たけしの挑戦状とは?

たけしの挑戦状

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/17 00:38 UTC 版)

たけしの挑戦状』(たけしのちょうせんじょう)は、1986年12月10日タイトー(現・スクウェア・エニックス)が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフトである。タレントのビートたけしが監修した作品。「ポリネシアンキッド 南海の黄金」というサブタイトルも付けられている。




注釈

  1. ^ 攻略本も福津浩の手によるものである。

出典

  1. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 217頁。
  2. ^ a b c d フジテレビ721ゲームセンター「CX」』第1シーズン第1回
  3. ^ 「あんなクソゲーをまただすタイトーはえらい!」、『たけしの挑戦状』再リリースにビートたけしから愛のこもった賛辞!ファミ通.com、2009年3月26日)
  4. ^ 正気か 伝説のクソゲー「たけしの挑戦状」がスマホで復活決定ねとらぼ 2017年4月5日
  5. ^ a b スマホ向けアプリ「たけしの挑戦状」は16:9に対応。なんと新エリアも追加4Gamer.net 2017年7月31日
  6. ^ a b c d 「たけしの挑戦状」から公式グッズが登場!本日9月26日(火)より販売開始!タイトー 2017年9月26日
  7. ^ a b M.B.MOOK『懐かしファミコンパーフェクトガイド』27ページ
  8. ^ a b c たけしの挑戦状VRタイトー公式サイト
  9. ^ a b 「“北野映画”に通じる先見性があった」伝説のクソゲー“たけ挑”制作秘話(ORICON STYLE、2009年8月8日)
  10. ^ 超クソゲー 1998, pp. 10-12.
  11. ^ 自己紹介
  12. ^ 超クソゲー 1998, p. 12.
  13. ^ 超クソゲー 1998, pp. 13-14.
  14. ^ a b 超クソゲー 1998, p. 8 - 「『たけしの挑戦状』十二年目の懺悔」 開発者である福津と攻略本の苦情対応を担当していた大田出版編集者へのインタビュー。
  15. ^ a b ビートたけし:“伝説のクソゲー”「たけしの挑戦状」を回顧まんたんウェブ 2016年12月7日
  16. ^ a b 豪華俳優陣がずらり勢揃い! 「龍が如く6 命の詩。」完成披露会を開催GAME Watch 2016年12月7日
  17. ^ 過去の公演『たけしの挑戦状』


「たけしの挑戦状」の続きの解説一覧





固有名詞の分類

アクションゲーム オレっ!トンバ  ドラえもん4 のび太と月の王国  たけしの挑戦状  O・TO・GI 〜御伽〜  ロックマンX8
アドベンチャーゲーム ジャック×ダクスター2  ロストカラーズ  たけしの挑戦状  LOST M  シャドウ オブ メモリーズ
ファミリーコンピュータ用ソフト 倉庫番  ヘラクレスの栄光  たけしの挑戦状  ボンバーマンII  ソンソン
バーチャルコンソール対応ソフト カービィのきらきらきっず  ヘラクレスの栄光  たけしの挑戦状  オーダイン  バハムートラグーン
タイトーのゲームソフト ズンズンブロック  ダイノマックス  たけしの挑戦状  特殊部隊UAG  ホッピングロード
タレントゲーム ファミリートレーナー 突撃!風雲たけし城  たけしの戦国風雲児  たけしの挑戦状  PERFECT PERFORMER -THE YELLOW MONKEY-  激突トマラルク

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

たけしの挑戦状に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「たけしの挑戦状」の関連用語

たけしの挑戦状のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ズミ

佐坂 志朗

ウロー石

フォンティナ

ゴムチップウレタン舗装

822SH

日野レインボー

二層同時舗設式アスファルトフィニッシャ





たけしの挑戦状のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのたけしの挑戦状 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS