とも座とは?

とも座

分類:星座/神話


名称:とも座(艫座)
学名:Puppis
小分類:南半球
構成する主な星雲星団恒星:ナオス(ゼータ星)/アスミディスケ(クシー星)/M46(NGC2437=散開星団)/M47(NGC2422散開星団)/M93(NGC2447=散開星団)
神話主な登場人物:アイソン/イアソン/ペリアド/アイエテス/ヘレン/ヘルクレス/オルフェウス/アスクレピオス/ポルックス/カストル/メディア
日本観測できる時期:1月4月の約4ヵ月
見ごろの季節:冬(20時正中は3月中旬)

とも座は、元はアルゴ座という大きな船の形をした星座一部で、近世になって大きすぎるという理由で4つに分割されたうちのひとつです。船の後ろにある「とも」の形をしているとされますが、実際に分かりにくい思います。しかし、天の川中に位置しており、美し散開星団M46M47が並んでいるなど、観測上は見ものが多い星座です。

1.見つけ方のポイント
冬の南の空、おおいぬ座のすぐ東に、大きな台形が見つかります。それがとも座です。全体には、長細い5角形逆さにしたような形をしています(正確にはもっと複雑な形です)。アルゴ座仲間のなかでは比較的北にあるので、南の土地へ行けば楽に全体像を見ることができるでしょう

2.神話内容について
イオルコスの王アイソン息子イアソンは、叔父ペリアドの悪だくみで国を乗っ取られてしまいます。やがて立派な若者成長したイアソンは、叔父元へ行き、国を返すよう求めました。しかし叔父ペリアドは、イアソン黒海の奥にあるコルキス王国アイエテス王が持つという、金色の羊の皮を持ってくるよう要求します。イアソン女神ヘレン助力のもと、巨船アルゴ号建設し、ヘルクレスや琴の名手オルフェウス医者アスクレピオス双子ポルックスカストルなど50人の勇者を乗せて船出します。アルゴ号は、航海途中黒海入り口ぶつかり合う2つの大岩の間を通るときに船尾部分をちぎられたりしますが、無事コルキス王国到着王女メディア助けもあって、金色の羊の毛皮持ち帰り叔父ペリアドを倒して王となりました。とも座は、このアルゴ船を天に昇らせて星座にした「アルゴ座」の、ともの部分独立させた星座です。

3.同じ時期見え星座について
とも座は、もともとアルゴ座一部でしたので、東のらしんばん座、南の地平線すれすれ現われるりゅうこつ座ほ座一緒に見えます。また北には、おおいぬ座こいぬ座いっかくじゅう座があり、西には、うさぎ座はと座などもあります

4.主要都市での観測について
本州でも星座部分を見ることができますが、全体像を見るためには北緯35以南へ行く必要があります

参考文献:「星座クラブ沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑藤井旭著(成美堂出版)、「星座夜空四季小学館学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド沼澤茂美脇屋奈々代著(ナツメ社)


とも座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/13 05:10 UTC 版)

とも座(ともざ、艫座、Puppis)は、南天の星座の1つ。日本では南の低い空にしか上ってこない星座で、東北北部より北の地域ではこの星座の全域を見ることはできない。




注釈

  1. ^ ラカーユによって分割された訳ではないので注意。他の2つはほ座りゅうこつ座

出典

  1. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME NAOS. 2013年1月23日閲覧。
  2. ^ a b Ian Ridpath. “Star Tales - Puppis”. 2014年1月29日閲覧。


「とも座」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

とも座に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「とも座」の関連用語

とも座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

じきけん

STS-95

インフレーション理論

ロケットの制御

あかり

打ち上げ高度と速度の関係

太陽探査

ジュピターC





とも座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのとも座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS