すずらんとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 軍縮不拡散外交用語 > すずらんの意味・解説 

すず らん [2] 【鈴蘭

ユリ科多年草高原草地生える。は長楕円形。高さ約30センチメートル花茎出し,五,六月ごろ鐘形芳香のある白花十数下垂してつける。果実球形で赤く熟す。全有毒成分含み,根・根茎を強心・利尿薬とする。谷間の姫百合君影草きみかげそう[季] 夏。

「すずらん」(“Suzuran”)

日本支援によりロシア建設された、浮体構造型の低レベル液体放射性廃棄物処理施設Floating Facility toProcess Low-Level Radioactive Liquid Waste)。1993年ロシアによる放射性廃棄物日本海への投棄明らかになったことを受け、これを防止するため、日露非核協力最初事業として1996年建設開始され、2001年ロシア側へ供与された。現在、ロシア極東ウラジオストク近郊ボリショイ・カーメニ市にあるズヴェズダ造船所係留され、退役原子力潜水艦解体により生じる液体放射性廃棄物の処理を行っている。処理能力年間7000立方メートルで、現在極東貯蔵されている液体放射性廃棄物(約5000立方メートル)に加え将来極東において予想される原子力潜水艦解体によって生じる液体放射性廃棄物原潜1隻あたり約300立方メートル)を処理するために十分な能力を有している。

すずらん 【鈴蘭】

ユリ科多年草聖母マリアの花とされ、また、五五九年に囚人守護聖人レオナールが、からドラゴン追い払った時に流れた血の跡から生じた花との伝えもある。聖霊降臨祭供える北海道アイヌ伝説に、悲恋心中者の血の跡から赤いスズランが咲いたとの話があるが、その場所赤土で、そのを花脈が吸い上げるから、花が赤みを帯びるので、それに付会した伝説。強心・利尿薬草とされ、香水原料にもなる。花言葉は「純潔」「甘美」など。

鈴蘭

読み方:すずらん

  1. 純真なる少女の心にも幸福が参りました。又は私は処女の誇を有つて居ります、との意を含ませる。〔花言葉
  2. 花言葉にて、純真なる少女の心にも幸福が参りました。又は私は処女の誇を有つて居ります。との意を含ませる。
  3. 希望。幸福。〔花言葉
  4. 〔花言〕「純真少女の心にも幸福が参りました」「私は処女の誇を持つて居ります」の意。

分類 花言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

すずらん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/29 04:45 UTC 版)

すずらん






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

すずらんに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「すずらん」の関連用語

すずらんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

麋角羊歯

あかしあ

海馬島紫雲英

らいらっく

糸葉ハルシャ菊

フェリーあざれあ

紅合歓

すずらん





すずらんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
外務省外務省
Copyright©: 2016 Ministry of Foreign Affairs of Japan
新日本海フェリー新日本海フェリー
Copyright (C) 2016 新日本海フェリー All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのすずらん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS