こくとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > こしき > こくの意味・解説 

こく [0][2]

漢語の「酷」からとも,形容詞「濃い」の連用形からともいう〕
濃い深みのあるうま味主として飲み物についていう。 「 -のある酒」 「 -のある文章

こく [1] 【石・斛

体積の単位米穀などを量るのに用いる。一石は一〇斗。約180リットル。かつて,大名武士の知行高を表すのにも用いた。
和船積載量,または材木実体積の単位一石は一〇立方尺,約0.278立方メートル。 「千-船
サケ・マスの数量単位サケは四〇尾,マスは六〇尾を一石とする。

こく [1] 【刻】

(「剋」とも書く)陰暦で用いられた時間の単位水時計(=漏刻)の刻み目由来する。
一昼夜12分し,それに十二支を配した時間。「子(ね)の刻」などという。定時法では昼夜の別なく12等分するが,不定時法では昼夜を別々に6等分するため,季節により一刻長さ一定でない。民間では多く後者が用いられた。一刻をさらに4分して「辰(たつ)一刻」「丑(うし)三つ」などといい,また一刻を3分して上・中・下を区別し,「寅(とら)の上刻」「卯(う)下刻」などと称した。
一昼夜を一〇〇刻に分け時間定時法では昼夜100等分するが,不定時法では春分秋分昼夜各五〇刻,夏至には昼六〇刻,夜四〇刻,冬至にはその逆となる。
きざむこと。彫ること。 「名人の-になる彫像

こく [1] 【鵠

弓の的の中心にある黒い星。ほし。

こ く [1] 【古句】

古人の作った詩文一節,または俳句

こ・く [1] 【扱く】

( 動五[四] )
〔「こぐ」とも〕
打ちつけたり,狭い所を通したりして,付いているものをむしり取る。 「稲を-・く」
長い物を片手軽く握り,他の手引き抜く。しごく。 「ひもを-・く」
草木を根の付いたまま引き抜く。 「あの直したい所がある程に,急いであれを-・いで来い/狂言記富士松
[可能]こける

こ・く [1] 【放く】

( 動五[四] )
体内にあるものを体外に出す。たれる。ひる。 「屁(へ)を-・く」
「言う」「する」などを卑しめていう語。 「うそを-・け」 「いい年-・いて」 「ばか-・くな」

こ・く 【転く・倒く】

( 動下二
こける

こ・く 【痩く】

( 動下二
こける

こく [1][2] 【酷】

形動[文] ナリ
きびしすぎるさま。むごいさま。 「 -な言い方」 「あまりにも-な条件だ」 「その批評は,少し-ではないか


濃く

読み方:こく

形容詞「濃い」の連用形


濃く

読み方:こく

【文語】ク活用形容詞濃し」の連用形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

こく

カ行下二段活用動詞「こく」の終止形
「こく」の口語形としては、カ行下一段活用動詞「こける」が対応する。


こく

ク活用形容詞「こし」の連用形
「こし」の口語形としては、形容詞「こい」が対応する。


倒く、転く、痩く


濃く

読み方:こく

ク活用形容詞濃し」の連用形
濃し」の口語形としては、形容詞「濃い」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

こく

・く 放く[動カ五] 動作する。行う。放つ。~になる。「嘘をこく」「はっちゃきこく。」〈全〉

こく

[多]=勢いよく外へ出す、ほざく、ぬかす・「屁をこく」「嘘こくな」

~こく

方言共通語使用例または説明
~こく~するへをこく」(屁をする)、「嘘をこく」(嘘をつく

こく

甲州弁意味用例
こく言うなにょおこいてるだ(何を言うんだ)

こく

方言共通語・該当漢字語意解説または【使用例】
こく する びっくり…】<う、べる>の俗語ぞくご

こ’く

但馬方言共通語用例備考
こ’く コクワガタ昆虫 庭の木にこくがくっついとった。

こく

大阪弁 訳語 解説
こく 言う、する 放く。「言う」「する」などを卑しめていう語。うそこけ、ええ年こいて、など。


・・こく

品詞動詞
標準語》(感心しない行為を)する、実行する
用例》「まんだ、だらずこいとっだか、おまいは」(まだ、馬鹿抜かしているのか、お前は)。
用例》ほかに「えんたこく」「とっぱあこく」「だらずこく」「かばちこく」「屁をこく」など。
参照動詞活用表(こく)

こく

  1. 単純殴打。〔第三類 犯罪行為
  2. 殴打する事を云ふ。
  3. 殴打することをいう。

読み方:こく

  1. 言ふと云ふことの下等語。「馬鹿-な」。

分類 東京下等

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
こく

こく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/27 05:43 UTC 版)



こく

出典:『Wiktionary』 (2012/02/18 08:00 UTC 版)

名詞

こく

  1. 飲食物深みを有したうまみ。
    初夏称え香気は高いけれど、肉にこくがない。(佐藤垢石『姫柚子の讃』)
  2. 芸事芸術作品における深み
    たしか、二三春といや、のど自慢自慢の東節語りと聞いているが、それにしちゃ兄貴おめえさんは、ちっとこくが足りねえな。(佐々木味津三右門捕物帖 幽霊』)
    統一されたボルシェヴィキ世界観によって輝き出す独特簡明さ、確信――ブルジョア作家が「芸の力」によって我ものにしようと甲斐なく焦慮する作品こくが、正に階級実践のきびしい鍛錬とおして同志小林作品現れはじめたのであった。(宮本百合子同志小林業績評価によせて ――四月二三作品――』)

動詞: 語義1

こく

  1. 言う。あまり良い意味で使われる事は少なく主として蔑み自嘲批判の際に用いられる事が多い。
    嘘こく」(を言う)「じょっぱりこく」(強がりを言う)
  2. する。
  3. 隠語性交する。

動詞: 語義2

こくく】

  1. 脱穀する
    稲扱き

活用

カ行五段活用
こ-く

関連語

翻訳

  • 英語: thresh (en)

同音異義語






こくと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「こく」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

こくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大鴇5

岩丸 平

仙尾関節

鈴木崇文

メラミン化粧板

大ゲイマ

試験艦「あすか」型

S-1026





こくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2017 by akaringo. All rights reserved.
あがつま語☆実用会話講座あがつま語☆実用会話講座
Copyright (C) 2017 あがつま語☆実用会話講座 All rights reserved.
新潟県田上町の方言新潟県田上町の方言
Copyright (C) 2017 Akira Hasegawa All rights reserved.
うっち~の甲州弁研究所うっち~の甲州弁研究所
Copyright(c) うっち ~の甲州弁研究所 All rights reserved.
四日市市四郷地区方言四日市市四郷地区方言
Copyright (C) 2017 四日市市四郷地区ふるさと方言録 All rights reserved.
但馬方言のページ但馬方言のページ
Copyright (C) 2000-2017 TANIGUCHI Yutaka
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2017 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2017 gonbe007
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのこく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのこく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS