うねりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > うねりの意味・解説 

うねり [3]

高く低く波打ち,または曲がりくねって続くこと。うねること。 「山なみの-」
波の山と山との間が長い大きな波。台風低気圧によっておこる。 「 -が高い」


うねり

ラ行五段活用動詞「うねる」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

うねり

分野
波浪に関する用語
意味:
遠く台風などにより作られた波が伝わってきたもので、滑らかな波面持ち波長長い規則的な波。
備考
a) 予報対象となる波浪は「うねり」と風による「風浪」の重なったものである
b) 強い風がおさまるとともに、「風浪」はなくなるが「うねり」のみが残ることがある
c) 波長が100m以上、周期が8秒以上のものが多い。

うねりswell

風浪発生域を離れるなどして、風の直接影響を受けなくなった状態の波をうねりと言う風浪尖った峰を持ち、複雑な形状をしているのに対し、うねりは周期比較長く丸みをおびた峰を持ち、峰線も長く続き規則的である。これは発生域を離れる際に波が成分波の間の非線形相互作用によって、短周期成分を失いスペクトル幅も狭くなることによる。うねりの形になった波は大洋をほとんど減衰することなく横断する。

うねり

作者椎名誠

収載図書土星を見るひと
出版社新潮社
刊行年月1989.3

収載図書土星を見るひと
出版社新潮社
刊行年月1992.6
シリーズ名新潮文庫


うねり

作者中川益夫

収載図書うねり
出版社中井書店
刊行年月2006.12
シリーズ名中川益夫作品集


うねり

【英】:Swell

 波が崩れる前の、盛り上がって移動している状態。スウェルとも言う。台風大きな低気圧からやってくる大きなうねりは グランドスウェル呼ばれる

うねり

読み方:うねり

サージ。風の速度遅くなったり、風が直接水面に当たらなくなると、波の峰が丸くなり波長長くなる。そして波の高さ、周期方向一定の波となった状態をうねりという。うねりは波動エネルギー保持しやすいため、ときに同じ状態で何千キロもの距離を進むこともある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/05 22:56 UTC 版)

(うねり から転送)

なみ(波、浪、濤)[1][2]とは、水面の高低運動である[1]。波浪(はろう)とも言う[1]


  1. ^ a b c 広辞苑第六版「なみ【波、浪、濤】」
  2. ^ 「波」とも「浪」とも「濤」とも書く。小学生などは知識が足りず「波」の字ばかりを使うが、本当は、しばしば「浪」も使う。「濤」は、ニュアンスをこめて文学作品などで使われることがある。
  3. ^ a b c 『風と波を知る101のコツ』p.102
  4. ^ a b c d e f g h 『風と波を知る101のコツ』p.109
  5. ^ a b c d e f 世界大百科事典 第21巻 p.162【波】 寺本俊彦 執筆。


「波」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

うねりに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「うねり」の関連用語

1
92% |||||

2
大波 国語辞典
92% |||||

3
奔流 国語辞典
92% |||||

4
国語辞典
92% |||||

5
巻物 国語辞典
92% |||||

6
波浪 国語辞典
92% |||||

7
激流 国語辞典
92% |||||

8
92% |||||



うねりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




うねりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
気象庁気象庁
©2014 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
海洋情報研究センター海洋情報研究センター
Copyright (C) 1997-2014 Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Right Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
i92i92
Copyright(c)2014 i92surf.com All Rights Reserved.
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2014 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS