こやすけとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 造園工具事典 > こやすけの意味・解説 

こやすけ

石を割るのに用いるノミ一種部分一方に刃を持ち、もう一方は頭と呼ばれる。柄は材でつくられ、取り外しができるようになっている。  片手でこやすけの柄を持ち、刃を石の割る部分当て、こやすけの頭をせっとう叩き石を割る。これは「こやすけ払い」とも呼ばれ、造園施工では、自然石を用いる敷石野面石積みの石の合端合わせの際などに行う。

小屋助

読み方:こやすけ

  1. 博徒其他ノ親分。〔第二類 人物風俗
  2. 博徒其他の親分を云ふ。
  3. 博徒その他の親分をいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「こやすけ」の関連用語

こやすけのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

かけや

グラインダー

地ごて

ヘッジトリマー

めじごて

せっとう

レーキ

み





こやすけのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2017 All rights reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2017 Weblio RSS