でんぷんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > 澱粉 > でんぷんの意味・解説 

でん ぷん [0] 【澱粉】

多糖類の一。 D -グルコースブドウ糖)の重合体。約20パーセント直鎖重合体アミロースで,約80パーセント多く分枝部をもつアミロペクチン構成される。ヨウ素溶液により青紫色に呈色する。加え熱すると摂氏6080度で糊化し,加水分解を受けやすい α -デンプンとなり,放置すると,もとの β -デンプンに戻る。また希酸やアミラーゼなどの酵素により加水分解され,デキストリン・マルトース(麦芽糖)を経て D -グルコースとなる。緑色植物葉緑体中で光合成によってつくられ,根・茎種子デンプン粒として貯蔵される。食用のほか,接着剤医薬品発酵原料となる。 〔自然科学ではデンプンと書く〕


澱粉(でんぷん)

植物の光合成によってつくられ、多数ブドウ糖分子がつながってできた高分子化合物でアミローズ、アミロペクチンから成る糖化酵素作用によりブドウ糖分解される。

デンプン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/21 17:29 UTC 版)

(でんぷん から転送)

デンプン澱粉)あるいはスターチ英語: starch)(ラテン語; amylum)とは、分子式C6H10O5n炭水化物多糖類)で、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合によって重合した天然高分子である。構成単位であるグルコースとは異なる性質を示す。種子球根などに多く含まれている。


  1. ^ a b c 下田道子、和田淑子共編著「栄養士養成シリーズ」『改訂調理学』光生館、1998年、p.156、ISBN 4-332-70126-7
  2. ^ Hediger M, Rhoads D (1994). “Molecular physiology of sodium-glucose cotransporters”. Physiol. Rev. 74 (4): 993–1026. PMID 7938229. 
  3. ^ “違法食品添加物事件が海外波及-食の安全に揺れる台湾”. 産経ニュース (産経新聞社). (2013年6月8日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130608/chn13060807010001-n1.htm 2013年6月8日閲覧。 







でんぷんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

でんぷんに関連した本

でんぷんに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「でんぷん」の関連用語

でんぷんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




でんぷんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2014 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデンプン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS