は くちょうとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 消防装備 > は くちょうの意味・解説 

はく ちょう -ちやう [0][3] 【白張・白丁】

〔「白張(しらは)り」の音読み
(のり)をこわくつけた白布狩衣かりぎぬ官人奴僕などが着た。小張(こはり)しらはり。 「 -に立烏帽子きたる男の/著聞 2
を着た者。諸官司神社などの雑役や,貴族などの従者傘持ち・沓(くつ)持ち馬丁などをする者。 → はくてい(白丁)

はく てい [0] 【白丁】

律令制で,官途につかず,口分田班給されて税を納め課役負担する者。無位無官公民
朝鮮被差別民高麗時代には一定の職役負担せず,土地支給も受けない農民指したが,朝鮮王朝時代被差別民呼称となり,身分職業住居服装結婚などで激し差別を受けた。

はく ちょう -てう [0] 【白鳥】

カモ目カモ科大形水鳥全身白色で,くびが長い日本にはシベリアなどから冬鳥として渡来する。全国湖沼や湾で越冬青森県小湊新潟県瓢湖(ひようこ)渡来地は天然記念物指定されている。オオハクチョウ・コハクチョウ・コブハクチョウなどの種類がある。 [季] 冬。 《 -といふ一巨花をに置く /中村草田男
白鳥徳利 」に同じ。

はくちょう はくてう 【白鳥】 ○


消防ヘリコプター

中型ヘリコプター
写真
大型ヘリコプター
写真

 消防ヘリコプターは、中型3機(ちどり・かもめ・つばめ)、大型3機(ひばり・ゆりかもめ・はくちょう)の合計6機が就航し、空から消火救助情報収集救急患者搬送等を行っています。

諸元性能(ちどり)
全長13.68m(主回転翼を含む)
燃料タンク容量1,158L
全幅11.94m(主回転翼を含む)
燃料消費量350L/h
全備重量4,250kg
スリング能力1,600kg
最大速度315km/h
ホイスト能力272kg
巡航速度260km/h、製造会社ユーロコプター
航続距離715km AS365N2(ドーファンII
航続時間時間45分、座席13席(かもめ・つばめは14席)
諸元性能(ひばり)
全長18.7m(主回転翼を含む)
燃料タンク容量2,743L
全幅15.6m(主回転翼を含む)
燃料消費量650L/h
全備重量8,600kg
スリング能力3,000kg
最大速度278km/h、ホイスト能力272kg
巡航速度256km/h、製造会社ユーロコプター
航続距離1,012km、AS332L1型(スーパーピューマ
航続時間時間58座席23席(ゆりかもめ・はくちょうは27席)


はくちょう

分類:人工衛星


名称:第4号科学衛星「はくちょう」(CORSA-b)
小分類:科学衛星
開発機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1979年2月21日
運用停止年月日:1985年4月15日
打ち上げ国名機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3C
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
国際標識番号:1979014A

CORSA-bは、1976年2月4日打ち上げ軌道投入失敗したCORSA代替衛星で、3年後の1979年2月21日には姿勢基準装置改良したM-3Cロケットによって打ち上げ成功第4号科学衛星「はくちょう」命名されました。はくちょうは「すだれ型X線コリメーター」と呼ばれる観測機器を搭載した初の観測衛星で、X線星、X線バースト硬軟X線星雲などの観測を行なっています。
すだれコリメーター東大宇宙航空研究所X線観測責任者で、後に宇宙科学研究所長となる小田稔教授発明で、すだれ状の格子重ねることによって星の光入射角をより正確に検知できるようになりました。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
はくちょうの基本構造CORSA同様の8角柱形で、直径75.5cm、高さ65.5cm、重量96kg。ゆっくり回転しながら軌道周回X線コリメーターによる走査行ないます。

2.どんな目的使用されるの?
はくちょうは広視野X線コリメーターにより、X線星、X線バースト硬軟X線星雲などを観測中性子星ブラックホールの謎に挑みました。中でも、強いX線放射しているはくちょう座X-1呼ばれるブラックホール推定される天体が主要ターゲットで、「はくちょう」という名称はここに由来しています。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
強いX線放射する天体としては、連星ガス高速吸い込む際にX線バースト呼ばれる爆発的X線放射行なう中性子星が知られています。はくちょうは打ち上げから47日目4月9日に、はくちょう座の大バースト発見その後いくつかのX線バースト発見しました。このほか、1981年までの観測間中国内およびヨーロッパ南アメリカ天文台同時観測をおこなって、中性子星大きさ自転ふらつきなどの新発見寄与しました。また、ガス吸入にともなうX線バースト見られることからブラックホールの有力候補とされている、はくちょう座X-1観測行ないました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
X線観測衛星としては、欧米のウフルーやアインシュタインがよく知られていますが、アインシュタイン1981年機能停止して以降日本独壇場で、はくちょうのひのとり、てんま、ぎんが、あすかなどが相次いで打ち上げられています。

5.どのように地球を回るの?
高度545〜577km、傾斜30度、周期96分の円軌道です。

参考文献:大澤弘之・監修日本ロケット物語三田出版会斎藤成文日本宇宙開発物語三田出版会山中龍夫的川泰宣宇宙開発おはなし日本規格協会


はくちょう 【白鳥】

カモ目カモ科水鳥。姿が優美なので神話にとり上げられている。ゼウスは白鳥に変身してレダに近づいたという。伝説でも幸福の国からの使者として現れる水浴するために脱いだ羽衣を、男に取られてしまい、心ならずも地上での生活をするが、やがて羽衣を手にし、白鳥になって飛び去るという話(白鳥処女)は、洋の東西見られる。同じモチーフ男性移して「白鳥の騎士伝説がある。白鳥は臨終妙なる声で歌うといわれ、芸術家最後作品を「白鳥の歌」といったりする。日本では倭建命の霊が白鳥になったという話が有名。穀霊神ともされる。

白丁

読み方:はくちょう,はくちよう

  1. 白色首長一升又は二升入の徳利をいふ。
  2. 徳利のこと、白き焼きにいふ。

分類 東京


白鳥

読み方:はくちょう

  1. 豆腐ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・石川県

分類 石川県


白鳥

読み方:はくちょう

  1. 美しい人意地悪な人を云ふ。

分類 学生

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ハクチョウ

(は くちょう から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/08 23:25 UTC 版)

ハクチョウ(白鳥、swan)とは、カモ科の7種の水鳥の総称。シベリアオホーツク海沿岸で繁殖し、冬季は温暖な日本などへの渡りをおこない越冬する大型の渡り鳥である。




「ハクチョウ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「は くちょう」の関連用語

は くちょうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

ワームホール

水槽付ポンプ車

有人飛行打ち上げ競争

山岳救助車

アポロ14号

フロントポンプ型

ジェミニ3号

重機搬送車





は くちょうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
東京消防庁東京消防庁
Copyright (C) 2017 東京消防庁 All rights reserved.
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハクチョウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS