がくっぽいどとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > コンピュータ > ソフトウェア > VOCALOID > がくっぽいどの意味・解説 

がくっぽいど

【英】GACKPOID

がくっぽいどとは、音楽作成ソフトウェアなどを提供している株式会社インターネット開発した、DTMソフトウェアの名称である。

がくっぽいどは、ヤマハ開発した音声合成技術VOCALOID 2」によって、バーチャルボーカリストにオリジナルの曲を歌わせることができる音声合成ソフトウェアである。サンプル音源として、歌手として実際に音楽活動行い名声馳せているボーカリストGackt」の音声収録されている点が最大特徴である。

がくっぽいどのパッケージには、少年誌向けの著名マンガ家による書き下ろしイラスト用意され、話題となった。キャラクターの名称は「神威がくぽ」という。なお、がくっぽいどでオリジナル作成された曲の著作権は、その作者帰属するものと明言されている。

がくっぽいど

なお、2007年クリプトン・フューチャー・メディアから発売された、「VOCALOID 2」による音声合成ソフト「初音ミク」「鏡音リン・レン」は、ニコニコ動画などの動画共有サイト上でユーザーによるオリジナル作品発表される潮流作り社会現象的な話題を呼んだ。



※画像提供 / 株式会社インターネット
参照リンク
がくっぽいど - (株式会社インターネット
アプリケーションソフトのほかの用語一覧
DTMソフト:  ボカロP  ボカロネット  鏡音リン・レン  がくっぽいど  ガチャッポイド  巡音ルカ  ミュージ郎

がくっぽいど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/27 00:01 UTC 版)

がくっぽいどとは株式会社インターネットが発売している音楽製作用のボーカル音源である。最初の製品は2008年7月31日発売。歌手GACKTの声を録音し作成された歌声ライブラリを収録しており、メロディと歌詞を入力することでパソコン上でGACKTの声をもとにした歌声を合成することが出来る。また、2009年4月9日には「がくっぽいど」を携帯電話から利用できるサイト「ケータイがくっぽいど」も開設されていた[1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ がくっぽいど以前に発売された男性の声を収録した同種のソフトとしてはLEONKAITOが存在しているがいずれも先代の合成エンジンVOCALOIDを使用。鏡音リン・レンの男声ボーカルである鏡音レンはVOCALOID2を使用しているが、女性の演じる少年ボーカルである。
  2. ^ キャラクター・ボーカル・シリーズ#キャラクターの利用を参照。
  3. ^ がくっぽいどの発売が発表された際には商用利用も含めてフリーとする方針としていたが「認識できないところで、問題が氾濫してしまうことを事前に避けておきたい」などの理由から撤回されている[13]。また、2011年1月のガイドライン改定までは衣装、立体物については非営利の場合にも公開、配布が規制されていた[14]。ただし改定前でもインターネット社側はDTMマガジン2008年11月号のインタビューで、「個人で非商用に限ってはオークションなどへの出品を除き、趣味の範囲内での制作は全て許諾させていただいております。」と説明していた[15]

出典

  1. ^ 津田啓夢 (2009年4月9日). “EZweb向けVocaloidサービス「ケータイがくっぽいど」登場”. ケータイWatch (インプレス). http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/44848.html 2009年4月9日閲覧。 
  2. ^ a b 高橋暁子 (2008年5月20日). “インターネット村上社長に聞く Gackt声のボーカロイドは、いかにして誕生したか”. ASCII. http://ascii.jp/elem/000/000/130/130797/ 2008年11月23日閲覧。 
  3. ^ 「VOCALOID MANIACS」、『DTM magazine』15(11)(通号 175)2008.10、寺島情報企画、 60-61頁。
  4. ^ “VOCALOID 2「がくっぽいど」最新情報”. DTMマガジン. (2008年6月20日). オリジナル2008年6月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080627002622/http://www.dtmm.co.jp/archives/2008/06/vocaloid_2_4.html 2008年11月24日閲覧。 
  5. ^ a b c “GACKTの声の"表情"を再現、「VOCALOID3 がくっぽいど」発売”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年7月13日). http://news.mynavi.jp/news/2012/07/13/130/ 2012年7月14日閲覧。 
  6. ^ a b c d “Gacktの声で歌うソフト VOCALOID「がくっぽいど」6月発売”. ITmedia. (2008年5月7日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/07/news050.html 2008年11月23日閲覧。 
  7. ^ a b “がくっぽいど、発売3日でニコニコに200曲 PVや「歌ってみた」も”. ITmedia. (2008年8月4日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0808/04/news062.html 2008年11月23日閲覧。 
  8. ^ a b c d 永井美智子 (2008年6月27日). “プロがなぜ、二次創作を願うのか--Gacktが歌い、三浦建太郎が描く「がくっぽいど」”. CNET. http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20376132,00.htm 2009年5月4日閲覧。 
  9. ^ a b 「”がくっぽいど”Gacktインタビュー」『初音ミク・鏡音リン・レン☆VOCALOIDをたのしもう!』 ヤマハミュージックメディア2008年、6-7頁。ISBN 978-4636837629
  10. ^ エピソードII:キャラクターデザイン”. インターネット (2008年7月). 2009年6月29日閲覧。
  11. ^ a b “「がくっぽいど」7月末発売 “ニコ厨”漫画家・三浦建太郎さんのイラストで”. ITmedia. (2008年6月20日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/20/news043.html 2008年11月24日閲覧。 
  12. ^ VOCALOIDシリーズ キャラクター使用に関するガイドライン”. 製品案内. インターネット. 2015年9月22日閲覧。
  13. ^ 小林 久 (2008年6月20日). “がくっぽいどのイラスト、ベルセルクの作者が描く”. ASCII. http://ascii.jp/elem/000/000/143/143930/ 2008年11月24日閲覧。 
  14. ^ “VOCALOID2シリーズ「がくっぽいど」「メグッポイド」「Lily」のキャラクターガイドラインを一部変更”. INTERNET Watch. (2011年1月20日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/release/20110120_421347.html 2011年1月20日閲覧。 
  15. ^ 「VOCALOID MANIACS」、『DTM magazine』15(12)(通号 176)2008.11、寺島情報企画、 51頁。
  16. ^ “ピアプロでがくっぽいどを使った楽曲/イラストの投稿が可能に”. DTM magazine (寺島情報企画). (2008年8月13日). オリジナル2008年9月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080905184704/http://www.dtmm.co.jp/archives/2008/08/post_300.html 2008年11月24日閲覧。 
  17. ^ “「もらえるべき対価、損している作家も」――「ニコ動」発の商品化、広がりと課題”. ITmedia. (2008年11月14日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0811/14/news032.html 2008年11月2日閲覧。 
  18. ^ 小賀太陽 (2008年8月8日). “「がくっぽいど」は「茄子」で決まり!?”. kizasi,jp (きざしカンパニー). http://journal.kizasi.jp/2008/08/post-3f9a.html 2015年9月22日閲覧。 
  19. ^ ドワンゴ、ボーカル音源作成ソフト「がくっぽいど」を用いた「がくっぽいどコンテスト」を開催!”. MusicMaster, (2009年6月16日). 2009年12月26日閲覧。
  20. ^ “Gacktの挑戦状「がくっぽいどコンテスト」”. ITmedia News (ITmedia). (2009年6月12日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/12/news085.html 2009年12月26日閲覧。 
  21. ^ a b c “ニコ動の<がくっぽいどコンテスト>が急展開。GACKT自らレコーディングを約束”. BARKS (ITmedia). (2009年12月25日). http://www.barks.jp/news/?id=1000056559 2009年12月26日閲覧。 
  22. ^ “【GACKTが歌ってみた】 ボカロ曲をシングルリリースへ”. BARKS (ITmedia). (2011年5月23日). http://www.barks.jp/news/?id=1000070118 2011年5月24日閲覧。 
  23. ^ “新楽曲「ダンシング☆サムライ」を追加――「歌謡タイピング劇場」×「がくっぽいど」コラボ企画第2弾”. ITmedia. (2008年11月26日). http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0811/26/news078.html 2008年11月28日閲覧。 


「がくっぽいど」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

がくっぽいどに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「がくっぽいど」の関連用語

がくっぽいどのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Windows XP

FlashAir

GALAXY A5

Lenovo LaVie Z

Windows Compute Cluster Server 2003

Microsoft PixelSense

Apple Pencil

dynabook T954





がくっぽいどのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリがくっぽいどの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのがくっぽいど (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS