かえるとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > > かえるの意味・解説 

か・える かへる [0] 【替える・換える・代える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 か・ふ
それまであった物をどけて,別の物をその位置地位に置く。
同種同等別のものと交替させる。 《替》 「商売を-・える」 「水槽を-・える」 「毎日シーツを-・える」
ある物を与え別の物を得る。 《換》 「宝石を金(かね)に-・える」
あるものを活用採用せず,その役目を他のものにさせる。代用する。 《代》 「挙手をもって投票に-・える」
飲食物のお代わりをする。 「ご飯を三膳も-・えた」 〔「かわる」に対す他動詞
慣用 命に- / 背(せ)に腹はかえられぬ
表記かえる(替・換・代・変)
替える」は“同種の物といれかえる”の意。「メンバー替える」「シーツ替える」 「換える」は“他の物ととりかえる交換する”の意。「宝石を金(かね)換える」 「代える」は“代用する。代理とする”の意。「挙手をもって投票に代える」「命には代えられない」 「変える」は“状態を変化させる。場所を移す”の意。「髪形変える」「態度変える」「住所変える」「位置変える」「血相を変える

かえる かへる [0] 【蛙・蝦

無尾目両生類総称。尾はなく,発達した後ろ足とやや小さ前足とをもち,後ろ足に五本,前足四本の指がある。普通,後ろ足には水かきがある。小昆虫クモなどを食べる。水辺にすむものが多いが,草むら樹上にすむ種類もある。幼時オタマジャクシと呼ばれ,水中にすむが,二~三週間変態し,四肢生え,尾が消失して陸上にあがる食用になる種もある。トノサマガエル・ヒキガエル・アマガエル・ウシガエルなど種類が多い。かわず。 [季] 春。 《 痩(やせ)-まけるな一茶これにあり /一茶 》 「 -の合唱

かえ・る かへる [1] 【返る・反る】

( 動五[四] )
物が本来の持ち主に戻る。 《返》 「貸した金が-・る」 「財布落とし主に-・る」
もとの状態に戻る。 《返》 「童心に-・る」 「正気に-・る」 「我に-・る」
向き逆になる。 《返・反》
物にぶつかったりして逆の方向に向かって動く。 「こだまが-・る」 「答え即座に-・ってくる」
裏と表上と下などが入れかわる。 「が裏に-・る」
動詞連用形の下に付いて)すっかりその状態になる。全く…する。 「しょげ-・る」 「あきれ-・る」 「静まり-・る」 「煮えくり-・る」
年が改まる。 《返》 「年が-・る」 「年-・りて三月余日になるまで/更級
色が変わる。変色する。 「薄色の,裏いと濃くて上は少し-・りたる/枕草子 36
何度も同じことをする。盛んに…する。 「我が衣手秋風の吹き-・らば/万葉集 2092」 〔「かえす」に対す自動詞
[可能]かえれる
表記かえる(返・反・帰・孵
「返る」は“物がもとに戻る。もとの状態に戻る”の意。「貸した本が返る」「童心に返る」「我に返る」「あきれ返る」 「反る」は“向き逆になる”の意。「返る」とも書く。「が裏に反る」「軍配が反る」 「帰る」は“もとの所にもどる”の意。「還る」とも書く。「家に帰る」「故国帰る」 「孵る」は“卵がひなになる”の意。「卵が孵った」「ひなが孵る

かえ・る かへる [1] 【帰る・還る】

( 動五[四] )
〔「かえる(返)」と同源
初めにいた所,またはもといた場所にもどる。 「五時には-・ってくる」 「故国に-・る」
やって来た人がそこを立ち去る。 「客が-・る」
[可能]かえれる

かえ・る かへる [1] 【孵る】

( 動五[四] )
〔「かえる(返)」と同源
卵が割れて,ひな・稚魚幼虫などが現れる孵化(ふか)する。 「卵が-・った」 「ひなが-・る」

か・える かへる [0] 【変える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 か・ふ
〔「かえる(替)」と同源
形・色・性質内容などをそれまでとは違う状態にする。変化させる。変更する。 「髪形を-・える」 「顔色を-・える」 「急に態度を-・える」 「予定を-・える」 「交流直流に-・える装置
居場所や,ある動作をする場所を別の所に移す。 「住所転々と-・える」 「ソファー位置を-・える」
慣用 血相を- ・攻守所を- ・目の色を- ・目先を- / 手を変え品を変え


かえる 【蛙】

蛙は故人の魂だとか、生まれてくる幼児だ、とかの俗信オーストリアドイツなどにある。万霊節の頃には蛙を傷めることが厳禁される。蛙の死骸ワインの栓の上に置くとワインの味が増すとする地方もあり、蛙が早く鳴くと木の緑化早いとする所もある。蛙を雨乞い儀式に使う所もあり(ボヘミア)、日本でも蛙形の石に降雨祈り、または眼病平癒を祈ったりする(蛙は大眼だから)。害虫を食べるので田の神使い考え、それにちなん神事もある。

読み方:かえる

  1. 口。より蛙を連想したもの、また蛙は田、溝等にすむから特に田舎者財布を指すこともある。又転じて一般懐中物をいう。②杉皮をもって葺いた野小屋のこと。

読み方:かえる

  1. 杉皮ノ類ヲ以テ葺落シタル片庇低キ野小屋山番小屋ノ類。〔第五類 一般建物
  2. 杉皮を以て葺きたる野小屋番小屋の類を云ふ。

読み方:かえる

  1. 他人懐中金品一切。〔第七類 雑纂
  2. 口のこと。かへるのことをといふから名けたのである。又かはずともいふ。〔犯罪語〕
  3. 口。
  4. 口のことをいふ。
  5. 口を云ふ。口のより蛙を連想したるもの、又蛙は田、溝等に棲息するより特に田舎者財布を指す事もある。又転じて一般懐中物を云ふ。
  6. 口又ハ弗入ノコト。
  7. 口。横浜 強窃盗犯仲間
  8. 〔犯〕口のこと。
  9. 口。〔一般犯罪
  10. 口。蟇蛙語頭省略。〔盗〕

分類 ルンペン大阪強窃盗犯仲間掏摸犯罪犯罪者犯罪語、盗/犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
かえる

カエル (曖昧さ回避)

(かえる から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/29 15:19 UTC 版)

カエル

関連項目



かえる

出典:『Wiktionary』 (2010/10/16 03:18 UTC 版)

名詞

かえる(か(↗)える) 【

  1. 両生類のひとつ。水田や沼などに生息する。尾はなく、発達した後ろ足持ち、指の間に水かきを持つ小動物昆虫などを食べる。幼生オタマジャクシ。(春の季語)

関連語

成句

翻訳

動詞:帰る

かえる (か↘える) 【る/る】

  1. 人が元の場所に戻る。来ていた人が去る。

活用

ラ行五段活用
帰-る

関連語

翻訳

動詞:返る

かえる (か↘える) 【返る】

  1. 物が持ち主ところに戻る。
  2. 反対の状態になる。
  3. 相手から何らかの反応がある。

活用

ラ行五段活用
返-る

関連語

語義1
語義2
語義3

翻訳

動詞:孵る

かえる (か↘える) 【孵る

  1. 卵から子やひなが生まれる。

活用

ラ行五段活用
かえ-る

関連語

翻訳

動詞:変える

かえる (か(↗)える) 【える】

  1. ものごと別の状態や性質にする。変化させる。
    「D(Dを使って)ABからC(へと)変える」(Dは手段。Bは以前のAの状態や性質、Cは以後のAの状態や性質。)の形で
    圧力をかけ二酸化炭素気体から液体変える」、「色を黒から白に変える」、「革命フランス共和制国家へと変えた」
    (※「に」も「と」も結果を表す格助詞
    cf. 「CのAを作る
    考え変える
    「D(Dを使って)BC(へと)変える」の形で
    炭酸ガスドライアイス変える」、「黒を白に変える」、「一寒百万都市へと変える
    「AC変える」(Aは名。Cは固有名詞。)の形で
    地名ホーチミンと変えた」
  2. 物の位置ものごと行われる時をべつのものにする。変更する。改め
    「ABからC変える」の形で
    向き変える
    (「」字本来の用法にはない。)

活用

ア行下一段活用
変-える

関連語

翻訳

動詞:替える

かえる (か(↗)える) 【える】

  1. 古い物を捨てたり処分したりして)もう一つ新しい物を使う。
    「A替える」の形で
    シーツ替える」(古いシーツ処分して、別の新しシーツを使う)
  2. 動詞連用形+「替える」の形で)改めて~する。
    着替える」(服を替える)、「乗り替える」(乗り物かえる)、「張り替える」(障子かえる)、「振り替える
    (「のりかえる」は「乗り換える」と書いても可。「」字にかきかえられることばが多い。)

活用

ア行下一段活用
替-える

関連語

翻訳

動詞:代える

かえる (か(↗)える) 【える】

  1. 役目を他の人や物にまかせる。
    「ABからC代える」(Aは役目。Bは以前Aをしていたもの、Cは以後にAをするもの。)の形で
    責任者山本から山田代える」(山本責任者をやめて山田責任者になった)
    cf. 「BをCに替える」あるいは「BをCに換える
    「CをもってB代える」の形で
    書面をもって挨拶代えさせていただく」((本来口頭挨拶すべき状況であるが)挨拶をせず書面謝意などを述べる)

活用

ア行下一段活用
代-える

関連語

翻訳

英語: substitute C for B as A

動詞:換える

かえる (か(↗)える) 【換える

  1. あるものを、等価値あるいは同じ内容をもつ別のものにおきかえる交換する。
    「AB換える」(Aを手放してBを得る。AとBは等価値。)の形で
    「2ドル200円に換える」((100円/ドル*)2ドル200円)
    動詞連用形換える」の形で
    言い換える」(同じ内容別の表現おきかえる)、「置き換える」、「書き換える」、「取り換える」、「乗り換える」
    (「書き換える」、「取り換える」、「乗り換える」は「書き替える」、「取り替える」、「乗り替える」と書いても可。)

活用

ア行下一段活用
換-える

関連語

翻訳

動詞:買える

かえるえる】

  1. 可能動詞)買うことができる。かう参照

活用

ア行下一段活用
買-える

動詞:飼える

かえる【飼える】

  1. 可能動詞)飼うことができる。かう参照

活用

ア行下一段活用
飼-える

発音

か↗え↘る

未然形連用形においては

か↗え




  • 画数:10
  • 音読み:カン
  • 訓読み:かえる、 かわる




  • 画数:12
  • 音読み:ア、 ワ
  • 訓読み:かえる、 かわず
  • ピンイン:wa1
  • ハングル:와、 왜
  • 対応する英語:frog

貿

貿


  • 画数:19
  • 音読み:ワイカイ
  • 訓読み:かえる
  • ピンイン:wa1
  • 対応する英語:the edible waterfrog
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





かえると同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「かえる」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||


7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

かえるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

酒井 猛

アプローチ灯

むく板

戦闘装着セット

キョウジョシギ

金鎚

高度道路交通システム

マイクロライトプレーン





かえるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカエル (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかえる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS