ですます調とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ですます調の意味・解説 

ですます調

読み方:ですますちょう
別表記:デスマス調

文章を「~です」「~ます」の形で叙述する方式敬体。「~だ」「~である」を主とする常体との対比で用いられる語。

日本語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/22 10:19 UTC 版)

(ですます調 から転送)

日本語(にほんご、にっぽんご)とは、主に日本国内や日本人同士の間で使われている言語である。日本は法令によって「公用語」を規定していないが、法令その他の公用文は日本語で記述され、各種法令(裁判所法第74条、会社計算規則第57条、特許法施行規則第2条など)において日本語を用いることが定められるなど事実上の公用語となっており、学校教育の「国語」でも教えられる。




[ヘルプ]
  1. ^ Japanese Language”. MIT. 2009年5月13日閲覧。
  2. ^ 多くの場合、外国籍であっても日本で生まれ育てば日本語が一番話しやすい。しかし日本語以外を母語として育つ場合もあり、また琉球語を日本語と別の言語とする立場を採る考え方などもあるため、一概に「全て」と言い切れるわけではない。
  3. ^ INTERNET WORLD USERS BY LANGUAGE
  4. ^ 朝鮮語も漢字・ハングル・ラテン文字を併用するが、国家政策によって漢字の使用は激減しており、朝鮮民主主義人民共和国では公式に漢字を廃止している(「朝鮮漢字」や「ハングル専用」を参照)。呉善花 (2008)『「漢字廃止」で韓国に何が起きたか』PHP研究所
  5. ^ 亀井 孝・河野 六郎・千野 栄一 [編] (1997)『言語学大辞典セレクション 日本列島の言語』(三省堂)の南不二男「日本語・総説」を参照。またEthnologue ウェブ版では、日本での話者人口を1985年に1億2,100万人、全世界で1億2,208万0100人と推計している[1] (2010-01-03閲覧)。
    なお、田野村忠温が1977年から1997年までに刊行された10点 (版の相違を含めると16点) の資料を調査した結果、それぞれに記載された日本語の話者人口は最少で1.02億人、最多で1.25億人以上だった。田野村忠温「日本語の話者数順位について: 日本語は世界第六位の言語か?」、『国語学』189集、 pp. 37-41。
    表 (増補2版、2010-01-03閲覧)
  6. ^ 見坊 豪紀 (1964)「アメリカの邦字新聞を読む」『言語生活』157(1983年の『ことば さまざまな出会い』(三省堂)に収録)では、1960年代のロサンゼルスおよびハワイの邦字新聞の言葉遣いに触れる。
    井上 史雄 (1971)「ハワイ日系人の日本語と英語」『言語生活』236は、ハワイ日系人の談話引用を含む報告である。
    本堂 寛 (1996)「ブラジル日系人の日本語についての意識と実態―ハワイ調査との対比から」『日本語研究諸領域の視点 上』によれば、1979~1980年の調査において、ブラジル日系人で「日本語をうまく使える」と回答した人は、1950年以前生まれで20.6%、以後生まれで8.3%だという。
  7. ^ 亀井 孝・河野 六郎・千野 栄一 [編] (1997)『言語学大辞典セレクション 日本列島の言語』(三省堂)の南不二男「日本語・総説」などを参照。
  8. ^ 真田 信治 (2002)「ポナペ語における日本語からの借用語の位相―ミクロネシアでの現地調査から」『国語論究』9-25によれば、ミクロネシアでは日本語教育を受けた世代が今でも同世代との会話に日本語を利用し、一般にも日本語由来の語句が多く入っているという。
  9. ^ 青柳 森 (1986)「台湾山地紀行」『東京消防』1986年10月(ウェブ版は、日本ペンクラブ:電子文藝館・地球ウォーカー)。
  10. ^ 矢崎幸生『現代先端法学の展開』信山社出版、2001年10月、10-11頁、ISBN 479723038X
  11. ^ 国際交流基金調査PDF (PDF) (2009速報値)。
  12. ^ 文化庁調査 (2009)。
  13. ^ a b 亀井 孝 他 [編] (1963)『日本語の歴史1 民族のことばの誕生』(平凡社)。
  14. ^ 大野 晋・柴田 武 [編] (1978)『岩波講座 日本語 第12巻 日本語の系統と歴史』(岩波書店)。
  15. ^ 藤岡 勝二 (1908)「日本語の位置」『國學院雑誌』14。
  16. ^ a b 有坂 秀世 (1931)「国語にあらはれる一種の母音交替について」『音声の研究』第4輯(1957年の『国語音韻史の研究 増補新版』(三省堂)に収録)。
  17. ^ 北村 甫 [編] (1981)『講座言語 第6巻 世界の言語』(大修館書店)p.121。
  18. ^ 亀井 孝・河野 六郎・千野 栄一 [編] (1996)『言語学大辞典6 術語編』(三省堂)の「アルタイ型」。
  19. ^ 泉井 久之助 (1952)「日本語と南島諸語」『民族学研究』17-2(1975年の『マライ=ポリネシア諸語 比較と系統』(弘文堂)に収録)。
  20. ^ 大野 晋 (1987)『日本語以前』(岩波新書)などを参照。研究の集大成として、大野 晋 (2000)『日本語の形成』(岩波書店)を参照。
  21. ^ 主な批判・反批判として、以下のものがある。家本 太郎・児玉 望・山下 博司・長田 俊樹 (1996)「「日本語=タミル語同系説」を検証する―大野晋『日本語の起源 新版』をめぐって」『日本研究(国際文化研究センター紀要)』13/大野 晋 (1996)「「タミル語=日本語同系説に対する批判」を検証する」『日本研究』15/山下 博司 (1998)「大野晋氏のご批判に答えて―「日本語=タミル語同系説」の手法を考える」『日本研究』17。
  22. ^ a b c d 服部 四郎 (1959)『日本語の系統』(岩波書店、1999年に岩波文庫)。
  23. ^ 中川 裕 (2005)「アイヌ語にくわわった日本語」『国文学 解釈と鑑賞』70-1。
  24. ^ 新村 出 (1916)「国語及び朝鮮語の数詞に就いて」『芸文』7-2・4(1971年の『新村出全集 第1巻』(筑摩書房)に収録)。
  25. ^ 服部 四郎 (1950) "Phoneme, Phone and Compound Phone" 『言語研究』16(1960年の『言語学の方法』(岩波書店)に収録)。
  26. ^ 亀井 孝 (1956)「「音韻」の概念は日本語に有用なりや」『国文学攷』15。
  27. ^ 松崎 寛 (1993)「外来語音と現代日本語音韻体系」『日本語と日本文学』18では、外来音を多く認めた129モーラからなる音韻体系を示す。
  28. ^ 「日本語の音声」窪園晴夫、1999、p35~p37
  29. ^ 「日本語の音声」窪園晴夫、1999、p34~p35
  30. ^ 「日本語の音声」窪園晴夫、1999、p100
  31. ^ 「日本語の音声」窪園晴夫、1999、p35
  32. ^ 金田一 春彦 (1950) 「「五億」と「業苦」―引き音節の提唱」『国語と国文学』27-1(1967年に「「里親」と「砂糖屋」―引き音節の提唱」として『国語音韻の研究』(東京堂出版)に収録)などを参照。
  33. ^ a b c d e 徳川 宗賢 [編] (1989) 『日本方言大辞典 下』(小学館)の「音韻総覧」。
  34. ^ 「日本語の音声」窪園晴夫、1999、p59
  35. ^ 「p音考」、上田萬年、1898
  36. ^ 「ハ行子音の分布と変化」、田中伸一、2008、東京大学教養学部の講義「言語科学2」にて
  37. ^ 厳密にはアクセント核とは、弁別的なピッチの変動をもたらすモーラまたは音節のことで、下げ核、上げ核、昇り核、降り核の総称である。下げ核は直後のモーラの音を下げる働きを持つ。
  38. ^ 上野善道 (1989)「日本語のアクセント」『講座日本語と日本語教育 第2巻 日本語の音声・音韻(上)』(明治書院)。
  39. ^ 服部 四郎 (1951)「原始日本語のアクセント」『国語アクセント論叢』(法政大学出版局)。
  40. ^ 金田一 春彦 (1954)「東西両アクセントのちがいができるまで」『文学』22-8。
  41. ^ 奥村 三雄 (1955)「東西アクセント分離の時期」『国語国文』20-1。
  42. ^ 山口 幸洋 (2003)『日本語東京アクセントの成立』(港の人) p.9-p.61。
  43. ^ 酒井 邦嘉(2002)『言語の脳科学』(中公新書)105頁。
  44. ^ a b 三上 章 (1972) 『続・現代語法序説』(くろしお出版)。
  45. ^ 三上 章 (1960)『象は鼻が長い―日本文法入門』(くろしお出版)。
  46. ^ 鈴木重幸『日本語文法・形態論』は、5,6の「象は」は、題目を差し出す機能を持つ「題目語」ととらえる。ただし、7の文について「象は」が主語、「鼻が長い」を連語述語ととらえる。
  47. ^ 森重 敏 (1965)『日本文法―主語と述語』(武蔵野書院)。
  48. ^ たとえば、東京書籍『新編 新しい国語 1』(中学校国語教科書)では、1977年の検定本では「主語・述語」を一括して扱っているが、1996年の検定本ではまず述語について「文をまとめる重要な役割をする」と述べたあと、主語については修飾語と一括して説明している。
  49. ^ 北原 保雄 (1981)『日本語の世界 6 日本語の文法』(中央公論社)
  50. ^ a b 橋本 進吉 (1948)『国語法研究(橋本進吉博士著作集 第2冊)』(岩波書店)。
  51. ^ 渡辺 実 [編] (1983)『副用語の研究』(明治書院)などを参照。
  52. ^ 鈴木 一彦 (1959)「副詞の整理」『国語と国文学』36-12。
  53. ^ a b 時枝 誠記 (1950) 『日本文法 口語篇』(岩波全書)。
  54. ^ 山田 孝雄 (1909) 『日本文法論』(宝文館)。
  55. ^ 金田一 春彦 (1988)『日本語 新版』上(岩波新書)。
  56. ^ 国立国語研究所 (1964)『分類語彙表』(秀英出版)。
  57. ^ 中野 洋 (1981)「『分類語彙表』の語数」『計量国語学』12-8。
  58. ^ 柴田 武・山田 進 [編] (2002)『類語大辞典』(講談社)
  59. ^ 亀井 孝・河野 六郎・千野 栄一 [編] (1996)『言語学大辞典6 術語編』(三省堂)の「人称代名詞」。
  60. ^ 改田 昌直・クロイワ カズ・『リーダーズ英和辞典』編集部 [編] (1985)『漫画で楽しむ英語擬音語辞典』(研究社)による。
  61. ^ 山口 仲美 [編] (2003)『暮らしのことば擬音・擬態語辞典』(講談社)p.1。
  62. ^ 浅野 鶴子 [編] (1978)『擬音語・擬態語辞典』(角川書店)p.1。
  63. ^ 手塚 治虫 (1977) 『マンガの描き方』(光文社)p.112。
  64. ^ 堀淵 清治 (2006) 『萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか』(日経BP社)。
  65. ^ 金田一 京助他 [編] (2002)『新選国語辞典』第8版(小学館)裏見返し。
  66. ^ 柳田 国男 (1938)「方言の成立」『方言』8-2(1990年の『柳田國男全集 22』(ちくま文庫)に収録 p.181)
  67. ^ AskOxford: How many words are there in the English language?
  68. ^ 野村 雅昭 (1998)「現代漢語の品詞性」『東京大学国語研究室創設百周年記念 国語研究論集』(汲古書院)。
  69. ^ 柴田 武 (1988)『語彙論の方法』(三省堂)などを参照。
  70. ^ 大槻 文彦 (1889)「語法指南」(国語辞書『言海』に収録)。
  71. ^ 佐久間 鼎 (1936)『現代日本語の表現と語法』(厚生閣、1983年くろしお出版から増補版)。
  72. ^ 佐竹 昭広 (1955)「古代日本語における色名の性格」『国語国文』24-6(2000年に『萬葉集抜書』(岩波現代文庫)に収録)。
  73. ^ 小松 英雄 (2001)『日本語の歴史―青信号はなぜアオなのか』(笠間書院)。
  74. ^ Brent Berlin & Paul Kay (1969), Basic color terms: their universality and evolution, Berkeley: University of California Press.
  75. ^ 大矢 透 (1899)『国語溯原』p.26など。
  76. ^ a b 柴田 武 (1968)「語彙体系としての親族名称―トルコ語・朝鮮語・日本語」『アジア・アフリカ言語文化研究』(東京外国語大学)1別冊(1979年の『日本の言語学 第5巻 意味・語彙』(大修館書店)に収録)。
  77. ^ 田中 章夫 (1978)『国語語彙論』(明治書院)第2章の図。
  78. ^ 鈴木 孝夫 (1973)『ことばと文化』(岩波新書)p.158以下にも言及がある。
  79. ^ 樺島 忠夫 (1981)『日本語はどう変わるか―語彙と文字』(岩波新書)p.18、およびp.176以下。
  80. ^ 岩田 麻里 (1983)「現代日本語における漢字の機能」『日本語の世界16』(中央公論社)p.183。
  81. ^ 現代語の例は、陳 力衛 (2001)「和製漢語と語構成」『日本語学』20-9の例示による。
  82. ^ 以上は、石綿 敏雄 (2001)『外来語の総合的研究』(東京堂出版)の例示による。
  83. ^ 金田一 春彦 (1991)『日本語の特質』(NHKブックス)p.54。
  84. ^ 『ランダムハウス英和大辞典』(小学館)の当該項目による。
  85. ^ 鈴木 孝夫 (1990)『日本語と外国語』(岩波新書)。
  86. ^ 梅棹 忠夫 (1972)「現代日本文字の問題点」『日本文化と世界』(講談社現代新書)など。
  87. ^ 鈴木 孝夫 (1975)『閉された言語・日本語の世界』(新潮選書)など。
  88. ^ 文化庁 (2001)『公用文の書き表し方の基準(資料集)増補二版』(第一法規)には、1981年の『公用文における漢字使用等について』『法令における漢字使用等について』など、諸種の資料が収められている。
  89. ^ a b 村島定行『漢字かな混じり文の精神』(風詠社)。
  90. ^ 高島俊男 (2001) 『漢字と日本人』(文藝春秋)。
  91. ^ a b 西尾 実・久松 潜一 [監修] (1969)『国語国字教育史料総覧』(国語教育研究会)。
  92. ^ 北条 忠雄 (1982)「東北方言の概説」『講座方言学 4 北海道東北地方の方言』(国書刊行会)p.161-162。
  93. ^ a b 山浦 玄嗣 (1986)『ケセン語入門』(共和印刷企画センター、1989年に改訂補足版)。
  94. ^ 西岡 敏・仲原 穣 (2000)『沖縄語の入門―たのしいウチナーグチ』(白水社)p.154。
  95. ^ 国立国語研究所 [編] (1969)『沖縄語辞典』(大蔵省印刷局)に記載されている表音ローマ字を国際音声記号に直したもの。
  96. ^ 笹原 宏之 (2006)『日本の漢字』(岩波新書)p.142-5。
  97. ^ 飛田 良文 [編] (2007)『日本語学研究事典』(明治書院)の半澤幹一「談話体」p.266。
  98. ^ 松岡 弘 [編] (2000)『初級を教える人のための日本語文法ハンドブック』(スリーエーネットワーク)p.324。
  99. ^ 橋本 進吉 (1928)「国語学史概説」(1983年『国語学史・国語特質論(橋本進吉博士著作集 第9・10冊)』岩波書店)p.4の図に「独語体・対話体」の語が出ている。
  100. ^ 金水 敏 (2003)『ヴァーチャル日本語 役割語の謎』(岩波書店)。
  101. ^ 林 四郎・南 不二男 [編] (1974)『敬語講座8 世界の敬語』(明治書院)。
  102. ^ 菊地康人『敬語』。
  103. ^ 敬語の指針(文化庁・文化審議会国語分科会 (PDF)
  104. ^ a b 宮地 裕 (1971)「現代の敬語」『講座国語史5 敬語史』(大修館書店)。
  105. ^ a b 宮地 裕 (1976)「待遇表現」『国語シリーズ別冊4 日本語と日本語教育 文字・表現編』(大蔵省印刷局)。
  106. ^ 蒲谷 宏・坂本 恵・川口 義一 (1998)『敬語表現』(大修館書店)。
  107. ^ 入江 敦彦 (2005)『イケズの構造』(新潮社)。
  108. ^ 都竹通年雄 (1986)「文法概説」飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 1 方言概説』(国書刊行会)。
  109. ^ 平山輝男 (1998)「全日本の発音とアクセント」NHK放送文化研究所編『NHK日本語発音アクセント辞典』(日本放送出版協会)。
  110. ^ 東条 操 (1954)『日本方言学』(吉川弘文館)。
  111. ^ 金田一 春彦 (1964)「私の方言区画」(日本方言研究会編『日本の方言区画』東京堂)。
  112. ^ 山口 幸洋(2003)『日本語東京アクセントの成立』(港の人)p.238-p.247。
  113. ^ 和田 実 (1966)「第一次アクセントの発見―伊吹島―」『国語研究』(國學院大學)22。
  114. ^ 山口 幸洋 (2002)「「伊吹島」アクセントの背景―社会言語学的事情と比較言語学的理論」『近代語研究』11。
  115. ^ 吉田 則夫 (1984)「方言調査法」『講座方言学 2 方言研究法』(国書刊行会)。
  116. ^ 橋本 進吉 (1917)「国語仮名遣研究史上の一発見―石塚龍麿の仮名遣奥山路について」『帝国文学』26-11(1949年の『文字及び仮名遣の研究(橋本進吉博士著作集 第3冊)』(岩波書店)に収録)。
  117. ^ 大野 晋 (1953)『上代仮名遣の研究』(岩波書店)p.126以下に研究史の紹介がある。
  118. ^ 大野 晋 (1982)『仮名遣いと上代語』(岩波書店)p.65。
  119. ^ 上田 万年 (1903)「P音考」『国語のため 第二』(冨山房)。
  120. ^ 橋本 進吉 (1928)「波行子音の変遷について」『岡倉先生記念論文集』(1950年の『国語音韻の研究(橋本進吉博士著作集 第4冊)』(岩波書店)に収録)。
  121. ^ 土井 忠生 [編] (1957)『日本語の歴史 改訂版』(至文堂)の土井 忠生「鎌倉・室町時代の国語」p.158-159。
  122. ^ a b c 佐藤武義(1995)『概説日本語の歴史』朝倉書店、p.84-97。
  123. ^ a b c d e 佐藤武義(1995)『概説日本語の歴史』朝倉書店、p.98-114。
  124. ^ 橋本 進吉 (1942)「国語音韻史の研究」(1966年の『国語音韻史(橋本進吉博士著作集 第6冊)』(岩波書店)に収録)p.352。
  125. ^ 外山 映次 (1972)「近代の音韻」『講座国語史2 音韻史』(大修館書店)p.238-239。
  126. ^ 桜井 茂治 (1966)「形容詞音便の一考察―源氏物語を中心として」『立教大学日本文学』16。
  127. ^ 橋本 進吉 (1938)「国語音韻の変遷」『国語と国文学』15-10(1980年の『古代国語の音韻に就いて 他2篇』(岩波文庫)に収録)。
  128. ^ 「外来語の表記」(1991年6月内閣告示)による。
  129. ^ 奥村 三雄 (1968)「所謂二段活用の一段化について」『近代語研究 第2集』(武蔵野書院)。
  130. ^ 阿部 秋生・秋山 虔・今井 源衛 [校注] (1970)『日本古典文学全集 源氏物語 一』(小学館)p.274。
  131. ^ 坂梨 隆三 (1969)「いわゆる可能動詞の成立について」『国語と国文学』46-11。なお、坂梨によれば、「読むる」などの形が歴史的に確認されるため、「読み得(え)る」から「読める」ができたとする説は誤りということになる。
  132. ^ 湯沢 幸吉郎 (1954)『増訂江戸言葉の研究』(明治書院)。
  133. ^ 松井 栄一 (1983)『国語辞典にない言葉』(南雲堂)p.130以下で、明治時代の永井荷風『をさめ髪』(1899年)に「左団扇と来(こ)れる様な訳なんだね。」という例があることなどを紹介している。
  134. ^ 小松 英雄 (1999)『日本語はなぜ変化するか』(笠間書院)。
  135. ^ 池田 亀鑑・岸上 慎二・秋山 虔 [校注] (1958)『日本古典文学大系19 枕草子 紫式部日記』p.68。
  136. ^ 楳垣 実 (1943)『日本外来語の研究』(青年通信社出版部)の「形式的借用概説」。
  137. ^ a b 宮島 達夫 [編] (1971)『笠間索引叢刊4 古典対照語い表』(笠間書院)。
  138. ^ 宮島 達夫 (1967)「近代語彙の形成」『国立国語研究所論集3 ことばの研究3』。
  139. ^ 『都鄙新聞』第一 1868(慶応4)年5月(1928年の『明治文化全集』17(日本評論社)に収録)。
  140. ^ 国立国語研究所 (1964)『現代雑誌九十種の用語用字』。
  141. ^ a b c 国立国語研究所 (2006)『現代雑誌200万字言語調査語彙表』。
  142. ^ 楳垣 実 (1943)『日本外来語の研究』(青年通信社出版部)。
  143. ^ 以上、伝来の時代認定は、『コンサイスカタカナ語辞典』第3版(三省堂)による。
  144. ^ 山田 孝雄 (1940)『国語の中に於ける漢語の研究』(宝文館、1958年に訂正版)の「第一章 序説」。
  145. ^ 飛田 良文 [編] (2007)『日本語学研究事典』(明治書院)の遠藤好英「和語」p.152。
  146. ^ 岩田 麻里 (1983)「現代日本語における漢字の機能」『日本語の世界16』(中央公論社)。
  147. ^ 鈴木 一彦・林 巨樹 [編] (1973)『品詞別日本文法講座4 形容詞・形容動詞』(明治書院)の「古今形容詞一覧」には1343語の形容詞が載り、うち文語形が示されているものは1192語である。残りの151語のうち、『日本国語大辞典』第2版(小学館)において明治以降の用例のみ確認できるものは「甘酸っぱい」「黄色い」「四角い」「粘っこい」など30語程度である。
  148. ^ 山田 孝雄 (1937)『国語史 文字篇』(刀江書院)p.41以下などを参照。
  149. ^ 2006年10月、大阪・難波宮跡で「皮留久佐乃皮斯米之刀斯」(春草のはじめのとし)と記された木簡が発見された。7世紀中頃のものとみられる。
  150. ^ 村井 実 [訳・解説] (1979)『アメリカ教育使節団報告書』(講談社学術文庫)には、第1次報告書が収められている。
  151. ^ 読み書き能力調査委員会 (1951)『日本人の読み書き能力』(東京大学出版会)。
  152. ^ 高木 市之助・小澤 正夫・渥美 かをる・金田一 春彦 [校注] (1958)『日本古典文学大系33 平家物語 下』p.101。用字は一部改めた。
  153. ^ 万葉集に記録された東国方言は8母音ではないことが知られる。佐藤 喜代治 [編] (1971)『国語史』再版(桜楓社)の前田 富棋「奈良時代」p.60-64。
  154. ^ 真田 信治 (1991)『標準語はいかに成立したか』(創拓社)。
  155. ^ 文部省 (1904)『国定教科書編纂趣意書』に収録されている「尋常小学読本編纂趣意書」の「第二章 形式」には、「文章ハ口語ヲ多クシ用語ハ主トシテ東京ノ中流社会ニ行ハルルモノヲ取リカクテ国語ノ標準ヲ知ラシメ其統一ヲ図ルヲ務ムルト共ニ……」(p.51)とある。
  156. ^ 1934年に発足した放送用語並発音改善調査委員会の「放送用語の調査に関する一般方針」では、「共通用語は、現代の国語の大勢に順応して大体、帝都の教養ある社会層において普通に用いられる語彙・語法・発音・アクセント(イントネーションを含む)を基本とする」とされた(日本放送協会放送史編修室 (1965)『日本放送史 上』(日本放送出版協会)p.427)。
  157. ^ 伊沢 修二 (1909)『視話応用 東北発音矯正法』(楽石社)。
  158. ^ 仲宗根 政善 (1995)『琉球語の美しさ』(ロマン書房)の序では、1907年生まれの著者が、沖縄の小学校時代に経験した方言札について「あの不快を、私は忘れることができない」と記している。
  159. ^ 石黒 修 (1960)「方言の悲劇」『言語生活』108には茨城なまりを笑われて人を刺した少年の記事が紹介されている。また、『毎日新聞』宮城版(1996年8月24日付)には1964年に秋田出身の少年工員が言葉を笑われ同僚を刺した事件その他が紹介されている(毎日新聞地方部特報班 (1998)『東北「方言」ものがたり』(無明舎)に収録)。
  160. ^ 橋本 典尚 (2004)「「ネサヨ運動」と「ネハイ運動」」『東洋大学大学院紀要』(文学研究科 国文学)40。
  161. ^ 加藤 正信 (1983)「方言コンプレックスの現状」『言語生活』377。調査は1979~1981年。回答者は首都圏・茨城県・東北地方を中心に全国に及ぶ。
  162. ^ 『朝日新聞』夕刊 1995年6月22日付など。
  163. ^ 陣内 正敬 (2003)「関西的コミュニケーションの広がり―首都圏では」『文部省平成14年度科研費成果報告書 コミュニケーションの地域性と関西方言の影響力についての広域的研究』。
  164. ^ 『産経新聞』2005年9月18日付。
  165. ^ コトバ探偵団 (2005)『THE HOUGEN BOOK ザ・方言ブック』(日本文芸社)その他。
  166. ^ 井上 史雄・鑓水 兼貴 [編] (2002)『辞典〈新しい日本語〉』(東洋書林)。
  167. ^ たとえば、脇田 順一 (1938)、『讃岐方言の研究』(1975年に国書刊行会から復刻版)の緒言には、「児童をして純正なる国語生活を営ましむるには先づ其の方言を検討し之が醇化矯正に力を致さなければならぬ」とある。また、戦後の高度成長の頃でも、グロータース, W. A./柴田 武 [訳] (1964)『わたしは日本人になりたい』(筑摩書房)の中で「日本の方言研究家たちは、方言によって標準語を豊かにしようという考えだから、結局は、標準語による日本語の統一が重要な目標になる。」(p.153)と指摘されている(グロータースは方言学者)。
  168. ^ 柳田 國男 (1930)『蝸牛考』(刀江書院、1980年に岩波文庫)では、方言が中央を中心に同心円状の分布をなすこと(周圏分布)が示される。
  169. ^ 『いろはうた』(『中公新書』558 中央公論社、1979年)小松英雄著。
  170. ^ 橋本 進吉 (1928)「国語学史概説」(1983年の『国語学史・国語特質論(橋本進吉博士著作集 第9・10冊〔合冊〕)』(岩波書店)に収録)p.61。
  171. ^ 現代日本語文法」参照。
  172. ^ 本名 信行 [他] (2000)『アジアにおける日本語教育』(三修社)。
  173. ^ 世界の日本語教育も参照。
  174. ^ Douglas McGray(神山京子訳) (2003)「世界を闊歩する日本のカッコよさ」『中央公論』(2003年5月号)
  175. ^ 浜野 保樹 (2005)『模倣される日本』(祥伝社)p12によると『キル・ビル』などの映画で非日本人俳優同士が日本語で会話しているのは、日本の「カッコよさ」の高さを表す証左だという。
  176. ^ 井上 史雄 (2001)『日本語は生き残れるか』(PHP新書)p.69。
  177. ^ 月刊宝島編集部 [編] (1987)『VOW 現代下世話大全―まちのヘンなモノ大カタログ』(宝島社)、田野村 忠温 (2003)「中国の日本語」『日本語学』22-12(2003年11月号)など。
  178. ^ 金田一 春彦 (1964)「日本語は乱れていない」『文藝春秋』1964年12月号。
  179. ^ 宇野 義方 (1964)「日本語は乱れていないか―金田一春彦氏に反論」『朝日新聞』夕刊 1964年12月5日付。
  180. ^ 国立国語研究所 (1955)『国立国語研究所年報7 語形確定のための基礎調査』。
  181. ^ 井上 史雄 (1994)『方言学の新地平』(明治書院)。
  182. ^ 米川 明彦 (1996)『現代若者ことば考』(丸善ライブラリー)。
  183. ^ 北原保雄『KY式日本語―ローマ字略語がなぜ流行るのか』大修館書店
  184. ^ “KYイヤ…言葉で伝えず「察し合う」が人気”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年9月4日). オリジナル2009年9月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090906012139/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090904-OYT1T00983.htm 
  185. ^ 山根一眞 (1986)『変体少女文字の研究』(講談社)。
  186. ^ 『週刊読売』1996年9月15日号。
  187. ^ 『AERA』1997年6月30日号。
  188. ^ 『HA・YA・RI系文字マスターノート』(アスキー 1997)など。
  189. ^ NHK総合テレビ「お元気ですか日本列島・気になることば」2004年2月18日など。
  190. ^ 『ギャル文字 へた文字 公式BOOK』(実業之日本社 2004)など。
  191. ^ 【WebDB Forum 2009】 渦巻き絵文字は「台風」ではなく「まいった」、バイドゥが調査 -INTERNET Watch
  192. ^ 『毎日新聞』2006年10月5日付など。
  193. ^ 飯間 浩明(2010)「「日本語ブーム」はあったのか、そしてあるのか」『日本語学』29-5。
  194. ^ 菊地 康人 (2003)『敬語再入門』(丸善ライブラリー)。
  195. ^ 見坊 豪紀 (1977)「日本語ブームの回顧と展望」『辞書と日本語』(玉川大学出版部)は、1975年頃の日本語ブームを検証した文章である。
  196. ^ “岩波新書 「現代」つかみ続けて70年”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年6月3日). http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20080603bk07.htm [リンク切れ]
  197. ^ 以上、部数の数字は『朝日新聞』夕刊 2002年11月18日付による。
  198. ^ 志賀 直哉 (1964)「国語問題」『改造』1946年4月号(1974年の『志賀直哉全集 第7巻』(岩波書店)p.339-343 に収録)。
  199. ^ 野元 菊雄 (1979)「「簡約日本語」のすすめ―日本語が世界語になるために」『言語』8-3などですでに主張されていたが、論議が起こったのは1988年のことである。
  200. ^ ただし、自然言語を単純化して新しい国際補助語を作る試みは「簡約日本語」のほかにも例があり、「ベーシック英語」、「スペシャル・イングリッシュ」、「無活用ラテン語」などがそれである。
  201. ^ a b 柴谷 方良 (1981)「日本語は特異な言語か?」『言語』12-12。
  202. ^ a b 松村 一登 (1995)「世界の中の日本語―日本語は特異な言語か」『アジア・アフリカ言語文化研究所通信』84。
  203. ^ 千野 栄一 (1999)『ことばの樹海』(青土社)
  204. ^ Edwin O. Reischauer (1977) The Japanese, Tokyo: Charles E. Tuttle, p.385-386.
  205. ^ 角田 太作 (1991)『世界の言語と日本語』(くろしお出版)。
  206. ^ 森 恭三 (1959)『滞欧六年』(朝日新聞社)。
  207. ^ 金 文京 (2010) 『漢文と東アジア』(岩波書店)。
  208. ^ a b 内田 樹 (2009) 『日本辺縁論』(新潮社)
  209. ^ グロータース, W. A./柴田 武 [訳] (1984)「日本語には特色などない」『私は日本人になりたい―知りつくして愛した日本文化のオモテとウラ』(大和出版 グリーン・ブックス56)p.181-182。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ですます調」の関連用語

ですます調のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ですます調のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2014 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS