きでことは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 造園工具事典 > きでこの意味・解説 

きでこ

石を据えたり、樹木を植えつけたりする際に、それらの重量物をこじ上げて動かすための木製の棒。小さい力を拡大して伝達することができる。石の合端合わせたり、木の向きを変えたりするときに用いられる。 長さ一般に2m以上、比較軽く、使うときに力を入れやすいが、あまり無理をすると折れ危険性がある。  基本的なてこの使い方には、以下のような方法がある。 ●追いてこ:てこを物体の下にこじ入れ、てこの先と地面接す部分支点を置き、てこを向こう側へ押し込むことによって、物体向こう側へ横に移動させる。 ●持ちてこ:てこを物体の下にこじ入れ、てこの先と地面接す部分支点を置き、てこを上へ持ち上げることによって、物体持ち上げる。 ●はねてこ:梃子物体の下にこじ入れ、角材などのをてこの下に入れ、そこを支点とする。てこを下へ押し込むことによって、物体は上へ持ち上げる。   以上のほかに、3人がかりで大きな石などを少しずつ横に移動させる舟漕ぎという方法もある。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「きでこ」の関連用語

1
12% |||||

2
2% |||||

きでこのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

めじごて

そり

じょうろ

はしご

かなじめ

つきぼう

のこぎり

いちりんしゃ





きでこのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2016 All rights reserved

©2016 Weblio RSS