しめるとは?

しめる

( 助動 ) しめ ・しめ ・しめる ・しめる ・しめれ(しめろ・しめよ) )
使役助動詞「しむ」の口語形。現在では,文章語的な表現慣用的表現多く用いられる〕
用言や一部の助動詞未然形に付いて,使役,すなわち,他にある動作をさせる意を表す。せる。させる。 「相手チーム戦意を失わしめる十分な速攻成果だった」 「心胆を寒からしめる」 「私をして言わしめれば」 → しむ(助動)せる(助動)させる(助動)

しめ・る [0] 【湿る】

( 動五[四] )
水分を含んで,しっとりする。湿気を帯びる。 「 - ・った布団を干す」 「 - ・った空気
悲しみなどのために気持ちが沈む。 「座が-・る」 「劣勢応援も-・りがちだ」
静かになる。ひっそりする。 「夜深きほどの人の気-・りぬるに/源氏 椎本
などの勢いが静まる。おとろえる。 「やう〱風なほり,雨の脚-・り/源氏 明石
態度考え方落ち着いている。 「人ざまもいたう-・り,はづかしげに/源氏 絵合
消える。 「火-・りはてて/蜻蛉 」 〔動詞の「湿る」はそうなることが好ましいか否か無関係に使え,「湿ったガーゼでおおう」と中立的に用いることができる。それに対して「しける」はそうなることが好ましくない場合,たとえば「せんべいがしけてしまった」などと用いる〕

し・める [2] 【占める】

( 動下一 ) [文] マ下二 し・む
ある場所・地位などを,自分のものとして,他者入りこまないようにする。占有する。
自分の住んだり使ったりする場所とする。 「商店街一角を-・める銀行」 「窓側座席を-・める」 「事務所一階から五階までを-・めている」
ある地位自分ものとする。 「権力の座を-・める」 「卒業までずっと首席を-・めていた」
全体のある部分専有する。 「過半数を-・める」 「反対意見大勢たいせいを-・める」 「国土の五割以上を山林が-・める」
土地樹木自分のものであることを示すため,標識をほどこす。 「我が背子が-・めけむ黄葉(つち)落ちめやも/万葉集 4223
べる。飲食する。 「牛で杯一ぱいいち-・めたうへで/安愚楽鍋 魯文
慣用 味を- ・地歩を-

し・める [0] 【染める】

( 動下一 ) [文] マ下二 し・む
色や匂いをつける。しみこませる現代語では,動詞連用形に付いて複合動詞として用いられる。 「煮-・める」 「香をたき-・める」 「浅からず-・めたる紫の紙に/源氏 明石
心などを,じっとそこに込める。心を奪われる。 「花のにいとど心を-・むるかな/源氏 梅枝」 〔「染(し)む」に対す他動詞

し・める [2] 【絞める】

( 動下一 ) [文] マ下二 し・む
〔「締める」と同源
首を圧迫して息ができないようにする。 「首を-・める」
などの首をひねって殺す。 「を-・める」
しぼる 」に同じ。 「油ヲ-・ムル日葡

し・める [2] 【締める・閉める】

( 動下一 ) [文] マ下二 し・む
まわりから強くおさえる。 《締》
周囲にあるひもを強く引っぱり固く結ぶなどして,ゆるまないようにする。
ゆるめる運動靴のひもを-・める」 「勝って兜(かぶと)の緒を-・めよ」 「財布のひもを-・める(=出費ヲオサエル)」
体や物の周囲にひも状・帯状のものを巻きつける。 「鉢巻きを-・める」 「帯を-・める」 「ネクタイを-・める」
ひねったりして,ゆるみや空きないようにする。 《締》
ひねって固くする。
ゆるめる 「ねじをきつく-・めすぎた」
鍵などを回し出入り止める
あけるガス元栓を-・める」 「鍵を-・める」
開口部をふさぐ。とじる。
戸・窓・門などを動かしてとざす。
あけるひらく 「戸を-・める」
その日営業を終える。また,廃業する。
あけるひらく 「店を-・める」
ふたなどをとじる。 「びんの口を-・める」 「ふたを-・める」
や行動のたるみをなくす。 《締》
自分の気持ちのたるみをなくす。緊張させる。 「 - ・めてかからないと負けてしまう」
たるんだ人々緊張させる。 「社内規律を-・める」
むだな出費ないように努める。 「家計を-・める」
(「〆る」とも書く)料理で,の肉などが固くひきしまるようにする。 《締》 「(さば)を酢で-・める」
その時点で一区切りとして,それまで収支合計計算する。 《締》 「月末帳簿を-・める」 → 締めて
物事結着がついたことを祝って,当事者がそろって手を打つ。手じめをする。 《締》 「手を-・める」
取り決める。話などをまとめる。 「内証の跡先しやんと-・めてある/浄瑠璃鑓の権三」 〔「しまる」に対す他動詞
慣用(たが)を- ・手綱を-
表記しめる(締・閉・絞)
締める」は“ゆるみをなくす。節約する。合計する”の意。「ガス元栓締める」「社内規律締める」「財布の紐を締める」「月末帳簿締める」 「閉める」は“戸や窓などをとじる”の意。「ドアを閉める」「店を閉める」 絞めるは“首の回り強く圧迫する。殺す”の意。「首を絞める」「絞める

しめる

  1. 検事又ハ司法警察官刑事巡査犯人ニ対シ、事実陳述ヲ促ガスニメテ厳重ナルヲ云フ。〔第四類 言語動作
  2. 取りしらべる。掏摸

分類 掏摸


シメル

読み方:しめる,じめる

  1. 縛スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・島根県
  2. 縛スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・和歌山県
  3. 縛セラレルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・三重県
  4. 縛スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・静岡県
  5. 縛スルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・福岡県
  6. 捕縛引致。〔第四類 言語動作
  7. 捕縛。〔掏摸

分類 三重県和歌山県島根県掏摸福岡県静岡県


読み方:しめる

  1. 威嚇手段又は逮捕せらるる事を云ふ。
  2. 威嚇手段。②逮捕せられること。③施錠箇所を破ることをいう。「しめあげ参照
  3. (一)緊張した場面造る引締める。(二)目出たく手を締める拍手をする)。大阪流では「打ちましよう」「ヨーイ、ヨイ」「も一つせ」「ヨーイヨイ」「祝うてさの」「ヨヨイヨイ」となるが、ちか頃では関東型の「シヤシヤシヤン」が多い。

分類 芸能


読み方:しめる

  1. 一般威嚇手段。〔第三類 犯罪行為

読み方:しめる

  1. 緘黙秘密厳守剛性ニシテ容易ニ自白セザルノ意。〔第四類 言語動作

読み方:しめる

  1. 施錠箇所を破る事。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

しめる

出典:『Wiktionary』 (2011/07/11 07:33 UTC 版)

動詞:占める

しめるめる】

  1. 場所空間などを占有すること。
    駐車場3台分を占め車。
  2. 意見多くとる。
    この政党支持者が半分以上占め

活用

マ行下一段活用
し-める

語源

等により領域を明確にする」を原義とする

動詞:閉める・締める・緊める・絞める・〆める

しめるめる, める, める, 緊める, 〆める, 乄める】

  1. (閉める) 通れない状態にする。
    戸を閉める
  2. (締める、緊める) きつくする。
    ねじを締め
  3. (絞める) 首を圧迫する。
    首を絞める
  4. (締める、〆める) 募集打ち切るしめきりにする。

活用

マ行下一段活用
し-める

語源

「何かを狭める」を原義とする

翻訳

動詞:湿る・濕る

しめる湿る, る】

  1. 水分含む

活用

ラ行五段活用
しめ-る

翻訳

動詞:染める

しめるめる】

  1. 布などを染色する。染める。

活用

マ行下一段活用
し-める

翻訳



湿

湿



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

しめるに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「しめる」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
しめしめ 国語辞典
100% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||


しめるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

LR-1

斎藤実

菊ヶ浜海水浴場

ケンサキイカ

後良川周辺の亜熱帯林の生き物

七滝八壷

クレイビーズ

夕立人物図鐔





しめるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのしめる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS