のん (女優)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > のん (女優)の意味・解説 

のん (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/19 06:33 UTC 版)

のん1993年7月13日[3][4] - )は、日本女優ファッションモデル芸術家[注 2]。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 2016年6月で契約終了と報道される一方で、レプロエンタテインメント側は契約更新について協議中としている。
  2. ^ 「創作あーちすと」を自称している[5][6]
  3. ^ 報道などではのん(本名:能年玲奈)などのように表記される場合がある[9]
  4. ^ “GMTスペシャルユニット feat.アメ横女学園芸能コース”にて「暦の上ではディセンバー」を、足立ユイ役を演じた橋本愛と“潮騒のメモリーズ”で「潮騒のメモリー」の1番を歌唱、最後は出演者全員により「地元に帰ろう」を合唱した[21]
  5. ^ 8月30日に東北日本一帯を襲った台風10号により久慈川が氾濫し、久慈市の中心市街地が浸水し大きな被害を受けたため、2016年の「久慈秋まつり」は中止となった[30]
  6. ^ なお、本人および母は『週刊文春』の取材に対し“洗脳”を否定している[44][45]
  7. ^ 同事務所の公式サイトにも能年の名前は掲載されたままである。
  8. ^ JR西日本姫路駅の南西側にあたる。
  9. ^ 短編映画。劇場未公開作品。
  10. ^ スピンオフ作品「純子の手帳」では主演を務めている。当該作品はYouTube公式チャンネル「ミトカナイトフジ!」で公開された。
  11. ^ 第64回NHK紅白歌合戦に出演。
  12. ^ 鍵のかかった部屋』スピンオフ企画。
  13. ^ PVとCDジャケットに出演。

出典

  1. ^ CM NOW Vol.188』、玄光社、 70頁、2017年8月19日閲覧。
  2. ^ 【インタビュー】能年玲奈、一転不良少女「自分でも見たことない表情」”. スポーツ報知 (2014年8月3日). 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月5日閲覧。
  3. ^ a b のん 公式サイト”. non. 2017年7月30日閲覧。
  4. ^ a b c アーティスト”. レプロエンタテインメント. 2014年1月22日閲覧。
  5. ^ のん オフィシャルブログプロフィール欄。2017年1月31日閲覧。
  6. ^ a b c d 週刊文春」編集部 (2017年4月2日). “女優“のん”の初著作はやっぱりすごい。“あーちすと”を名乗る理由”. 文春オンライン (文藝春秋社). http://bunshun.jp/articles/-/1931 2017年7月30日閲覧。 
  7. ^ a b 能年玲奈“2つの地元”にみる女優開花の秘密 豊かな自然で伸び伸び演技”. ZAKZAK (2013年9月27日). 2013年10月17日閲覧。
  8. ^ a b c 三宅晃貴 (2017年7月15日). “神河町出身のんさん地元PR 自治体で起用相次ぐ”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201707/0010373428.shtml 2017年7月30日閲覧。 
  9. ^ a b “秋まつりにのんさん(本名:能年玲奈)がゲスト出演します!”. 久慈市サイト. (2016年8月18日). オリジナル2016年8月24日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160824061758/http://www.city.kuji.iwate.jp/s/syoukouka/kankoubusan-g/28akimaturi_guest.html 2016年8月27日閲覧。 
  10. ^ a b c 本人からのメッセージ動画を公開! 能年玲奈が「のん」に改名して再出発”. FRIDAY. 講談社 (2016年7月14日). 2016年7月14日閲覧。
  11. ^ a b “能年玲奈さん改名、「のん」に 「事務所との関係考慮」”. 朝日新聞デジタル. (2016年7月15日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7H4QN8J7HUCVL00L.html?iref=com_rnavi_arank_nr01 2016年7月15日閲覧。 
  12. ^ a b c 能年玲奈が「のん」になって得たものと失ったもの”. 講談社・現代ビジネス (2016年11月13日). 2016年12月3日閲覧。
  13. ^ a b 「ニコラ」2006年10月号10頁、「第10回ニコラモデルグランプリ大決定!!」
  14. ^ “【緊急座談会】松平定知×碓井広義×中森明夫 じぇじぇじぇ! 連ドラ『あまちゃん』にハマっちゃったべ”. 週刊現代. (2013年6月1日) 
  15. ^ a b “第11代「カルピスウォーター」CMキャラクターに能年玲奈さんを起用” (PDF) (プレスリリース), カルピス, (2012年3月14日), オリジナル2013年5月24日時点によるアーカイブ。, http://megalodon.jp/2013-0524-1228-16/prtimes.jp/data/corp/4819/f19e27174bcfb1c0567b2afcf50b7544.pdf 2013年5月閲覧。 
  16. ^ a b 19歳・能年玲奈、人生初受賞 役作りで髪バッサリ…第37回報知映画賞・新人賞”. シネマ報知. 報知新聞社 (2012年11月27日). 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月30日閲覧。
  17. ^ 2/8(金)能年玲奈オフィシャルファンクラブ「くるぶし」開設のおしらせ”. レプロエンタテインメント (2013年2月8日). 2014年1月22日閲覧。
  18. ^ 能年玲奈、朝ドラの起用理由は「不器用さ」会見でもユニーク発言連発”. オリコンキャリア. オリコン (2012年7月26日). 2013年10月17日閲覧。
  19. ^ 『あまちゃん』7冠! 東京ドラマアウォード2013授賞式”. オリコンスタイル. オリコン (2013年10月22日). 2013年10月22日閲覧。
  20. ^ a b 週刊ザテレビジョン2013 No.47』、角川マガジンズ、 3-10頁、2013年11月20日閲覧。
  21. ^ 「あまちゃん」紅白ジャック! アキ、ユイらが「潮騒のメモリー」”. 産経デジタル (2013年12月31日). 2013年1月5日閲覧。
  22. ^ 2014年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. エランドール. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2016年8月27日閲覧。
  23. ^ 第6回 TAMA映画賞”. TAMA CINEMA FORUM (2014年10月9日). 2014年10月9日閲覧。
  24. ^ 能年「100点」受賞スピーチ/映画大賞日刊スポーツ、2015年1月16日閲覧。
  25. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月15日閲覧。
  26. ^ “能年玲奈、久しぶりテレビにネットで歓喜の声続”. オリコンニュース. (2016年7月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2075191/full/ 2016年7月22日閲覧。 
  27. ^ “能年玲奈 岩手県庁を訪問、改名後初仕事か 達増知事「お帰り」と大歓迎”. デイリースポーツ online. (2016年8月9日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/08/08/0009367733.shtml 2016年8月29日閲覧。 
  28. ^ 山田貴子 (2016年8月18日). “能年玲奈“のん”として新ブログをスタート!ハジけまくり写真6枚”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0085391 2016年8月24日閲覧。 
  29. ^ ““能年玲奈“改め“のん“さん 『LINEブログ』と『Instagram』開始”. ガジェット通信. (2016年8月18日). http://getnews.jp/archives/1508544 2016年8月22日閲覧。 
  30. ^ “久慈秋まつり中止 台風10号被害を受け”. 岩手日報Webnews. (2016年9月5日). オリジナル2016年9月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160921142243/https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20160905_13 2016年9月10日閲覧。 
  31. ^ a b 佐藤美鈴 (2016年8月24日). “のんさん、アニメ映画初主演「地面から浮いちゃいそう」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASJ8R6X8FJ8RUCVL02C.html 2016年8月24日閲覧。 
  32. ^ “女優のん「この世界の片隅に」主人公の声優に決定!本予告完成”. 映画.com. (2016年8月24日). http://eiga.com/news/20160824/1/ 2016年8月27日閲覧。 
  33. ^ “この世界の片隅に:「徹底的なリサーチ力」と「SNSの力」で異例の大ヒット 映画のプロたちが絶賛”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (MANTAN). (2016年12月25日). https://mantan-web.jp/article/20161225dog00m200003000c.html 2017年7月29日閲覧。 
  34. ^ a b “のん、「ヨコハマ映画祭」審査員特別賞を受賞、ブログで喜び「すずさんW受賞!すごい!」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年12月3日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161203-OHT1T50138.html 2016年12月3日閲覧。 
  35. ^ a b “高崎映画祭作品賞は「淵に立つ」、「この世界の片隅に」のん&片渕がホリゾント賞に”. 映画ナタリー. (2017年1月6日). http://natalie.mu/eiga/news/215917 2017年1月6日閲覧。 
  36. ^ a b 2016年度日本インターネット映画大賞日本映画部門最終結果”. 日本インターネット映画大賞 (2017年2月10日). 2017年3月12日閲覧。
  37. ^ a b 全国映連 2016年度全国映連賞を発表します。”. 全国映連(映画鑑賞団体全国連絡会議) (2017年2月20日). 2017年3月12日閲覧。
  38. ^ a b 第11回 声優アワード:受賞者 発表!主演男優・女優賞は『君の名は。』主人公&ヒロインがW受賞、歌唱賞にAqours(アクア)”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2017年3月18日). 2017年3月18日閲覧。
  39. ^ a b 木村信行 (2017年4月18日). “のんさん、故郷の神河巡る 初のアートブック出版”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201704/0010105870.shtml 2017年7月30日閲覧。 
  40. ^ “のんが新レーベル「KAIWA(RE)CORD」設立 音楽活動を本格スタート”. CINRA.NET (CINRA). (2017年8月3日). https://www.cinra.net/news/20170803-non 2017年8月3日閲覧。 
  41. ^ “のん、新レーベル立ち上げ音楽活動開始「楽しんで参りたいと思います」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年8月3日). http://natalie.mu/music/news/243364 2017年8月3日閲覧。 
  42. ^ “「のん」こと能年玲奈が新事務所「株式会社non」設立、復帰第1弾は“小泉今日子プロデュース舞台”か”. livedoorニュース. (2016年7月21日). http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11791341/ 2016年7月22日閲覧。 
  43. ^ “(本日の紙面・1面)スクープ!能年玲奈“洗脳”騒動”. 東京スポーツ. (2015年4月25日). http://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/%EF%BC%94%E6%9C%88%EF%BC%92%EF%BC%95%E6%97%A5%EF%BC%88%E5%9C%9F%EF%BC%89%E7%99%BA%E8%A1%8C/ 2015年7月26日閲覧。 
  44. ^ “能年玲奈母が独占告白「引退、洗脳報道はウソです」”. 週刊文春WEB (文藝春秋). (2016年6月1日). オリジナル2016年6月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160601121121/http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6207 2016年8月27日閲覧。 
