たこつぼとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > たこつぼの意味・解説 

たこ つぼ [2] [0] 【蛸

タコを捕まえるのに使う素焼きの壺。多数を幹縄につけて海中に沈め,タコの入った頃を見はからって引き上げる。
戦場に掘った一人用の壕(ごう)
一つの物事にこだわって,他に移行できないこと。 「 -状態」


蛸壺型

読み方:たこつぼがた
別表記:タコつぼ型たこつぼ型タコツボ型タコツボ文化たこつぼ文化タコつぼ文化蛸壺文化蛸壺タコつぼタコツボ、たこつぼ、タコツボ職場蛸壺職場タコつぼ職場たこつぼ職場蛸壺風土たこつぼ風土タコつぼ風土タコツボ風土

特に企業見られる閉鎖的業務環境を意味する語。一般的に外界状況から隔離されて変化に対応できなくなる、事なかれ主義に陥りやすくなる、などとして否定的捉えられる。特に、職務専門化・独立化が進み、他の職員社外の人とのコミュニケーション減少した際に、蛸壺型の職場になりやすいといわれている。

たこつぼ

たこつぼ - タクシー営業状態

駅などの乗り場順番待ちをおり、その順番途中で降りる事が出来ない乗り場の事。
新大阪駅大阪駅等がそれに該当します。

たこつぼ

  1. 蛸壷前条(※「たこつび」)に同じ。「仮枕浮名仇浪」に「子つぼはまらの鈴口に吸ひつく古今の名開は巾着開とも蛸壷ともたとへん方なき心地よさ」。又「釈花八粧矢的文庫」に「開肉雁首に吸ひつき子宮(こつぼ)鈴口をなめるが如き之ぞ世にいふ蛸つぼならんと」とあり。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

蛸壺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/02 22:15 UTC 版)

(たこつぼ から転送)

蛸壺(たこつぼ、: Octopus pot)は、タコを捕獲する目的で漁師が使うで、明石がその発祥の地といわれる。材質は素焼き陶器が主流であったが、近年はプラスチック製なども見られる。




「蛸壺」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「たこつぼ」の関連用語

たこつぼのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




たこつぼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2014 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2014 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
皓星社皓星社
Copyright (C) 2014 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蛸壺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS