つく米とは?

つく米(若桜町)

つく米
出展日本の棚田百選アクセスマップ

基 礎 諸 元 平均勾配 団地面積
1/5 4.36 ha

維持保全利活用状況
国定公園山麓標高800mの位 置にある畦畔多く石積みでつくられた美し棚田であるが、高齢化担い手不足により道水路維持管理を行う集落共同作業は困難となり、また、耕作放棄地増加により周辺農地への悪影響景観悪化さらには営農意欲減退懸念される地域である。
そこで、本集落は、耕作放棄地営農できる農地復元して、景観作物ひまわりコスモスラベンダー等)を植え、美し棚田復活しようと平成10年度に棚田保全組織結成した。平成10年10月には、早速県の派遣した「棚田保全ボランティア隊」と集落とが共同で、耕作放棄地草刈り作業実施し、作業後にはボランティアとの交流深めた。
今後も、この美しい棚田を守っていくため、ボランティアとともに耕作放棄地復元作業や道水路維持管理作業を行っていくこととしている。また、この棚田保全活動きっかけにして、隣接する自然体験施設氷ノ山ふれあいの里」と連携して訪れ都市住民との交流を進め、棚田体験農園として活用したりオーナー制等の導入検討するため、本年度そのために必要な集落リーダー育成検討会の結成をめざしている。

推薦項目  景観
推薦理由 景観農地の少な標高の高い山地で切り開かれた棚田は、氷ノ山の上から眺めるとその形状美しく氷ノ山訪れ人々の心を和ませる風景となっている。明治以前開墾されたこの棚田は、先人たちの労苦により下流の谷から運び上げた雑石により積まれたものであり、一度崩壊すれば決して復元できないようなみごとな石積みが施されている。昨年10月耕作放棄地草刈り作業を行ったところ今まで隠れていて見ることのできなかった石積み現れ先人苦労が偲ばれた。

田 の 概 況 枚 数 100 水 源 河川渓流含む)
事業導入 法面構造 土羽石積
開発起源 近世戦国江戸時代
営 農 の 状 況 対象農家 18  戸 10a収量 210 kg10a
戸当り営農規模 0.28 ha/戸        6 /戸
付加価値農業 国定公園氷ノ山ふれあいの里訪れ人々との交流深めるため、高地にある棚田を活かして高冷地野菜景観作物ハーブ等の栽培導入による体験農園整備検討している。
特記事項有無 県では、棚田保全活動積極的に支援していくため、平成10年9月に「棚田ファンクラブ」を全国先駆け設立し(現在会員293名)、棚田保全活動を通 して、創意工夫により集落活性化を図ろうとする集落に対して都市住民等から募集した「棚田保全ボランティア隊」の派遣開始したところである。本地区は派遣地区であり、積極的な集落である。

(注:この情報平成11年のものです)





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「つく米」の関連用語

つく米のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

よこね田んぼ

幸田

北庄

大西

西の谷の棚田

原田沖

西ヶ岡

上代田





つく米のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農村環境整備センター農村環境整備センター
Copyright (C) 2017 社団法人農村環境整備センター All rights reserved.

©2017 Weblio RSS