  45. ^ “能年玲奈が独立後初告白「辛いことは削ぎ落とす」”. 週刊文春WEB (文藝春秋). (2016年7月13日). オリジナル2016年7月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160713075656/http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6361 2016年8月27日閲覧。 
  46. ^ “能年玲奈、契約終了でファンが「復活」エール大合唱! 事務所HPにプロフィール掲載されたままで不安も”. biglobeニュース. (2016年7月1日). http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0701/mcz_160701_2296606476.html 2016年7月22日閲覧。 
  47. ^ “「のん」こと能年玲奈が新事務所「株式会社non」設立、復帰第1弾は“小泉今日子プロデュース舞台”か”. 日刊サイゾー (サイゾー). (2016年7月21日). http://www.cyzo.com/2016/07/post_28913_entry.html 2016年8月27日閲覧。 
  48. ^ “能年玲奈 改名の陰に前事務所からの“警告書””. 週刊文春WEB (文藝春秋). (2016年7月20日). オリジナル2016年7月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160720085917/http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6387 2016年8月27日閲覧。 
  49. ^ “能年玲奈の元気な姿、篠田麻里子が公開”. 日刊スポーツ. (2016年7月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1671520.html 2016年8月27日閲覧。 
  50. ^ “能年独立騒動 事務所言い分と真っ向対立【レプロ書面の全文】”. デイリースポーツ online. (2016年7月15日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/15/0009287218.shtml 2016年8月27日閲覧。 
  51. ^ グワッ”. オフィシャルブログ「07' no-nen」 (2010年9月10日). 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月12日閲覧。
  52. ^ a b 能年玲奈 (2012年11月15日). 人見知りだけど、心を許した相手にはとことん甘えちゃいます. (インタビュー). web R25.. http://r25.yahoo.co.jp/girl/detail/?id=20121115-00026782-r25 2013年9月26日閲覧。 
  53. ^ 能年玲奈オフィシャルブログ「07' nounen」より(2014年1月21日閲覧)
  54. ^ "能年玲奈 小テスト". 能年玲奈のGIRLS LOCKS!. TOKYO FM. 2013年4月22日放送.
  55. ^ 森岡浩 (2013年4月8日). “森岡浩の人名・地名 おもしろブログ”. 日本実業出版社. 2014年4月17日閲覧。
  56. ^ 惚れさせ男子 ぎゃ・く・で・ん♥”. 能年玲奈のGIRLS LOCKS! (2013年5月30日). 2013年6月29日閲覧。
  57. ^ 大川藍 (2013年2月28日). “よいしょ!”. 大川藍オフィシャルブログ「藍 LOVE YOU」. 2013年9月16日閲覧。
  58. ^ a b うおー!”. オフィシャルブログ「07' no-nen」 (2011年4月30日). 2013年9月15日閲覧。
  59. ^ 三吉彩花 (2012年12月15日). 不思議な家族を描いた物語『グッモーエビアン!』。しっかり者の中学生ハツキを演じるのは、期待の若手女優・三吉彩花!!. (インタビュー). プラス アクト.. http://www.wani.co.jp/act/interview/interview.php?id=67 2013年9月26日閲覧。 
  60. ^ 天然清純キャラ能年玲奈の意外な親友”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2013年9月4日). 2013年9月4日閲覧。
  61. ^ 誰もついてこれない能年玲奈の不思議ワールド”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2013年9月4日). 2013年11月28日閲覧。
  62. ^ “能年玲奈「いいとも」初出演でヒゲトーク 付けヒゲ姿も披露”. スポーツニッポン. (2013年10月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/10/07/kiji/K20131007006765670.html 2013年10月23日閲覧。 
  63. ^ a b 『あまちゃんメモリーズ』(2013年10月31日発売、文藝春秋)インタビュー滝沢充子より。
  64. ^ あさイチ(2013年9月20日放送)
  65. ^ [1],goo
  66. ^ “あまちゃんヒロイン、「宮藤官九郎さんはいじわる」撮影の裏側を明かす”. モデルプレス. (2013年6月11日). http://mdpr.jp/news/detail/1251353 2014年3月19日閲覧。 
  67. ^ 「あまちゃん」ブームで評価を上げたイノッチの“受ける力”, アサ芸プラス, 2013年10月7日
  68. ^ 動物の狩り方”. 若手映画作家育成プロジェクト. 2014年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月17日閲覧。
  69. ^ “ホットロード:伝説の少女マンガが「あまちゃん」の能年主演で実写映画化”. 毎日新聞デジタル. (2013年10月17日). http://mantan-web.jp/2013/10/17/20131016dog00m200057000c.html 2013年10月17日閲覧。 
  70. ^ 能年玲奈、“じぇじぇじぇ!”の次は不良少女!「ホットロード」映画化に主演”. 映画.com (2013年10月17日). 2013年10月17日閲覧。
  71. ^ モデルプレス (2014年4月17日). “能年玲奈が“ヲタク女子”に 人気漫画実写化の豪華キャスト発表”. 2014年5月31日閲覧。
  72. ^ とれたてフジテレビ (2014年3月26日). “能年玲奈が空想癖のある歴女を好演!武将姿で初めての殺陣にも挑戦! 土曜プレミアム『世にも奇妙な物語'14春の特別編』”. 2014年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月26日閲覧。
  73. ^ 能年玲奈さんを起用:CMオンエアのお知らせ”. ネ・ネットNEWS. エイ・ネット (2012年9月1日). 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月12日閲覧。
  74. ^ 9/13(木)〜 テレビCMオンエアのお知らせ”. ネ・ネットNEWS. エイ・ネット (2012年9月13日). 2012年12月12日閲覧。
  75. ^ テレビCM第2弾オンエアのお知らせ”. ネ・ネットNEWS. エイ・ネット (2012年10月1日). 2013年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月12日閲覧。
  76. ^ “「Natureve(ナチュレーブ)」果実ドルチェ 新テレビCMを10月23日(水)から放映開始 女優の能年玲奈さんを起用!”. アサヒフードアンドヘルスケア ニュースリリース. (2013年10月21日). http://www.asahi-fh.com/company/newsrelease/2013/131021.html 2013年10月22日閲覧。 
  77. ^ “能年玲奈:試食で食べ過ぎ天然ぶり発揮 「あまちゃん」後初のイベント出演”. 毎日新聞デジタル. (2013年10月21日). http://mantan-web.jp/2013/10/21/20131021dog00m200010000c.html 2013年10月22日閲覧。 
  78. ^ 毎日新聞デジタル (2013年12月19日). “能年玲奈:化粧品CM初出演 コンセプトは普段着”. 2013年12月21日閲覧。
  79. ^ スポニチ (2013年12月20日). “オトナの能年玲奈 圧倒的オーラ、スタッフもびっくり”. 2013年12月21日閲覧。
  80. ^ 毎日新聞デジタル (2014年5月30日). “能年玲奈:もちもち泡でモテモテに? 洗顔料のCMに起用”. 2014年5月31日閲覧。
  81. ^ モデルプレス (2014年5月30日). “能年玲奈、男の子たちから一斉アピール モテっぷりに弾ける笑顔”. 2014年5月31日閲覧。
  82. ^ キヤノン「EOS M2」CMに能年玲奈さん起用、春のキャッシュバック”. ITmedia (2014年1月20日). 2014年1月20日閲覧。
  83. ^ 産経ニュース (2014年1月12日). “かんぽ生命、CMキャラクターに能年玲奈さん起用”. 2014年2月1日閲覧。
  84. ^ “新企業広告キャンペーン『人生は、夢だらけ。』能年玲奈さん起用で、近日公開!” (プレスリリース), かんぽ生命, (2014年1月30日), http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/2014/abt_prs_id000700.html 2015年7月27日閲覧。 
  85. ^ “企業広告『人生は、夢だらけ。』第2弾!!新テレビCM「いいこと」篇/「ドジ」篇2014年11月4日(火)から全国で放送開始!” (プレスリリース), かんぽ生命, (2014年10月29日), http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/2014/abt_prs_id000808.html 2015年7月27日閲覧。 
  86. ^ “「企業広告『人生は、夢だらけ。』第3弾!!新テレビCMを2015年7月27日(月)から放送開始短編Webムービーも同日公開!” (プレスリリース), かんぽ生命, (2015年7月23日), http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/2015/abt_prs_id000897.html 2015年7月27日閲覧。 
  87. ^ オリコン (2014年3月28日). “【動画】能年玲奈、高さ60mの煙突ロケ満喫 “絶景”に目輝かせる”. 2014年3月28日閲覧。
  88. ^ 毎日新聞デジタル (2014年6月10日). “能年玲奈:ドラクエCMでスライムに変身 びしょぬれ&半べそで「仲間にしてよ……」”. 2014年6月10日閲覧。
  89. ^ 毎日新聞デジタル (2014年11月21日). “能年玲奈:今度はメタルスライムに変身 「いつもの100倍素早い」”. 2014年12月14日閲覧。
  90. ^ マイナビニュース (2014年12月10日). “能年玲奈、コアラ耳のモテ女子に大変身し「あらー!」と絶叫”. 2014年12月14日閲覧。
  91. ^ “のんがアニメ映画「この世界の片隅に」で主演、「地面からふわっと浮いちゃいそう」”. 映画ナタリー. (2016年8月24日). http://natalie.mu/eiga/news/199167 2016年8月24日閲覧。 
  92. ^ アニメ12話に、のんさんが出演!”. アニメ『鬼平』公式サイト・「報告書」 (2017年3月21日). 2017年3月22日閲覧。
  93. ^ LINEモバイル初のCMに女優の「のん」さんを起用することが決定!”. LINE MOBIL 公式ブログ (2017年3月6日). 2017年3月8日閲覧。
  94. ^ 映画配給の東京テアトル、リノベーション事業 新劇場-CM『もっと!リノままに!』に“女優「のん」さん“起用!”. ORICN NEWS (2017年5月2日). 2017年5月3日閲覧。
  95. ^ のんが関取花「君の住む街」を歌う (2017年5月1日) 2017年5月27日閲覧。
  96. ^ 女優のんさん、「純情産地いわて」PR 宣伝本部長に就任” (2017年1月16日). 2017年4月11日閲覧。
  97. ^ のん:黒スーツ姿で電動自転車のイメージキャラに 仕事への意欲語る” (2017年3月7日). 2017年3月8日閲覧。
  98. ^ Jocomomola de Sybillaと女優・アーティスト“のん”の新コラボプロジェクトが始動” (2017年3月28日). 2017年4月24日閲覧。
  99. ^ イメージキャラクターの就任について”. 岩手銀行 (2017年4月3日). 2017年4月4日閲覧。
  100. ^ “のん「東北の未来をパワフルに創造しましょう」復興プロジェクト応援キャラクター就任”. スポニチアネックス. (2017年5月31日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170531-OHT1T50148.html 2017年5月31日閲覧。 
  101. ^ のんさん秘密の写真展、実はIoTアパートの体験会”. 日本経済新聞 (2017年7月27日). 2017年7月31日閲覧。
  102. ^ 「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズ最新版ポスターにのんが決定!”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2017年8月3日). 2017年8月3日閲覧。
  103. ^ 〜神河町は女優のんさんを応援しています〜”. 町の取り組み. 神河町 (2017年6月16日). 2017年7月30日閲覧。
  104. ^ “のん出演! スチャダラパーとEGO-WRAPPIN’のコラボ曲「ミクロボーイとマクロガール」MV公開!!”. 蔦屋書店. (2017年6月7日). https://top.tsite.jp/news/j-pop/i/35892442/ 2017年6月7日閲覧。 
  105. ^ “のん 仁王立ちで緊張の歌手初ステージ「ありがとうございました」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年8月6日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/06/0010439544.shtml 2017年8月6日閲覧。 
  106. ^ “「この世界の片隅に」のんが広島・呉市を巡る写真集発売”. 映画ナタリー. (2016年11月28日). http://natalie.mu/eiga/news/210784 2016年11月28日閲覧。 
  107. ^ のん『創作あーちすと NON』特設サイト”. 太田出版. 2017年7月30日閲覧。
  108. ^ “のん「最高に楽しい本です」 ムック『創作あーちすと NON』3月刊行”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年2月17日). http://www.cinra.net/news/20170217-non 2017年2月17日閲覧。 
  109. ^ 吉永小百合「私だけでいいのか…」報知映画賞主演女優賞に恐縮”. シネマカフェ (2012年12月18日). 2015年6月10日閲覧。
  110. ^ 『あまちゃん』7冠! 東京ドラマアウォード2013授賞”. ORICON STYLE (2013年10月22日). 2015年6月10日閲覧。
  111. ^ 発表!2013小学館DIMEトレンド大賞は「東京2020オリンピック・パラリンピック招致」に決定”. 小学館 (2013年11月6日). 2015年6月10日閲覧。
  112. ^ 「半沢直樹」監督“半沢が頭取になるまでやりますよ!”と続編に意欲!!”. walkerplus (2013年11月21日). 2015年6月10日閲覧。
  113. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2014年1月21日閲覧。
  114. ^ 綾野剛&能年玲奈、『第22回橋田賞』新人賞受賞”. ORICON STYLE (2014年4月11日). 2015年6月10日閲覧。
  115. ^ 日刊スポーツ・ドラマグランプリ 第17回年間結果”. nikkansports.com. 2015年6月10日閲覧。
  116. ^ 能年玲奈、妻夫木聡、菅田将暉ら豪華俳優陣が受賞「TAMA映画賞」”. モデルプレス (2014年11月22日). 2015年6月10日閲覧。
  117. ^ 能年玲奈、難役クリアで新人賞/映画大賞 - シネマニュース : nikkansports.com”. nikkansports.com (2014年12月4日). 2015年6月10日閲覧。
  118. ^ 日本アカデミー賞優秀賞発表 『ふしぎな岬の物語』が最多13部門受賞”. ORICON STYLE (2015年1月14日). 2015年6月10日閲覧。
  119. ^ 能年ゲッツ!浅草芸能大賞・新人賞”. デイリースポーツ online (2015年3月22日). 2015年6月10日閲覧。


「のん (女優)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「のん (女優)」の関連用語

のん (女優)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブロアー

A5525SA

電波塔

八ヶ岳中信高原国定公園

オクメ

10シリーズ多重無線

パジェロミニ

ボーイング式747-400D型





のん (女優)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアののん (女優) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS