abraham Darby

Rosa cv. Astrid Grafin von Hardenberg

Rosa cv. Baron Girod de l'Ain

Rosa cv. Blue Bajou

Rosa cv. Brother Cadfael

Rosa cv. Butter Cup

Rosa cv. Celestial

Rosa cv. Crown Princess Margareta

Rosa cv. Dark Lady

Rosa cv. Father's Day

Rosa cv. French Lace

Rosa cv. Golden Wings

Rosa cv. Gruss an Aachen

Rosa cv. Kaleidoscope

Rosa cv. Lavaglut

Rosa cv. Magic Meidiland

Rosa cv. Mary Rose

Rosa cv. Mary

Rosa cv. Meiwonder

Rosa cv. Mme Legras de St. Germain

Rosa cv. Moonsprite

Rosa cv. Pierre de Ronsard

Rosa cv. Pink Bassino

Rosa cv. Ponderosa

Rosa cv. Radio Times

Rosa cv. Red Coat

Rosa cv. Rufus

Rosa cv. Saraband

Rosa cv. Scepterd Isle

Rosa cv. Schubert

Rosa cv. Sea Foam

Rosa cv. Shropshire Lass

Rosa cv. Sonia Rykiel

Rosa cv. Tropical Sherbet

Rosa cv. Trumpeter

Rosa cv. Yi Bang Fen

Rosa cv. Hanagasumi

Rosa cv. Murasakino

Rosa cv. Oharame

Rosa cv. Daimonji

Rosa cv. Miyakooji

Rosa cv. Ingrid Weibull

Rosa cv. Candella

Rosa cv. Double Delight

Rosa cv. Fire Glow

Rosa cv. Mainau Feuer

Rosa cv. Marie Antoinette

Rosa cv. Lovely Fairy

Rosa cv. Lovely Meilland

Rosa cv. Lady Gay

Rosa cv. Hatsu-yuki

Rosa cv. Sekkei

Rosa cv. Princess Masako

Rosa cv. Aiko

Rosa cv. Grand Cayon

Rosa cv.

Rosa cv.

北半球亜熱帯から熱帯原産です。古くから美の象徴とされ、数多く神話伝説が生みだされました。もともとは一重咲き野生の「バラ」でしたが、交配をかさねた結果、現在では約2万種品種あります写真上は「サマーウインドcv. Sommerwind)」中5は「スカブロサ(cv. Scabrosa)」中6は「ブラッシュブールソー(cv. Blush Boursault)」中17は「花房cv. Hanabusa)」中18は「イングリッドバークマン(cv. Ingrid Bergman)」中19は「ラブcv. Love)」中20は「マクグレディズイエロー(cv. McGredy's Yellow)」中21は「アマデウスcv. Amadeus)」中22は「エルベショーン(cv. Elveshorn)」中23は「スワニーcv. Swany)」中24は「ベイビーキャロル(cv. Baby Carol)」中25が「ルンバcv. Rumba)」中26が「ポリアンサ(cv. Polyantha)」。中27が「テラカーニバル(cv. Tera Carnival)」中28が「ストロベリーアイス(cv. Strawberry Ice)」中29が「ニアリーワイルド(cv. Nearly Wild)」中30が「ブライダルピンクcv. Bridal Pink)」中31が「ストロベリークラッシュ(cv. Strawberry Crush)」中32が「マリナcv. Marina)」中33が「レディローズ(cv. Lady Rose)」中34が「ローゼンドルフシュパリースフープ(cv. RosendorfSparrieshoop)」中35が「コクテールcv. Cocktail)」中36が「万葉cv. Manyo)」中37が「カルメンcv. Carmen)」中38が「サーモンゴジャール(cv. Salmon Gaujard)」中39が「スノーグースcv. Snow Goose)」中40が「グランドキャニオンcv. Grand Canyon)」中41が「ムーンライトcv. Moonlight)」中42が「ゾムマーモルゲン(cv. Sommer Morgen)」中44が「アブラハムダービー(cv. Abraham Darby)」中45が「アストリットグレーフィンフォンハルデンベルグ(cv. AstridGrafin von Hardenberg)」中46が「バロンジロードラン(cv. Baron Girod de l'Ain)」中47が「ブルーバユー(cv. Blue Bajou)」中48が「ブラザーカドフィール(cv. Brother Cadfael)」中49が「バターカップcv. Butter Cup)」中50が「セレスシャル(cv. Celestial)」中51が「クラウンブリンセスマルガレータ(cv. Crown PrincessMargareta)」中52が「ダークレディ(cv. Dark Lady)」中53が「ファーザーズデイcv. Father's Day)」中54が「フレンチレース(cv. French Lace)」中55が「ゴールデンウィングス(cv. Golden Wings)」中56が「グラスアンアーベン(cv. Gruss an Aachen)」中57が「カレイドスコープcv. Kaleidoscope)」中58が「ラヴァグルト(cv. Lavaglut)」中59が「マジックメイディランド(cv. Magic Meidiland)」中60が「メアリーローズcv. Mary Rose)」中61が「マリーcv. Mary)」中62が「メイワンダー(cv. Meiwonder)」中63が「マダムルグラドゥサンジェルマン(cv. Mme Legras de St.Germain)」中64が「ムーンスプライト(cv. Moonsprite)」中65が「ピエールドロンサールcv. Pierre de Ronsard)」中66が「ピンクバシーノ(v. Pink Bassino)」中67が「ポンデローザ(cv. Ponderosa)」中68が「ラジオタイムス(cv. Radio Times)」中69が「レッドコート(cv. Red Coat)」中70が「ルフスcv. Rufus)」中71が「サラバンドcv. Saraband)」中72が「セプタードアイル(cv. Scepterd Isle)」中73が「シューベルトcv. Schubert)」中74が「シーフォーム(cv. Sea Foam)」中75が「シュロプシャーラス(cv. Shropshire Lass)」中76が「ソニアリキエルcv. Sonia Rykiel)」中77が「トロピカルシャーベット(cv. Tropical Sherbet)」中78が「トランペッターcv. Trumpeter)」中79が「一棒紛(cv. Yi Bang Fen)」中80が「花霞cv. Hanagasumi)」中81が「紫野cv. Murasakino)」中82が「大原女cv. Oharame)」中83が「大文字cv. Daimonji)」中84が「都大路cv. Miyakooji)」中85が「イングリッドウェイブル(cv. Ingrid Weibull)」中86が「キャンデラcv. Candella)」中87が「ダブルデイライト(cv. Double Delight)」中88が「ファイアーグロー(cv. Fire Glow)」中89が「マイナウフォイヤー(cv. Mainau Feuer)」中90が「マリーアントワネットcv. Marie Antoinette)」中91が「ラブリーフェアリー(cv. Lovely Fairy)」中92が「ラブリーメイアン(cv. Lovely Meilland)」中93が「レディゲイ(cv. Miyakooji)」中94が「初雪cv. Hatsu-yuki)」中95が「雪景cv. Sekkei)」中96が「プリンセス雅子cv. Princess Masako)」中97が「愛子cv. Aiko)」中98が「グランドキャニオンcv. Grand Canyon)」
バラ科バラ属常緑低木で、学名Rosa sp.(属の総称)。英名は Rose
バラのほかの用語一覧
バラ:  木香薔薇  野薔薇  浪花茨  薔薇
ビワ:  枇杷
ファルギア:  アパッチプルーム
ヘビイチゴ:  蛇苺

ばら

  1. 銅貨或は土方をいふ。

ばら

  1. 土方稼業者。〔第二類 人物風俗

ばら

  1. 銅貨。〔第七類 雑纂

ばら

  1. 客足の少い事、観客不入りなこと。〔歌舞伎

分類 歌舞伎


ばら

  1. 不良行橋

バラ

読み方:ばら

  1. 二。〔植木商〕

分類 植木


薔薇

読み方:ばら

  1. 美人だが付添がある、固い女だとの意。

分類 不良青少年軟派

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

バラ

(ばら から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/23 02:16 UTC 版)

バラ薔薇)は、バラ科バラ属の総称である[1][2][3]。あるいは、そのうち特に園芸種(園芸バラ・栽培バラ)を総称する[1]。ここでは、後者の園芸バラ・栽培バラを扱うこととする。




[ヘルプ]
  1. ^ 語頭母音の脱落による。「いだく → 抱く」「いづ(る) → 出る」「いまだ → まだ」などと同様の変化。
  2. ^ 2013年にリニューアルされるまでは243種、株数は国内第4位の22,000株だった
  1. ^ a b 小林義雄 (1972), “バラ”, in 相賀徹夫, 万有百科大事典 19 植物 
  2. ^ 亀岡泰家 (1993), “バラ”, in フランク・B・ギブニー, ブリタニカ国際大百科事典, 第2版改訂版 
  3. ^ 日外アソシエーツ, ed. (2008), “バラ”, 植物3.2万名前大辞典, 紀伊國屋書店 
  4. ^ TOTOSK KITCHEN Vol. 24 ローズウォーターにんじんのローズグラタン _ dacapo (ダカーポ) the web-magazine(2014年11月18日閲覧)
  5. ^ a b c d e f g バラをたどる:バラの歴史|蓬田バラの香り研究所(2014年11月18日閲覧)
  6. ^ 日本一長い“バラのトンネル” 川島平成の森公園、ライトアップも - 埼玉新聞. (2016年5月14日)、2016年5月21日閲覧。
  7. ^ 県内最大の「バラ園」伊奈町制施行記念公園 - 伊奈町商工会、2016年5月21日閲覧。
  8. ^ バラ園(町制施行記念公園) - 伊奈町. (2016年5月20日)、2016年5月21日閲覧。
  9. ^ World Rose Awards(英語)
  10. ^ Atsuhime - かのやばら園植栽図鑑2014年11月18日閲覧
  11. ^ 靭公園バラ園2015年3月7日閲覧



ばら

出典:『Wiktionary』 (2010/11/07 04:17 UTC 版)

名詞:樹木

ばら 【, 荆, 薔

  1. 荊棘, 荆 )いばら、とげのある低木総称
  2. 薔薇バラ科バラ属の木の総称。特にその樹木のつける花。(夏の季語)
  3. 薔薇(いろ)一つ薔薇色

語源

  • (いばら)古くは「うばら、むばら」)より

発音

関連語

翻訳

名詞:肋

ばら

  1. 肋肉ばらにく(←あばら肉)の略。

名詞:散

ばら

  1. まとまってになっている物が、別々になった個々の物。

発音





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ばらに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ばら」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

ばらのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

甘茶

紅花襤褸菊

フィテウーマ・ショイヒツェリー

アスター・ヒマライクス

林檎

クレマチス・アンシュネンシス

黄苑

ユーフォルビア・パルストリス





ばらのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2017 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのばら (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS