かっちゃくとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 北海道方言 > かっちゃくの意味・解説 

かっ ちゃく くわつ- [0] 【活着】

( 名 ) スル
挿し木接ぎ木移植などした植物が,根づいて生長しはじめること。

かっちゃく

っちゃ・く 裂く】[動カ五] 1.(ア) (爪で)引っかける。(爪を立ててつかむ・えぐる・つねるように)引っかく。〔一般に「かっちゃく」は爪を立てた深いあとが残るが,「ひっかく」は線状のあとしか残らない。〕〈全〉 (イ) (くわ)鶴嘴(つるはし)などで地面などを掘る。 2. 引っかく。
»北海道方言辞典の凡例についてはこちら




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

かっちゃくに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「かっちゃく」の関連用語

かっちゃくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




かっちゃくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2014 by akaringo. All rights reserved.

©2014 Weblio RSS