しのび逢いとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > しのび逢いの意味・解説 

しのび逢い

原題:Interlude
製作国:イギリス
製作年:1968
配給:コロムビア
スタッフ
監督:Kevin Billington ケビン・ビリングトン
製作:David Deutsch デイヴィッド・ドイッチェ
脚本:Lee Longley リー・ロングレイ

Hugh Leonard ヒュー・レナード
撮影:Geery Fisher ジェリー・フィッシャー
音楽:Georges Delerue ジョルジュ・ドルリュー
キャスト(役名
Oskar Werner オスカー・ヴェルナー (Stefan Zelter
Barbara Ferris バーバラ・フェリス (Sally
Virginia Maskell ヴァージニア・マスケル (Antonia
Donald Sutherland ドナルド・サザーランド (Lawrence
Nora Swinburne ノラ・スウィンバーン (Mary
Alan Webb アラン・ウェッブ (Andrew
Bernard Kay  (George Selworth)
Geraldine Sherman  (Natalie
John Cleese ジョン・クリース (T. V. PRman)
解説
リー・ロングレイヒュー・レナードコンビによる脚本を、この作品がはじめてというケビン・ビリングトン監督したメロドラマ撮影は、ジェリー・フィッシャー音楽ジョルジュ・ドルリュー担当している。出演は、「華氏451」のオスカー・ヴェルナー新星バーバラ・フェリスヴァージニア・マスケルドナルド・サザーランド、アラン・ウェブなど。製作はデイヴィッド・ドイッチェ
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
サリー(B・フェリス)とステファン(O・ウェルナー)は、何年かぶりで、あるパーティで偶然再会した。二人は、想い出の糸に引かれるように、二人がお互の愛を埋めつくしたことのある家へ足をむけた。過ぎ去った日々が、二人の胸には去来した。--その頃サリーは、かけ出し新聞記者で、ステファンは、今をときめく世界的指揮者だった。サリー始めてステファンにあったのは、インタビューで彼を訪れたときであった。その時ステファン病気ということになっていたが、サリー彼の仕事ぶり見てその病気説が嘘だったとスクープした。そのおかげでステファンは、仕事につけなくなってしまった。が、そんな彼を、妻のアントニア(V・マスケル)も、親友ローレンスなぐさめてはくれなかった。ステファンサリー電話をかけ、二人は会った。幾度か会っているうちに、サリーは、音楽家らしい感情豊かさ秘めているステファンにひかれていく自分感じ一方ステファンは、音楽のない空虚な心を、サリーが満たしてくれるのを感じていた。二人人目を気にすることのない美し港町ライへ出かけ、ユリの咲きみだれる湖畔で、古い城の庭でそれぞれの愛をたしかめあい、自然に結ばれていった。しかし、そんな二人の愛にも破局は来た。妻のアントニアが、二人の仲を気づいた時、二人の、つかの間の、しかし激しく美しかった、間奏曲のような愛の楽章終り告げのだった。--二人にとっては、なつかし部屋。が、今そこにはあの時の愛を証すものは何もなくガランとしていた。ただ、二人の心には、かすめ去った激しい愛の想い出だけが、古いシミのように残っていた。

しのび逢い

原題:
製作国:日本
製作年:1962
配給:松竹
スタッフ
監督:酒井辰雄 サカイタツオ
製作:杉山茂樹 スギヤマシゲキ
脚本:小国英雄 オグニヒデオ
撮影:長岡博之 ナガオカヒロユキ
音楽:池田正義 イケダマサヨシ
美術:芳野尹孝 ヨシノノブタカ
編集:谷みどり タニミドリ
録音:小尾幸魚 オビサチオ
スクリプター:篠崎友克 
照明:小泉喜代司 コイズミキヨシ
キャスト(役名
佐田啓二 サダケイジ (小坂敬三)
淡路恵子 アワジケイコ (小坂節子
稲葉光子 イナバミツコ (小坂順子
日下部雅人 クサカベマサト (小坂浩)
桑野みゆき クワノミユキ (佐藤愛子
北上弥太朗 キタガミヤタロウ (岡村金太郎
清川虹子 キヨカワニジコ (竹内きん子)
石黒達也 イシグロタツヤ (森山常務
明智十三郎 アケチジュウザブロウ (村田係長
シューバート  (シドニー・アンダーソン)
菅井一郎 スガイイチロウ (岡村兵衛
土紀洋児  (喜作)
幾野道子 イクノミチコ (小夜子
富士野みか フジノミカ (実)
仲宗根美樹 ナカソネミキ (歌手
解説
天下の御意見番」の小国英雄オリジナル・シナリオを「ひとり寝」の酒井辰雄監督した愛情メロドラマ撮影は「酔っぱらい天国」の長岡博之
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
東亜商事輸出課長小坂敬三の家庭は、妻節子二人の子供がいる。ある日、敬三のもとに彼が満州時代世話になった人の娘佐藤愛子が、大陸肉親を失い単身引き揚げてきた。敬三の一家愛子暖か迎えた。近所に住む節子叔母竹内きん子は、愛子と敬三の仲が怪しいと節子告げ口するが、節子取り合わなかった。愛子はこの話を偶然立聞きしてしまった。愛子偽り口実を作って敬三の留守に家を出てしまった。それは、敬三を愛しているからだ。それから暫く経った或る日、敬三は、係長村田に連れていかれたキャバレー松花江”で愛子と逢った。愛子引き揚げ途中で知り合った小夜子を頼ってここで働いているのだった。敬三は、それから何くれとなく愛子の力になった。愛子もそれが、やっぱり嬉しかった。敬三が愛子アパート訪れた時、彼女は古い昔の写真見せた。そこには敬三達三人の男可愛少女であった愛子が並んでいた。懐しげに写真眺めた敬三が、ふと裏を返そうとすると、愛子は「駄目!裏を見ちゃ」と猛烈勢いで取り返そうとした。裏には片かなの幼い字で“ケイニイサン=オムコサン アイコ=オヨメサン”と書いてあったのだ。彼にとって遠い記憶の底でオカッパ髪の少女にすぎなかった愛子が、今では成熟した女として今、目のまえにいるのだと、意識せざるを得なかった。愛子自分愛していることを敬三は知った。敬三は愛子結婚勧めた。愛子には、大阪羊羹屋の息子岡村金太郎プロポーズしていた。初め反対していた父親の金兵衛も今ではすっかり愛子気に入り結婚許しているのだった小夜子金太郎との結婚愛子勧めていた。一方節子はきん子から、愛子は敬三に囲われていると告げられた。節子愛子アパートに訪ね、敬三を返しほしいと迫った。しかし、愛子節子誤解をとこうとはしなかった。愛子は敬三に対す最後我儘と、彼を箱根に誘った。敬三と一夜をともに明かし愛子小夜子に、敬三への手紙を託しアパートを引きはらった愛子愛する人との一夜最後に金太郎ところに嫁いでいったのだ。悄然と帰宅した敬三の目に映ったのは、見違えるほど美しく粧った節子の姿があった。「節子、実は」と言いかける敬三を節子は優しいまなざし迎えのだった





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「しのび逢い」の関連用語

しのび逢いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




しのび逢いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2014 Weblio RSS