こだいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 小鯛 > こだいの意味・解説 

こ だい [1] 【古代】

古い時代遠い昔
時代区分の一。原始時代続き中世封建時代先行する時代世界史的には,階級国家発生し,普遍的な文明花開く段階で,ギリシャ・ローマや秦・漢典型とする。日本史では,一般に大和朝廷時代から奈良平安時代までをさす。

こ だい -だひ [0] 【小鯛

小さな。また,幼魚

こ だい [0] 【誇大】

形動[文] ナリ
実際以上におおげさで,また素晴らしく見せかけるさま。 「 -な宣伝」 「 -に言いふらす」
派生 -さ ( 名 )

こだい

小松明[解説]「虫送り行事」と言われ、の「走光性」を利用した稲の害虫駆除水田に面した道端あぜ道沿いに2、3間隔をおいて立てた竹の棒の先端ろうそくをつけて火を点ける。地区によっては、ろうそくの火が風で消えにくいようにちり紙をろうそく巻きつけたりろうそく代わりに灯油を入れた空き缶を使う所もあった。昔は赤松の根を使った松明だったらしい。旧暦八朔(八月一日)に行ったようだが、現在は8月下旬から9月上旬にかけて行われている。集落ごとに協力して取り組む行事で、家族連れ涼みながらその眺めを楽しむのが真夏風物詩となっている





こだいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「こだい」の関連用語

こだいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

入口の方向

docomo SMART series N-04A

パリジャン

ニセアカシア

MF100型

クリンキパイン

アロサウルス・フラギリス

テディ





こだいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2017,Hofu Virtual Site Museum,Japan
豊語林豊語林
Copyright (C) 2017 豊語林 All rights reserved.

©2017 Weblio RSS