しむとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 仕事 > しむの意味・解説 

しむ

( 助動 ) ( ○ ・しむ ・しむ ・しむ ・○ ・○
助動詞「しも」の転。中世後期の語〕
四段活用ナ行変格活用動詞未然形に付く。動作主体に対して尊敬の意を表す。 「かう祈られたによつてか武王のとりなほさしむたそ/史記抄 2」 → しも(助動)

し む [1] 【私務】


し・む 【染む・沁む】

[0] ( 動五[四] )
「しみる」に同じ。 「秋風が身に-・む」 「酒壺になりにてしかも酒に-・みなむ/万葉集 343」 「はちすのにごりに-・まぬ心もてなにかは露を玉とあざむく古今 」 「風も身に-・まず/平家 5」 「わかれてふ事は色にもあらなくに心に-・みてわびしかるらむ/古今 離別」 〔「染(し)める」に対す自動詞
( 動上二 )
しみる
( 動下二
しめる(染)

し・む 【凍む】

( 動四 )
凍る。凍りつく。 「風吹き,いかづちなり,-・み氷たるにも,また暑く苦しき夏も一日もかかず/宇治拾遺 2
( 動上二 )
しみる

し・む 【占む】

( 動下二
しめる(占)

し・む 【締む・絞む】

( 動下二
しめる(締)しめる(絞)

しむ

( 助動 ) しめ ・しめ ・しむ ・しむる ・しむれ ・しめよ(しめ) )
動詞および一部助動詞未然形に付く。
使役,すなわち,他にある動作をさせる意を表す。しめる。せる。させる。 「さらに帝と立てて天の下を治めしめむと念ひて/続紀 天平神護宣命」 「この幣の散る方に,御舟速かに漕がしめ給へ土左」 「太子舎人跡見仰せ四天王に誓ひて矢をはなたしむ著聞 2」 「愚かなる人の目を喜ばしむる楽しみ又あぢきなし徒然 38」 「食物ども…皆取出してくはしむれ釣人ども…皆よく取り食てけり/今昔 26
「たまふ」など尊敬の意を表す語を下に伴って尊敬の意を表す。お(ご)…なさる。…せられる。 「用意してさぶらへ。びんなき事もあらばおもく勘当しめ給ふべきよしなむ仰言侍りつれば/源氏 浮舟」 「殿は何とかせしめ給ふ宇津祭の使」 「おほやけも行幸しめ給ふ大鏡 時平
奉る」など謙譲を表す語とともに用いられて,謙譲の意をさらに強める。 「家貧ならむ折は,御寺申文を奉らしめむ/大鏡 藤氏物語」 「近年御領について武蔵長井居住しめ候き/平家 7」 〔「しむ」は使役を表す助動詞として,上代から一般に用いられたが,中古には主として漢文訓読系の文章に用いられ,仮名文作品には「す」「さす」が用いられるようになった。また,中古には敬語用法が生じ,仮名文作品中心として行われた。なお,「見る」「得る」などの動詞に付く時,「せしむ」の形をとる(「見せしむ」「得せしむ」)のも,中世以降のことである〕 → しめる(助動)す(助動)さす(助動)

しむ

マ行下二段活用動詞「しむ」の終止形
「しむ」の口語形としては、マ行下一段活用動詞「しめる」が対応する。


凍む

読み方:しむ

マ行上二段活用動詞「凍む」の終止形
「凍む」の口語形としては、マ行上一段活用動詞凍みる」が対応する。


占む

読み方:しむ

マ行下二段活用動詞「占む」の終止形
「占む」の口語形としては、マ行下一段活用動詞占める」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

CIM

読み方:しむ
【英】:CIM (computer integrated manufacturing)

多品種少量生産柔軟に対応できる生産・物流体制の構築目的に, 受注在庫出荷などの情報を, ネットワークを介して設計生産資材調達部門伝達し, 例え生産現場ではロボットNC工作機械などの機器を動かそうとする全社的な情報システム概念である. 従来生産システムが, 生産性向上,在庫削減などの合理化効果主目的にしていたことに対し, CIMは,他社との競争優位目的にした企業生き残り競争への対応である.


しむ

・む染む[動サ五] しみる。「虫歯で歯がしむ。」「この煮物はよく味がしんでいる。」〈高〉

しむ、しゅむ

大阪弁 訳語 解説
しむ、しゅむ 染みる、染み込む
soak into; penetrate; spread;
bite; pierce; smart; sting;
be deeply impressed with;
be moved by
染む液体が他の物体浸透する場合は、もっぱら「しゅむ」を用いる。大根は味がようしゅむまで炊いたらええわ。味しゅんできたか。「煙が目にしみて涙が出る」「先生の言うてはったことが身にしみてわかった」などの場合は「しゅむ」を使わない。五段活用


しむ

[意]沁みる[例]氷がはにしむぅ(氷が歯に沁みるぅ)、こんだいこんな、あじがようしんじょる(この大根は、味がよく滲みている)

しゅむ(しむ)

[意]①沁(し)みる。切り傷などが風呂に入ったときに痛く感じること[例]ふりい入ったら、じ切った跡ぃ、しゅむ(風呂に入ったら、で切った跡がしみる②滲(し)みる。煮付けなどで素材に味がしみこむこと[例]こんだいこんな、味がようしゅんじょる(この大根は、味がよく染み込んでいる)

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





しむと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

しむに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「しむ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

しむのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タマミル

沙流川

ジョグ

ドローコード

はんぺん

丹後天橋立大江山国定公園

堀口一史座

Gerald Ford





しむのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2017 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2017 by akaringo. All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2017 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
豊語林豊語林
Copyright (C) 2017 豊語林 All rights reserved.
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS