ずとは?


[0] 【図】

絵。絵画
地図図面。 「地形-」 「設計-」
〘数〙 点・線・面からなる形。図形
ねらいどころ。よい機会。 「此-を外さず甲鉄艦撃沈めよと/近世紀聞 延房
たくらみ計画企図。 「有りやうは九郎兵衛を下へくだした跡での事と思ふたが-へいかぬ/浄瑠璃夏祭
様子光景。 「嶋原門口につゐに見ぬ-なる事あり/浮世草子一代女 2
雅楽で,音律標準となる調子書きしたもの。 「当寺の楽はよく-をしらべあはせて/徒然 220

[1] 【徒

律の五刑の一。懲役刑一年から三年まで半年ごと五段階分かれる(じよう)より重く,流(る)より軽い。徒刑徒罪

[0] 【頭】

あたま。かしら。こうべ。
[句]

【出

( 動下二
でる

( 助動 )
現代語打ち消し助動詞「ぬ」の連用形。 → ぬ(助動)
( ず(ざら) ・ず(ざり) ・ず ・ぬ(ざる) ・ね(ざれ) ・ざれ )
古語打ち消し助動詞用言およびある種助動詞未然形接続する。打ち消しの意を表す。ない。ぬ。 「玉島のこの川上に家はあれど君をやさしみ表はさありき/万葉集 854」 「京には見えなればみな人見知ら伊勢 8」 「朝北の出で来さきに綱手はや引け土左」 「秋来ぬと目にはさやかに見えども風の音にぞおどろかれぬる/古今 秋上」 〔 (1) この助動詞活用には「ぬ」(「(な)・(に)・○・ぬ・ね・○」),「ず」(「ず・ず・ず・○・○・○」),「ず」にラ変動詞「あり」が熟合して生じた「ざり」(「ざら・ざり・(ざり)・ざる・ざれ・ざれ」)の三系列がある。これらのうち,「ぬ」の系列が最も古く次いで「ず」の系列があり,のちにはさらに「ざり」の系列補助活用として生じ,中古以降多く用いられた。 (2) 「ぬ」の系列のうち,未然形「な」,連用形「に」は,上代において,ク語法「なく」の「な」,「飽かに」「知らに」「かてに」の「に」としてわずかに用いられるだけである。 (3) 中世以降口語では連体形「ぬ」の終止法が一般化し,現代語打ち消し助動詞「ぬ」の活用へと転じていった。また,連用形「ず」には,「ずして」「ずて」「ずと」「ずとも」「ずに」などの連語形が派生してそれぞれ用いられた〕 → ぬ(助動)ざりずしてずてずとずともずにずはずばずんば

( 助動 ) ○ ・○ ・ず ・ず ・○ ・○
推量助動詞「むず(んず)」の撥音表記。また,その中世以降の形「うず」からの転とも〕
推量または意志の意を表す。だろう。う(よう)。 「其殺さるる時は美しい物を著るよりは只草の中に居物をと思ふぞ/蒙求抄 1

( 接頭 )
種々の語に付いて,並みのことでない,程度一通りでないの意を表す。 「 -太い」 「 -ぬけている」 「 -はずれ」 〔当て字の「図」「頭」で書くことが多い〕

【ず】[漢字]

【 図 ( 圖 ) 】 [音] ズ ・ト
はかる。計画する。 「 《 ト 》 意図企図壮図雄図
物の形やありさまなどを描いたもの。 「 図案図画図解図形図工図式図説図表図面図録海図地図設計図天気図
ほん。書物。 「 図書
【 頭 】
⇒ とう〔頭〕 [漢]

~ず

甲州弁意味用例
~ず~しよういかず、かえらず(行こう、帰ろう)

読み方:ず

  1. 芸人通り符牒にして、九といふ数量を表す。通り符牒参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒
  2. 九。〔芸人

分類 符牒芸人


読み方:ず

  1. 面子。〔香具師不良
  2. 顔(面子)。面(づら)の省略。〔不〕
  3. 香具師面子(めんつ)のこと。

分類 不、香具師香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/23 01:22 UTC 版)

は、仮名のひとつであり、に濁点をつけた文字となる。四つ仮名の一つ。 日本語音節のひとつとして用いられ、1モーラを形成する。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本国語大辞典小学館2001年、第2版。


「ず」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/10/04 00:40 UTC 版)

発音

接頭辞

  1. でない、程度を超えた
    太い根性ぬけた能力

助動詞: 現代語

  1. 打消助動詞「ぬ」の連用形
    そんなこととも知らに、のこのこ出てきてしまった。

漢字

Wiktionary:漢字索引 音訓 す#ズ参照

助動詞: 古語

  1. 打消否定の意味を加え助動詞。~ない。~ぬ。
    あしいか(足が行ない
    おもはざりけり(思わかったことだ)

活用: 古語

未然形接続
未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ざら ざり ざる ざれ ざれ





ずと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ず」に関係したコラム

  • 株価分析のバイセルポイントとは

    株価分析のバイセルポイント(buy sell point)とは、テクニカル指標のMACDにおける売買のエントリーポイントを見やすく描画したテクニカル指標のことです。MACDは、長期と短期のEMA(指数...

  • 株式分析の騰落レシオとは

    株式分析の騰落レシオは、その日の値上がりした銘柄数と、値下がりした銘柄数から株式相場の強弱を調べるテクニカル指標です。騰落レシオの計算方法は、過去25日間の値上がりした銘柄数を過去25日間の値下がりし...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のダウンロードとインストールの方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)は、口座を開設したFX業者、あるいは、MT4の開発元のMetaQuotesSoftwareのWebサイトからダウンロー...

  • 株365の日経225証拠金取引と信用残との関係は

    株365の日経225証拠金取引と信用残とはどのような関係にあるでしょうか。そもそも信用残とは何でしょうか。信用残とは、信用取引における売り残と買い残の総称です。売り残は、信用取引における売り方の取引残...

  • 株式やFX、CFDのギャン理論とは

    株式やFX、CFDのギャン理論とは、ウィリアム・デルバート・ギャン(William Delbert Gann)の考案した相場を張る時のルールのことです。ギャン理論は、「ギャンの価値ある28のルール(G...

  • バイナリーオプションとFXとの違い、メリット、デメリットは

    バイナリーオプションもFXも、外国為替を対象にした投資商品ですが、注文方法や決済方法など異なる点がいくつかあります。それは、バイナリーオプション、FXのメリット、デメリットでもあります。例えば、バイナ...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ず」の関連用語

1
92% |||||


3
72% |||||

4
72% |||||

5
72% |||||

6
70% |||||

7
70% |||||

8
70% |||||

9
70% |||||

10
70% |||||

ずのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダクテッドファン

ディサローノ・ミスト

ボールチップ

ハナイグチ

綾織り

Alligator Wisdom

PC-9821RvII26

クロツラヘラサギ





ずのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
うっち~の甲州弁研究所うっち~の甲州弁研究所
Copyright(c) うっち ~の甲州弁研究所 All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのず (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS